Twitter

  • 私服ツイート

« AKB48、8月のシングルがTOP10復帰! | トップページ | 2月新譜チェック!~昨年の暴走組 AKB48&嵐が登場!~ »

2011年1月31日 (月)

あゆ、首位獲得も初動はついに20万割れに…

あゆの前に…

 
 

もう、2011年もひと月が終わるのね。

はーやいはーやい。

 
で、あと2回寝たら、2月。

月が変わるということは、「新譜チェック」のお時間ですね。

 
いつものシングルの新譜チェックは次回やるとして、本日はその前哨戦。

アルバムの新作チェックをやっときます。

2月は注目作多いからね。

 
ただ、シングルのときのように、チャート予想などはいっさいなく、ただただタイトルを並べるだけです。

管理人の備忘録です。(どーん)

 
2/2

  • あの‥夢もてますケド。 - 遊助
  • westview - MONKEY MAJIK
  • Seven Emotion - HOME MADE 家族

2/9

  • 8:10 am - THE 野党
  • FUCK THE BORDER LINE(黒夢トリビュート) - オムニバス
  • GEMINI - Alice Nine
  • ZARD SINGLE COLLECTION ~20th ANNIVERSARY~ - ZARD

2/16

  • TWENITY 1991-1996 - L'Arc~en~Ciel
  • TWENITY 1997-1999 - L'Arc~en~Ciel
  • TWENITY 2000-2010 - L'Arc~en~Ciel
  • 2-NI- - ゆず
  • カルペ・ディエム - Aqua Timez
  • Buzz Communication - AAA
  • 音速の世界 - 音速ライン
  • パレード - Galileo Galilei

2/23

  • MUSICMAN - 桑田佳祐
  • まとめⅠ - aiko
  • まとめⅡ - aiko
  • dead stock - シド
  • Mother Goose - sleepy.ab

 
ざっとこんな感じ。

困ったねぇ。
 

桑田さんにaikoに、音速ラインまで。

これは金欠だ。

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で1/3付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートをチェックしていきます。

ではでは、さっそく…

1/3付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 Love songs  -浜崎あゆみ

Love songs(ジャケットA)(DVD付)

浜崎あゆみの12枚目、2010年2枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

4作連続、通算17作目の1位獲得となる。
 

また、最初のアルバムをリリースした99年以来続く、アルバムの連続首位獲得年数を13年連続に更新。

作品軸では過去に2位になっており、記録は途切れているが、「年数」にすると前代未聞の記録を続けていることになる。
 

さらに、今回は前作からのリリース間隔がわずか8ヵ月と自己最短ペースでのリリースとなっている。

 
初動売上げは18.0万枚。前作「Rock'n'Roll Circus」の初動20.5万枚からダウン

まったく下げ止まらない。

 
09年の「NEXT LEVEL」でいきなり初動が20万台まで急降下し、前作は20万台もギリギリに。

そして、ついに今回初動は20万を割り、10万台にまで落ちてしまった。もちろん、ブレイク後初の事態である。
 

先行シングルも初動10万台のハードルがもう遠くなっており、今作に収録のシングルはすべて初動7万台。

特に、過去に何枚も大ヒットした「アルファベット1文字シングル」シリーズで『L』を満を持して投入したが、それもまったく数字が伸びなかった。

 
シングルがそんな状況なので、アルバムでもダウンするのは自然な流れではある。

また、初動18万はまだ女性ソロとしてはトップクラスの数字であることはたしか。

ただ、一時代を築いた人が目に見えて衰退していく様はやはり物悲しい。

 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【USB+microSD+DVD(数量限定)】で全3種リリース

【CD+DVD】と【CDのみ】で一部収録曲が違うが、【CDのみ】に収録の音源は先行シングルのc/wに収録されていたものなので、この音源のために複数買いするファンはほとんどいないと思われる。

 
また、今回はついにCDなしのバージョンも登場。

USBにはCDの音質をはるかに凌ぐWAVEデータが入っている。

メディアが多様化し、CDに拘る必要性がないことを示唆するような内容で、それを浜崎あゆみというアーティストが体現しているのはなかなか興味深い。

 
第2位 HOOT -少女時代

HOOT(初回限定盤)(DVD付)

韓国の9人組グループ、少女時代のミニアルバムが初登場で2位にランクイン。

アルバムのTOP10入りはこれが初となる。
 

また、今作は韓国でリリースされたアルバムの「日本盤」であり、日本でのオリジナルアルバムではない。

よって、言語はすべて韓国語。

なお、「輸入盤」は昨年の11月に19位に登場し初動は0.8万枚だった。
 

初動売上げは6.1万枚

先述した内容のためか、KARAのように大爆発はせず、先行シングル『Gee』の初動6.6万枚をも下回ってしまう成績に。

 
リリース形態は【CD+DVD+ブックレット(豪華盤)】、【CD+DVD+ブックレット】、【CD+DVD】、【CDのみ】で全4種リリース

DVDは豪華盤にのみライブ映像を追加収録、その他のDVDはMVだけ。

【CDのみ】はボーナストラックなし。

なんだかややこしい商法になっているが、【CD+DVD+ブックレット(豪華盤)】を買えばすべて事足りる仕様で、ほとんど複数買い促進商法にはなっていない。

 
メディア(特にフジ)で大々的に報道され、K-POPブームとまで言われたにしてはセールスは低めだが、次回日本でのオリジナルアルバムが出たら、数字は一気に跳ね上がるかもしれない。

KARAも韓国語ベストから次の日本オリジナルで倍近い上昇になっていたし。
 

第3位 COSMONAUT -BUMP OF CHICKEN

COSMONAUT

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは5.3万枚

前週の初動20.7万枚からダウン


前作は2週目が3週目との合算週で15.8万枚。

これを強引に2週に分けるとだいたい10万と5.8万くらいか。

だとすると、2週目での下落率は前作と大して変わらないことに。
 

ただ、初動が大幅ダウンしていた分、下落率が同じでも売上はもう5万台まで落ちてしまっている。

これまでのBUMPは2週目でやや大きくダウンしても、それ以降下の方でじわじわロングヒットする傾向があったが、今作でもその傾向は見られるのだろうか。

なお、累積は2週で26万枚を突破。前作の初動までまだあと10万枚以上ある。

 
第4位 いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ -いきものがかり

《メール便なら送料無料》国2CD> いきものがかり / いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜(通常盤)

前週の5位から1ランクアップ。

週間売上げは4.9万枚

前週の3.7万枚から大きく上昇

 
シングルチャートのAKB48と同じく、年末の特番効果で数字を大幅に回復させてきた。

この週に関しては「Mステ スーパーライブ」の放映効果が大きい。

 
累積はついに99.3万枚を突破。翌週でのミリオン達成が決定した。

 
~今日のふといいなぁ~
ファスナー by Mr.Children
WING by LAST ALLIANCE

« AKB48、8月のシングルがTOP10復帰! | トップページ | 2月新譜チェック!~昨年の暴走組 AKB48&嵐が登場!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AKB48、8月のシングルがTOP10復帰! | トップページ | 2月新譜チェック!~昨年の暴走組 AKB48&嵐が登場!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ