Twitter

  • 私服ツイート

« 相棒 | トップページ | Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! »

2011年1月15日 (土)

AKBが2週目で記録的大暴落…まさかの20分の1に!

本日はいきなりチャートチェックからスタート。

前回記事で12/20付チャートを見終わったので、本日からは12/27付チャートに突入していきます。

まずはいつも通り、シングルチャートから。

 
ではでは、さっそく…

12/27付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
第1位 「ありがとう」~世界のどこにいても~  -Hey! Say! JUMP

Heysay

Hey! Say! JUMPの6枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

これでデビュー作から6作連続の1位獲得となる。
 

初動売上げは15.1万枚。前作『瞳のスクリーン』の初動20.2万枚から大幅ダウン

ここ2作連続で初動20万オーバーをマークし、復調しているように見えたが、ここで自己最低初動を記録してしまった。

このスタートだと累積は前作、前々作の初動にすら届かない可能性が高い。

 
前作はメンバー主演のドラマ主題歌というタイアップがついていたが、今作はノンタイアップ。

また、今回は楽曲が若干異色。

歌詞に19ヶ国語の「ありがとう」が入っていてごちゃごちゃしていたり、メロディも結構マイナーでかなりシングルっぽくない楽曲になっている。

こういった条件下ではわずかなライト層は完全に敬遠だろうし、ファンでも狂信度の浅いファンは買い控えした可能性がある。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース

【CDのみ】にはカップリングが多く収録されているのは前作と同じで、複数買い促進商法

ザ・ジャニーズといった商法だが、今回は【CDのみ】にカップリングが3曲も収録されており、前作より豪華仕様。

若干商法は前作より有利だったにもかかわらず、大きく数字を落としているので、形勢はあまり宜しくない。

次回作で早めに売上を回復させておきたいところだ。
 

第2位 PLEDGE -the GazettE

PLEDGE(初回生産限定盤A)(DVD付)

the GazettEの18枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで11作連続のTOP10入り。2位は自己最高位タイ。
 

初動売上げは3.6万枚。前作『Red』の初動2.5万枚から大幅上昇

リリース形態は【CD+DVD】が2種類と【CDのみ】が1種類で合計3種リリース。

DVDはひとつがMVで、もう一方がライブ映像。【CDのみ】にはボーナストラック収録。

ということで、全音源および映像を購入でコンプリートするためには絶対に3枚買わなくてならない複数買い促進商法

前作は2種リリースの複数買い促進商法だったので、今回商法は強(狂)化されている。

 
また、タイアップも前作が深夜バラエティEDだったのに対し、今回は「ジェムケリー」タイアップ。

08年に『紅蓮』が同じタイアップに起用され、初動4.2万枚と絶好調(当時の自己最高初動)だったので、タイアップとの相性はかなりいいと思われる。

パッケージの増加とタイアップ効果による大幅上昇とみて間違いないだろう。

なお、3月にはソニー移籍前、キング時代の音源をまとめた初のベストがキングからリリース予定となっている。

あからさまに、キングによる最後の絞り出しといった感じなので、セールスは厳しそうだが…。

何より、このベストでファンに見切りをつけられると厳しいが、果たして…。
 

第3位 チャンスの順番 -AKB48

【特典生写真無し】チャンスの順番(A)(DVD付)

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは3.0万枚

前週の初動59.7万枚から奇跡のビックバンダウン

これは凄い。

なんと2週目で20分の1になる大暴落!

ジャニーズ勢がだいたい酷くて12分の1あたりなので、それを遥かに凌ぐアイドルダウン。

 
ただ、前作『Beginner』はジャニーズ勢とほぼ同じ12分の1、前々作『ヘビーローテーション』では8分の1と、AKB48にしては奇跡的な粘りを見せていた。

しかし、今作は「2週目消滅」で有名だった数年前と同じレベルの急降下。

初動こそ商法を強化して持ち堪えたが、やはり人気メンバーが参加していないことが影響してか、ライト層にはほとんど広まっていない様子。

 
また、AKB48は年末の特番に出突っ張り。

この週には「ベストアーティスト2010」が放映された。

しかし、披露曲は『ヘビーローテーション』、『会いたかった』、『言い訳Maybe』で、じゃんけんメンバーが披露する今作はまったくオンエアされることがなかった。

 
累積は62.7万枚を突破したが、おそらく史上初の初動約60万からミリオン達成できないシングルとなることが確定した。

第4位 MEMORIES  -VAMPS

MEMORIES (DVD付) (ジャケットA:アーティストフォトver.)

HYDEとK.A.Zによるプロジェクト、VAMPSの7枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

7作連続のTOP10入り。

初動売上げは2.2万枚。前作『ANGEL TRIP』の初動3.2万枚から大きくダウン。

今作は7月末リリースのアルバムからのシングルカット。

なんだってこんな時間が経ってシングルカット。契約上の問題かな。

 
ちなみに、シングルカットはこれが初めてではなく、2009年にもやっており、そのときもアルバムから4ヵ月くらい経ってからリリースされていた。

ただ、その時はほとんど普段と変わらない数字を出すという、ある意味シングルカットには珍しい減少が起こっていた。

 
今回はファンが徐々に離れてきているためか、シングルカットで普通に数字を下げ、デビュー以来、自己最低初動に。

シングルカットをスルーするファンが多いということは、楽曲人気がファンの中でそれほど高くなかったのだろうか。
 

リリース形態は【CD+DVD(アーティストフォトVer.)】と【CDのみ(アーティストイラストVer.)】で2種リリース

CDの収録内容は同じ。ジャケコンプを目指す熱狂的なファンでなければ1枚買えば事足りる商法。

 
数字は下がったものの、それでもシングルカットにしてはかなり高い数字ではある。

固定ファンの熱狂度はかなりのものだと捉えていいだろう。
 

~今日のふといいなぁ~
DAYBEAK'S BELL by L'Arc~en~Ciel

« 相棒 | トップページ | Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相棒 | トップページ | Superflyが自己最高初動&コブクロ5週連続TOP10入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ