Twitter

  • 私服ツイート

« 少女時代が30年ぶりの記録達成&「ONE PIECE」主題歌がヒット! | トップページ | 坂本真綾、ClariS、スフィア…アニメ勢が多数ランクイン »

2010年11月 6日 (土)

11月新譜チェック! ~嵐今年6枚目&「48」勢リリースラッシュ~

最近、一気に寒くなった。

なんでだろう。
 

考えた。

もう11月だ。
 

寒いはずだよ、もう暦上は秋を通り越して冬のはじめだもの。

  
てことで、本日は11月の新譜チェックをお送りします。
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
それでは、Let's check!

11/3

  • Fighting Man - NEWS
  • 君って - 西野カナ
  • SPIRIT OF PROGRESS E.P. - Dragon Ash
  • BUNNY LOVE/REAL LOVE 2010 - BREAKERZ
  • 冬響 - ゴスペラーズ
  • Keep Your Love - CHEMISTRY+Synergy
  • No buts! - 川田まみ
  • EUPHORIA - 柴咲コウ
  • 19歳の唄 - 阿部真央
  • 天使と悪魔/ファンタジー - 世界の終わり

11/10

  • 果てない空 - 嵐
  • ねぇ - Perfume
  • ひと - 遊助
  • ジャンピン - KARA
  • シャイニング パワー - Berryz工房
  • アイシテル - 平井堅
  • lonely girl - TETSUYA
  • ピンキージョーンズ - ももいろクローバー
  • Best Friend's Girl - J Soul Brothers
  • Let's Heat Up! - SPEED
  • moonlight/スカイハイ/YAY - moumoon
  • DISCO - Sads
  • Stargezer: - Alice Nine
  • 雪のアスタリスク - TRIPLANE

11/17

  • CHANGE UR WORLD - KAT-TUN
  • 流星 - コブクロ
  • PARADISE/Endless Fighters - AAA
  • 1!2!3!4! ヨロシク! - SKE48
  • 女と男のララバイゲーム - モーニング娘。
  • 闘え! サラリーマン - ケツメイシ
  • グッバイ - 小田和正
  • in the name of justice - D
  • この夜を止めてよ - JUJU

11/24

  • Rain - YUI
  • 愛はタカラモノ - タッキー&翼
  • No.1 - UVERworld
  • GAGAGA - SDN48
  • eve - アイドリング!!!
  • 同じ時代に生まれた若者たち - 腐男塾
  • Shining☆Star - 超新星
  • 未来への扉 - DEEP
  • TOXIC - 谷村奈南
  • ぬらりひょんの孫 オープニングEP - MONKEY MAJIK
  • マテリアル - 椿屋四重奏
  • Hurry Xmas - L'Arc~en~Ciel

 
ざっとこんな感じ。

セールスパワーが飛びぬけて高いアーティストのリリースはあまりない。

よって、全体の売上げ水準はそれほど高くないひと月になりそうだが、年末が近いこともあってかリリースは多め。

 
また、すべての週でジャニーズ勢のリリースがあり、なおかつ1~3週目はジャニーズ勢の1位が100%揺るがない状態。

どうやら今月は熾烈な1位争いは見られそうにないが、個人戦で見どころはあり。
 

まずは、2週目の嵐。

これがなんともう今年6枚目のシングル。

メンバー主演ドラマの主題歌に起用されている。
 

ここまでリリースされた5枚のシングルはいずれも年間TOP10入中。

今作も前作までと同様に初動50万前後の数字が出れば年間TOP10は間違いない状況といえる。

ここで大きく数字を落とす要因はなく、これで年間TOP10内に嵐の商品が6作ランクインすることになりそうだ。
 

また、AKB48『Beginner』のオリコン史上に残る暴走によって、もはや年間1位は絶望的ではあるものの、売上げにも注目したい。

握手会商法爆発のAKB48を除いては他の追随を許さない嵐だが、実はここ数作、連続で初動を落としているのだ。

今回はそれを鑑みてのことか、通常盤だけが全4曲入りで、DVD付初回盤は2曲だけとなtっている。

複数買い促進商法+新曲4曲という仕様が売上げにどのような影響を与えるのかに注目だ。

3週目、4週目には今波になる秋元軍団「48」勢が登場。

3週目のSKE48は前作『ごめんね、SUMMER』で一気に数字を倍増させ、勢いに乗っている。

代表的メンバーであるダブル松井のメディア露出も増えている中、今回もさらに売上げを伸ばすことができるか、注目である。
 

4週目のSDN48は今作がデビューシングルとなる。

ただ、メンバーには大堀恵や佐藤由加理、野呂佳代など元AKB48のメンバーが多数在籍しており、固定ファンはスタート時からある程度付いていると思われる。元恵比寿マスカッツのKONANもいたりする。

その固定ファンの数によっては、1位獲得筆頭のYUIがまるで相手にならない数字を叩き出してくる可能性もある。

まずは初日の数字に注目といったところだ。

 
~今日のふといいなぁ~
ずっと 前から  by フレンチ・キス
MY HOMETOWN  by 浜田省吾

« 少女時代が30年ぶりの記録達成&「ONE PIECE」主題歌がヒット! | トップページ | 坂本真綾、ClariS、スフィア…アニメ勢が多数ランクイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少女時代が30年ぶりの記録達成&「ONE PIECE」主題歌がヒット! | トップページ | 坂本真綾、ClariS、スフィア…アニメ勢が多数ランクイン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ