Twitter

  • 私服ツイート

« KARA、AKB、Berryz、ももクロ…女性アイドルだらけのTOP10! | トップページ | SKE48がついに初動10万オーバー! »

2010年12月 9日 (木)

AKB48の新曲が1日で年間TOP10入りの猛烈スタート!!

最近はデイリーチャート情報に関しては、ツイッター「私服ツイート」内で展開することにしています。

ウィークリーと違い、デイリーはやはり即時性がキーだと思っておりますので。

 
ただ、12/8(水)に発表されたデイリーシングルチャート、これは記事にも残さなくては。

今年大いにチャートを盛り上げてくれたあのアイドルグループが、今年最後の大暴走を見せてくれています。

※このアイドルの今作リリースの上のポイントは12月新譜チェック!よりご確認ください。

 

12/8付デイリーシングルチャートには、今週リリースされた新譜が初登場で勢ぞろい。

シングルチャートで1位発進となったのは、AKB48の2010年締めくくりのシングル『チャンスの順番』!

 
すでに指定席となっている1位という順位は大してポイントではなく、注目はその売上枚数である。

初日の売上枚数は驚異の471,242枚!!

なんと初日1日だけで47万枚以上セールス。

 
今回はいつもの人気メンバーではなく、「じゃんけん」で選ばれたメンバーでの楽曲となっているが、そんなことお構いなしに数字は超絶的なものとなった。

初日の47.1万枚は、2010年の初日売上で、自身の前作『Beginner』で記録した56.8万枚に次いで、2番目の記録。

 
また、初日に47.1万枚を売上げたことで、年間チャートにも影響が及ぶ。

なんと1日で年間10位に躍り出た

これをもって、今年の年間チャートは10作すべてがAKB48と嵐だけとなった。

以下、リアルタイム2010年年間チャート。

  1. AKB48『Beginner』
  2. AKB48『ヘビーローテーション』
  3. 嵐『Troublemaker』
  4. 嵐『Monster』
  5. AKB48『ポニーテールとシュシュ』
  6. 嵐『果てない空』
  7. 嵐『Love Rainbow』
  8. 嵐『Dear Snow』
  9. 嵐『To be free』
  10. AKB48『チャンスの順番』(初日で47万枚)
  11. KAT-TUN『Love yourself ~君が嫌いな君が好き』(累積44万枚)

 
もう誰にも止められない。

 
さて、次に今作がどこまで伸びるのかを予測しておく。

予測のもとにするのは前作『Beginner』の売上推移である。

 
今作の今後のチャートアクションと最終着地地点を示したのが以下。

Chance
 
※赤文字は予測値

 
この予測上では、初動(最終着地)は68.8万枚と導かれている。

もし、これが実現するなら、年間チャートで自身の『ポニーテールとシュシュ』を一気に上回り、年間5位スタートとなる。

 
偶然なのか、必然なのか、2010年年間チャートは今週分が集計最終週なので、週間の売上げがそのまま年間チャートに直結することになる。

また、前作時もそうだったが、このレベルの破壊的な数字が出てくると、その週やその年の順位の話では収まらず、「歴代」との勝負になってくる。

 
『Beginner』はオリコン史上の歴代初動9位にランクインする大快挙を達成したが、今作も歴代初動ランキングに影響を与えるのは必至。

そちらにもぜひ、注目してほしい。今週はAKB48から目が離せない。

※参考:歴代初動ランキング

Rekidai
 

AKB48熱が冷めやらぬまま、週間チャートチェックに移ります。
 

前回記事で11/22付シングルチャートを見終わったので、アルバムチャートに突入です。

ではでは、さっそく…

 
11/22付オリコンウィークリーアルバムチャート
、第1位はこの作品!
 

第1位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~  -いきものがかり

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

2週連続1位!

週間売上げは20.7万枚

前週の初動45.7万枚から猛烈キープ。

圧倒的。

2010年初の2週目20万台となる。
 

初動が40万台という高さだったため、さすがに半減以上にはなっていないが、このご時世では奇跡的な推移

そもそも、固定ファンは3~4万しかいないはずなので、購入層の大半は普段シングルに手を出していないライト層ということになる。

 
累積は2週で66.4万枚を突破。

主に上半期にヒットしたファンモンや安室、西野カナなどを一気に抜き去り、2週で年間2位まで浮上

もう上には嵐しかいないという驚異的な勢いに。

 
ベストという性質上、ロングヒットになることが予想されるため、累積はまだまだ伸びそう。

さらに、「紅白」など年末の特番出演効果も合わさってくるので、ミリオンももしかすると…もしかするかも。
 

第2位 演歌名曲コレクション13~虹色のバイヨン~ -氷川きよし

演歌名曲コレクション13~虹色のバイヨン~Bタイプ

氷川きよしの「名曲コレクション」の第13作目が初登場で2位にランクイン。

オリジナル曲+往年の名曲で構成されるアルバムである。

 
初動売上げは4.1万枚

前作「演歌名曲コレクション12~三味線旅がらす~」の初動4.2万枚とほぼ変わらず。

ファンが増える兆候はまったくないが、一気にファン離れが起こる状況でもない様子で、安定はしている。

とはいっても、数字はジリ貧しているので、そろそろ下げ止めたいところ。

ただ、この人に何のタイアップを付けてもライト層が動きそうにないので、なかなか難しいのでは。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CD収録内容は同じだが、2種でブックレットが異なる。

また、DVD付には「グッズプレゼント応募ハガキ」封入、CDのみには「ステッカー」を封入。

 
CDやDVD以外のところで複数買いを促す商法だが、一見効果はそこまで大きくなさそう。

商法云々よりも、この人の場合はコンサートが開催された日に決まって異常なまでの上昇を見せたりするので、そっちに気がいってしまう。なかなか数字を読めない。

※会場のキャパ(収容人数)を優に超える枚数が上がってくる

 
それでも、デビューから10年経っても、いまだに他の演歌歌手とは次元の違う数字を叩き出すところは流石の一言。

 
第3位 TRY AGAIN  -長渕剛

TRY AGAIN

長渕剛の22枚目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

アルバムのTOP10入りは36作目。
 

初動売上げは3.6万枚。前作「FRIENDS」の初動7.2万枚から半減となる大幅減

前作がユニバーサル移籍第一弾で、プロモーション・営業に力が入っていたため高く出ていたとも取れるが、前々回のオリジナル盤「Come on Stand up!」の初動6.2万枚からも大きくダウンしている。

ここ数作は売上げが回復傾向にあり、このキャリアでの回復は物凄いことだと以前に当ブログでも綴ったが、今回は逆に大暴落。

 
シングルでも一気に1万台にまで数字を落としていたので、ダウンすることは予測できたが、まさかここまで落ちるとは…。

リリース形態はDVDの有無で2種リリース。CDの収録内容は同様。

商法は前作から変わらず。

となると、一気にファン離れが起こったとしか考えられないが。

とりあえず、次のリリース作品の動向を見守りたい。
 

以下、ピックアップ。

第5位 Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection '95-'10 "裏 歌バカ"  -平井堅

Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection’95-’10”裏 歌バカ”(初回生産限定盤)

平井堅のカップリングベストが初登場で5位にランクイン。

15周年記念の企画盤となる。
 

初動売上げは2.6万枚

前作はカバーアルバム「Ken's Bar Ⅱ」で初動は6.5万枚

また、前々作はオリジナル盤「FAKIN' POP」の初動は16.1万枚だった。
 

いずれにせよ、大幅すぎるダウン

まぁ、カップリング集は大概のアーティストが大きく数字を落とすので、仕方がないところか。

 
リリース形態は【2CD+リミックスディスク】の初回盤と【2CD】の通常盤の2種リリース

収録曲の入れ替えなどはないので、音源は初回盤1枚ですべて揃う。
 

映画主題歌に起用されているシングルと同時リリースだったが、そこでの相乗効果はあまりない様子。

基本的に、シングルを買った固定ファンが一緒に手に取ったという感じだろう。

 
~今日のふといいなぁ~
クリスマス・イブRap  by KICK THE CAN CREW

« KARA、AKB、Berryz、ももクロ…女性アイドルだらけのTOP10! | トップページ | SKE48がついに初動10万オーバー! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KARA、AKB、Berryz、ももクロ…女性アイドルだらけのTOP10! | トップページ | SKE48がついに初動10万オーバー! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ