Twitter

  • 私服ツイート

« Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! | トップページ | あゆ初プロデュース作が1位! コブクロは6週連続TOP10! »

2011年1月22日 (土)

BUMP OF CHICKENが6年4ヵ月ぶりのアルバム1位獲得!

「私服ツイート」で解説していますが、今週はシングルチャートで大波乱が起こってます。

まさか「山P vs フレンチ・キス」が勃発するとは。

順位争いが勃発するとしたら「ゆず vs フレンチ・キス」だと思ってましたが。

 
山P含め若手ジャニーズの関連作がデイリーで1位を逃すのはほとんど見られない光景。

今年最初の注目カード。

ですが、もしかしたら、今年3週目にして今年最大のバトルになるかも。

週末の両者の動きには要注目です。

 
 
そんな大注目のデイリーチャートの模様は「私服ツイート」で綴るとして、いつものチャートチェックを進めます。

前回記事で12/27シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートに突入です。

ではでは、さっそく…

12/27付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!
 

第1位 COSMONAUT -BUMP OF CHICKEN

COSMONAUT

BUMP OF CHICKENの6枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

アルバムの1位獲得は04年に「ユグドラシル」で記録して以来、6年4ヵ月ぶりとなる。

 
初動売上げは20.7万枚

前作はカップリング集「present from you」で初動14.8万枚

オリジナル盤の前々作「orbital period」は初動38.1万枚

 
カップリング集からはさすがに上昇したものの、今回比較すべきはオリジナル盤で、「orbital period」の初動38.1万枚から大暴落

一気に半減近くまでダウンしてしまった。

前回のオリジナル盤以降、シングルの売上が著しくダウンしていたので、自然な流れではあるのだが、まさかここまでダウンしてしまうとは。

Boc

『HAPPY』以降にリリースされた2010年のシングルは初動が10万枚前後まで落ち込んでおり、上の図からもセールスパワーの減退は明らか。

 
ただ、今作の前作からの下げ幅はシングルのそれをはるかに超えており、そもそものファンの減少だけでなく、ファンの固定化(閉鎖化)がうかがえる。

『R.I.P』あたりから明らかに路線変更していたので、それで一気にファンが離れたのか。

何はともあれ、前回のオリジナル盤までメディア露出ほぼなしで恐ろしいほどの上り調子だったのだが、どうやらピークは越えたらしい。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース。いつもと同じ。

あくまで音楽だけで勝負というスタンスは変わっていない。
 

もともとビッグタイアップがついたり、メディアに大量露出したりといった動きはしないので、ピークを越えてしまうとなかなか新規ファンを獲得して数字を戻すのは難しいと思われる。

それでも、オリジナル盤がCD1種で初動が20万枚越えるアーティストはそうそういないし、トップクラスの数字ではある。
 

第2位 Marchen -Sound Horizon

Marchen

サウンドクリエイターのRevoによる音楽ユニット、Sound Horizonのメジャー5枚目のアルバムが初登場で2位にランクイン。

2作連続のTOP10入りで、2位はアルバムの自己最高位。

なお、タイトルは「メルヒェン」。

 
初動売上げは5.7万枚。前作「Moira」の初動4.5万枚から上昇

「物語音楽」という特異なジャンルにもかかわらず、前作でいきなりチャート上位に現れ、チャートファンを驚かせたが、今回はそこからさらに上昇。

 
リリース形態はパッケージ等が豪華な初回盤と通常盤で2種リリース

アニメイト等の一部店舗では全63種類のカードを数量限定特典として付属。
 

収録曲に違いはなく、音源だけなら1枚買えば事足りる仕様だが、濃いファンが多いこともあり、ランダム封入のカードもあり、複数買いは発生していると思われる。
 

お茶の間への訴求はほとんどなく、一部の熱狂的なファンに支持されるタイプのアーティストだが、どうやらそのファンの数がハンパない様子。

ほとんどのファンが2枚買っていると仮定したって、2万を超える固定ファンがいることになる。

今後もチャートの常連になるのは間違いない状況だ。

 
余談だが、HPによると今作のテーマは…

物語の舞台となるのは
宵闇の復讐劇が繰り広げられる
残酷な「童話」の世界。

さぁ、唄ってごらん…

とのこと。

 
第3位 MICHAEL -マイケル・ジャクソン

MICHAEL

マイケル・ジャクソン生前の未発表曲を集めたアルバムが初登場で3位にランクイン。

オリジナルアルバムのTOP3入りは「BAD」以来、23年2ヵ月ぶり
 

初動売上げは5.6万枚。前作「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の初動7.4万枚からダウン。

前作は映画「THIS IS IT」での登場順に沿って過去のヒット曲を収録したベスト盤で、今回はオリジナルアルバム。

ただ、オリジナルとはいっても、彼はもうこの世にいないため、実際のところは未収録曲集。

そういった内容のためか、一時期の人気再加熱が冷めてきているためか、思ったほど数字は爆発せず。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース

まぁ、複数商法を使っても、洋楽の購入層にはそこまでの効果はないと思われるので、この売り方でいいのかな。
 

この世を去ってなお新作が登場。

果たして、これが本当に最後になるのだろうか。
 

第4位 SENSE  -Mr.Children

SENSE

前週の1位から3ランクダウン。

週間売上げは5.1万枚。前週の9.5万枚からダウン。

3週目も粘りを感じられない推移で、もう5万台まで落ちてしまった。

ちなみに、前作は3・4週目合算で16.6万枚出ていた。
 

累積は64.8万枚を突破。

まだ、前作の初動にすら届いていない。

これは80万枚突破が厳しくなってきたかもしれない。

本格的なブレイク前のアルバム「versus」を下回る可能性が出てきた。
 

~今日のふといいなぁ~
DADA by RADWIMPS
Winner  by 吉井和哉

« Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! | トップページ | あゆ初プロデュース作が1位! コブクロは6週連続TOP10! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! | トップページ | あゆ初プロデュース作が1位! コブクロは6週連続TOP10! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ