Twitter

  • 私服ツイート

« 1月新譜チェック~年始からAKB勢登場&あのグループが活動再開~ | トップページ | AKB48、圧倒的勢いで2010年を締めくくる! »

2011年1月 4日 (火)

ミスチル、2年ぶりのアルバムが首位獲得!

東京に戻ってきました。

東京あったけえ。

北海道がマイナスの世界だったからね。

 
明日、仕事始めです。

また時間がなくなる前に淡々とチャートチェックしていきます。

 
前回のチェックで、12/13付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。
 

この週は日本を代表するモンスターバンドが久々の新作をリリース。

しかし、この新作はリリース条件が少し変わっていて…。

 

ではでは、さっそく…

12/13付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 SENSE -Mr.Children

SENSE

Mr.Childrenの16枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

8作連続、通算13作目の1位獲得となる。
 

約2年ぶりのオリジナルアルバムとなり、ミスチル史上最も前作からのリリース間隔が長い

97年に一度活動休止しているが、その前後のアルバム「BOLERO」と「DISCOVERY」の間は1年11ヵ月であり、今回より若干短かった。
 

初動売上げは50.2万枚!

前作「SUPERMARKET FANTASY」の初動70.8万枚から大幅ダウン

前作の初動からマイナス20万枚以上の大暴落。

ミスチルのオリジナルアルバムが初動60万枚を割るのは94年の「Atomic Heart」以来、約16年ぶり。

 
今回ここまでの大暴落になった理由は明確。

まず、前作から今作までの間にデジタル配信はあったものの、シングルのリリースがまったくなかったという点。

先行シングルなしでオリジナルアルバムがリリースされるのはデビューミニアルバム「EVERYTHING」以来、約18年半ぶり。

ファンにとっては先行シングルがないのは新曲が多いという楽しみなポイントになるが、ライト層にとっては知らない曲ばかりで購入がためらわれるポイントとなる。
 

また、今作はプロモーションが異色

発売2日前までアルバムタイトル、ジャケット、収録曲などの情報がいっさい公式で明かされないという、宣伝してなんぼのこのご時世としては異色すぎる戦略。

さらに、今作のリリースに際してはテレビのインタビューはおろか、音楽雑誌も含めてメディア露出がゼロ

ビックネームがここまで完全に情報を閉ざして作品リリースするのはミスチルならず、全アーティスト・アイドルでも前例がほとんどない。ふつうはメディア側から寄ってくるから。

 
10月中頃、深夜ごろを狙って「今から流れる映像はMr.Childrenの広告です」という何やら意味深で不気味なCMが流れ、そこから「SENSE PROJECT」なるHPへ誘導するシークレットプロモーションはあった。

ただ、これはネット上のコアなファンには反響があったが、ライト層に訴求できるものではなく、セールスを好転させるものではない。

先行シングルがなく、かつ何ていうアルバムなのか、どんな曲が入っているのか、ほぼ世間に広まることなくリリースとなった今作。

デイリー初日は17.9万枚で前作「SUPERMARKET FANTASY」の初日売上26万枚を大きく下回る厳しい出足に。

この初日の時点で着地見込みは50万枚前後となり、前作から-20万レベルの大暴落になることがほぼ確定。

 
続く、2日目も前作のペースを大きく下回る11.0万枚で、初動50万越えに黄色信号、同時に発売2日目でミリオン突破の可能性がほぼ消滅した。

(情報解禁時に「ミリオン確実」なる記事が出回ったが、これが売上ベースの内容だとしたら、ただの誤報だった。)

その後も、やはりライト層に訴求できていないのが分かる推移となり、最終的に50万突破は週間での補正によるギリギリな達成となった。

Sense_2

 
リリース形態は魂のCD1種リリース。05年の「I♥U」以来の1種。

前作、前々作はDVD付が存在し、2種リリースだった。

 

ミスチルにしては前例がないほど苦しいスタートにはなったものの、2010年のアルバムの初動50万突破は嵐とこのミスチルだけ。

嵐は乱れ飛ぶメディア露出で、かつ複数商法も使い、いままさに人気絶頂状態でのリリース。

そう考えると、プロモーションもなーんもせずにこの数字はやはり驚異的である。

 

はたして、2011年はパッケージ(特にシングル)のリリースはあるのだろうか。注目である。

 

第2位 LOVE CENTRAL  -DREAMS COME TRUE

LOVE CENTRAL

DREAMS COME TRUEの16枚目のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。

初動売上げは9.2万枚

前作「DO YOU DREAMS COME TRUE?」の初動23.1万枚から半減以下になる大幅ダウン

吉田の内縁の夫の訃報効果もあり、いきなり90年代後半レベルの初動40万を叩き出し、破竹の勢いを見せたのが07年の前々作「AND I LOVE YOU」。

その次作となる前作「DO YOU DREAMS COME TRUE?」は初回特典にベスト盤とライヴDVDを付けてリリースという景気のいい商法で勝負。

しかし、リリース日をメジャーデビュー日に合わせて3日間だけの変則集計だったこともあり、豪華仕様と複数商法ながら初動は23.1万枚と前作から暴落。

もし、通常の6日集計でも大幅減は免れなかったと思われ、この時点でかなり勢いは落ちいていた。

 
そこから1年8ヵ月経てリリースされた今作「LOVE CENTRAL」は、他の新譜より1日早いリリース日で7日集計だったにもかかわらず、初動は10万枚を割る大暴落となってしまった。

リリース間隔がかなり開いたのと、シングルでライト層まで引き込むタイプのヒット曲がなかったのが原因と思われるが、ここまでダウンするとは…。

 
リリース形態はパッケージが豪華な初回盤と通常盤で2種リリース

ライヴDVDとベスト盤がバラバラに付属されていた前作が全3種で、かつ複数買い促進商法だったが、今回はDVD付さえもないかなり穏やかな売り方。

ここまで売上が暴落するところを見ると、前作では商法で数字を釣り上げたところがかなり大きかったのかもしれない。


第3位 Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2  -宇多田ヒカル

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは6.6万枚

前週の初動23.1万枚から大幅ダウン。

 
ベスト盤にもかかわらず、まったく粘る気配を見せず、オリジナルアルバムよりも大きい下落率となってしまっており、厳しい展開。

やはり、前回のオリジナルと収録曲が被り過ぎているのが原因か。

累積はまだ30万枚にも到達せず、29.7万枚

正直、ここまでの苦戦を強いられるとは思わなかった。

 
第4位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~  -いきものがかり

いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

前週の4位をキープ。

週間売上げは4.6万枚

前週の6.5万枚からダウンしているが、前週に続きかなりの粘り強い推移。

なんと5週目にもかかわらず、もう3週目の福山雅治ベストを逆転してしまった。

大苦戦の宇多田ベストをあざ笑うかのように、着実に売上を伸ばし、累積は86.7万枚を突破。

ここまでしっかりとライト層にまで広がっている作品は2010年はなかなかなかったので、是が非でもミリオンを突破してほしいところだ。
 

~今日のふといいなぁ~
winter fall  by L'Arc~en~Ciel

« 1月新譜チェック~年始からAKB勢登場&あのグループが活動再開~ | トップページ | AKB48、圧倒的勢いで2010年を締めくくる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月新譜チェック~年始からAKB勢登場&あのグループが活動再開~ | トップページ | AKB48、圧倒的勢いで2010年を締めくくる! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ