Twitter

  • 私服ツイート

« アイドリング!!!が4作連続初動アップ! | トップページ | KinKi Kids復調、30作連続の1位獲得! »

2010年12月30日 (木)

KARAが10万越え! 宇多田ベストは厳しい数字に…

年末が忙し過ぎて…1週間ぶりの登場です。

ご無沙汰しております。

 
で、いま故郷北海道。

朝まで忘年会のあと、空飛ぶマシンで昨日帰ってきました。

 
時間…

余っております。

 
てことで、更新再開していきます。

 

前回記事で12/6付シングルチャートを見終わりました。

よって、本日は12/6付アルバムチャートを見ていきます。
 

ではでは、さっそく…

12/6付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2  -宇多田ヒカル

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】

宇多田ヒカルの04年以来、6年8ヵ月ぶりのシングルコレクションが初登場で1位を獲得!

これで1stアルバムから7作連続の1位獲得

 
初動売上げは23.1万枚

オリジナル盤の前作「HEART STATION」の初動48.0万枚から半減以下にダウン

なんとシングルコレクションで大幅に売上を下げることに。絶不調。

 
そもそも08年の前作「HEART STATION」以降、目立った活動がなく、宇多田ヒカル名義でリリースされたパッケージはゼロ。

配信でいくつか新しい音源が出たが、既発曲のアレンジやリミックスがほとんどで新曲はなかった。

 
そんな中、今年8月に活動休止と今作のリリースを発表。9月末からは公式ツイッター開始。

ペプシのCMにも出演し、じわじわとプロモーションを重ねたが、今作の需要はオリジナルに比べると相当低かった様子。
 

新曲を詰め込んだDISC2があるものの、本編であるDISC1は13曲のうち半分以上の7曲が前作に収録されていて丸被り。

これではなかなか固定ファンもライト層も引っ張りきれないだろう。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース。先着順でMV収録のDVD配布。

もともと固定ファンが少ないタイプなので、1人で何枚も買うファンはほとんどいない。

売り方としてはこれで正解だと思う。
 

収録内容が微妙で商法にも頼っていないとはいえ、前回のベストが初動でミリオン突破していることを考えると、大幅な人気ダウンを感じずにはいられない。

活動休止前の最後の一撃がこれなので、いつか「人間活動」を終え「アーティスト活動」を再開させても、かなり厳しい現実が待っているかもしれない。
 

なお、本人がツイッター上で一種の不買運動をしかけた「Utada The Best」は今作より見事に売れず、12位(初動1.1万枚)に終わっている。

 
第2位 ガールズトーク  -KARA

ガールズトーク

韓国の女性5人組グループ、KARAの日本で初のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。

2位はシングル・アルバム通じて自己最高位。
 

初動売上げは10.7万枚。前作「KARA BEST 2007-2010」の5.1万枚から倍増

日本以外のアジアの女性グループによる初動10万突破は、04年3月に女子十二楽坊が記録して以来6年9ヶ月ぶり。

 
前作が韓国での活動をまとめた日本用ベストだったが、オリジナル盤でそれを軽く超えるという絶好調ぶり。

『ミスター』のヒップダンスをメディアにプッシュさせて話題となり、次のシングル『ジャンピン』も快調にヒットを飛ばし、アルバムへ。

非常に無駄のないプロモーションで一気にここまで持ってきたユニバーサルをさすがと褒めるべきか。

 
リリース形態は【DVD付】、【フォトブック付】、【ボーナストラック付】で計3種リリース

全音源、映像、特典を購入でコンプリートするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

この商法はシングルのときとまったく同じ。

 
商法はもろアイドルだが、直前のシングルの初動5.5万枚の倍近く出ており、売れ方はかなりアーティスト寄り。

一般的なアイドルはアルバムだと単価が上がる関係で、シングルのときより複数買いが減り、「シングル>アルバム」という珍現象が生まれるのだが、今作はそうなっていない。

アイドルファン以上に、ユニバーサルが仕掛けた「K-POPブーム」にまんまとはまったライト層がかなり動いている証拠といえる。
 

余談だが、今年の忘年会はこのKARAの楽曲(とくに『ミスター』)が大活躍したと思われる。

 
第3位 THE BEST BANG!! -福山雅治

THE BEST BANG!!(通常盤)

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは9.4万枚

前週の初動38.1万枚から大幅ダウン。

 
40万近い初動を出したベストアルバムが、2週目で10万を割ってしまうなんて数年前は考えられなかったが、このご時世だと仕方がないのか。

それでも、先日のいきものがかりが初動45万あたりから、2週目でも20万以上出していたので、そういった大当たり作品に比べると勢いがないのは明らか。

 
累積売上は2週で47万枚を突破。

「紅白」をはじめとした年末年始の特番効果でロングヒットにはなると思うが、伸びても60万ちょいが限界かな。

 
第4位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~  -いきものがかり

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

前週の2位から2ランクダウン。

週間売上げは6.5万枚

前週の9.3万枚からダウンだが、それでも抜群の粘り。

 
発売からひと月で累積は82万枚を突破。

非アイドルのミリオン突破。

このご時世ほぼ見られない記録だが、このペースならNHKのプッシュ&「紅白」効果が爆発すれば、一気に達成できそうだ。引き続き、注目。
 

第5位 MESSAGE  -ヒルクライム

MESSAGE

ヒルクライムの2枚目のアルバムが初登場で5位にランクイン。

2010年2枚目のオリジナルアルバムとなる。
 

初動売上げは3.7万枚。前作「リサイタル」の初動6.3万枚からダウン。

『春夏秋冬』が大ヒットする中リリースされた前作から、わずか10か月弱でのリリース。

 
前作のあとも、『大丈夫』、『ルーズリーフ』とTOP10ヒットを飛ばしていたが、続く『トラヴェルマシン』では初動1万割れ&TOP10落ちと一気に暗雲が立ち込めていた。

人気のピークは早くも去ってしまったようで、やはりアルバムでも数字を下げてしまった。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース。収録曲違いなし。

商法はまだ強化の余地があるが、ヒルクライムの場合、商法を強化してもそれほど複数買いは起こらなさそう。

『春夏秋冬』フィーバーが終息しているので、言わずもがな次に何かヒットを出せるかどうかが勝負になる。

 
~今日のふといいなぁ~
Show Me Love (Not A Dream)  by 宇多田ヒカル
10年桜  by AKB48

« アイドリング!!!が4作連続初動アップ! | トップページ | KinKi Kids復調、30作連続の1位獲得! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイドリング!!!が4作連続初動アップ! | トップページ | KinKi Kids復調、30作連続の1位獲得! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ