Twitter

  • 私服ツイート

« 今年初のTOP10オール2万台! | トップページ | SDN48、デビュー作がいきなりのTOP3入り! »

2010年12月19日 (日)

福山ベストが男性ソロ5年ぶりの初動30万突破!

私服ツイート内でもつぶやきましたが、年末、忙しくさせていただいております。

今週は「年末調整」で月から木までオール終電。

ラスト金曜日は忘年会でオールでした。

 
何とかこの繁忙期を乗り越えて、更新のペースをあげていきたいです。頑張る。
 

さて、

本日もいきなりチャートチェックからスタート。

前回記事で11/29付シングルチャートを見終わったので、本日からはアルバムチャートに突入です。
 

ではでは、さっそく…

11/29付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの曲!
 

第1位 THE BEST BANG!!  -福山雅治

THE BEST BANG!!(通常盤)

福山雅治のベストアルバムが初登場で1位を獲得!

これが11年ぶり、3作目のベストアルバムとなる(バラードベストは除く)。

初動売上げは38.1万枚

前作はオリジナルアルバム「残響」で、初動は26.1万枚だった。

オールタイムベストということで、大幅に数字を伸ばしてきた。

 
男性ソロアーティストによる初動30万枚突破は5年ぶり

また、西野カナの「to LOVE」の初動29.0万枚を上回って、今年のソロアーティストのアルバム最高初動

大爆発とまではいかないものの、ここ数年でシングルの売上水準が回復しており、また「龍馬」効果も相まってか、無難に数字を出してきたという印象。

 
ただ、ここ数年の福山は商法にも頼っており、それは今回のベストでも同様。

リリース形態は初回限定盤、限定生産盤、通常盤の3種リリース

初回限定盤は【4CD(インスト含)+DVD】、限定生産盤は【4CD+タオル】、通常盤が【4CD】というラインナップ。

 
初回限定盤にだけDVD付属で、タオルも限定生産盤にしか付属されていない。

インストに拘らない人でも全映像とグッズをコンプリートするためには絶対に2枚以上買わなくてはならない複数買い促進商法

 
今作は豪華仕様ということで単価もかなり高いので、アルバムで複数買いを助長して、どれだけ効果があったのかは微妙だが、コアなファンはDVDもタオルもほしいはずなので、2枚買っている可能性が高い。

この商法がどれだけ売上に直結したのかは、2週目以降の推移でわかるので、それは後ほど。

  

第2位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~  -いきものがかり

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

前週の1位から1ランクダウン。

これで余裕の3週連続TOP3入り。
 

週間売上げは9.3万枚

初動45.7万枚→2週目20.7万枚→そして9.3万枚という推移。

昔ならよくあった推移だが、このご時世ではもう奇跡のような流れである。

ライト層への訴求度がハンパない。 
 
 
3週で累積は早々に75.7万枚を突破。

なお、最新デイリーチャートでは、昨日放映の「ベストアーティスト」効果でチャートを上昇。

発売から1ヵ月半経った今も、デイリーTOP3入りを果たしている。
 

この調子で年末のショーレース効果をもって売上げを上げれば、初動40万台からのミリオンも達成できるかもしれない。

引き続き、期待したいところだ。
 

第3位 FUTURE KISS  -倉木麻衣

FUTURE KISS

倉木麻衣の9枚目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

これで3作連続TOP10入り。
 

初動売上げは4.0万枚

前作はベスト盤「ALL MY BEST」で初動13.7万枚

比較対象をオリジナルアルバムに合わせると前オリジナル「touch Me!」は初動5.0万枚

よって、どちらにせよダウン。

初動4.0万枚は自己最低初動となる。
 

ここ数年で一気にメディア(特にテレビ)への露出をするようになり、若干下げ止まりつつあったが、その露出効果もすでに鈍化してきている様子。

また、前作のベストで若干見切りを付けられた感もあり、自身の最低ラインをまた下げてしまった。

「touch Me!」は週間1位まで獲得していたがリリースの少ない1月発売であり、ラッキー要素が強いものだったので、もともと人気ダウンに歯止めはかかっていなかったのかも。

 
リリース形態は一般流通が【2CD+DVD】と【2CD】で2種リリース

これに加え、本人直筆サイン入りのファンクラブ盤も存在している。
 

CDもDVDも収録内容は同じなので、一般的には複数買いはないと思われるが、コアな層はDVDと直筆サインのため2枚以上買っている可能性が高い。

メディア露出、商法と色々手を尽くしてはいるが、一向に売上は回復しない。

ただ、それでもビーイング系の中ではトップクラスではある。

 
第4位 WE LOVE ♥ ヘキサゴン 2010  -ヘキサゴンオールスターズ

Photo_2 

フジ系「クイズ!ヘキサゴンⅡ」出演陣によるコンピレーションアルバムの第3弾が初登場で4位にランクイン。

これで3作連続のTOP5入り。
 

初動売上げは2.6万枚。前作「WE LOVE ヘキサゴン 2009」の初動7.8万枚から大幅ダウン

完全に人気のピークを越えた

羞恥心が大ブレイクする中、リリースされた第1弾は初動27.0万枚。

その1年後、羞恥心も活動休止するなど勢いがなくなる中でリリースされた前作が初動7.8万枚。

そして、今回はついに2.6万枚まで沈んだ。

前作までは羞恥心の楽曲が収録されていたが、今回は本編に羞恥心なし(Remixはボーナストラック)。

そもそも、ヘキサゴン人気は羞恥心もしくは上地雄輔でもっていた。

その上地はソロ活動で、完全にファミリーから巣立ったような状態で、残りは紳助に群がる芸人とタレントだけ。

流行が過ぎ去った今、この結果は順当過ぎるといえる。
 

リリース形態は【CD+DVD+トランプ】、【CD+DVD】、【CDのみ】の3種リリース

初回生産分にのみ『羞恥心』のリミックスを収録しているが、基本的に収録内容は全種統一。

 
商法で釣り上げていないとしても、2年前に27万だったシリーズが、いまその10分の1。

本当に厳しい業界である。
 

~今日のふといいなぁ~
予約したクリスマス  by AKB48

« 今年初のTOP10オール2万台! | トップページ | SDN48、デビュー作がいきなりのTOP3入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年初のTOP10オール2万台! | トップページ | SDN48、デビュー作がいきなりのTOP3入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ