Twitter

  • 私服ツイート

« ゆずが10作目の1位獲得! Aqua Timezとラルクは厳しい展開に… | トップページ | 嵐が4作連続初動50万突破! ELTがチャン・グンソク効果でヒット! »

2011年5月 4日 (水)

5月新譜チェック! ~アーティストもアイドルもリリースラッシュ!~

前回記事で最後に予告した通り、本日は「5月新譜チェック」を行います。

もう東京は春まっさかり。

 
ただ、今管理人Yasaiは北海道。

明日は最高気温5℃らしいです。

過酷な地だ、北海道。
 

という話はそこそこにして、今回は4月時にできなかった各週の注目作チェックも行います。
  

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
それでは、Let's check!

5/3

  • Let It Go - THE ALFEE
  • 第九のベンさん - The fevers
  • Your Luv - MBLAQ
  • いとし日々よ - 平井堅
  • U - U (城田優)
  • Naturally - 松下優也
  • 少女飛行 - ぱすぽ☆
  • ハナビラナミダ - 近藤夏子

5/11

  • マイホーム - 関ジャニ∞
  • Smile - BUMP OF CHICKEN
  • カッコ悪い I love you! - フレンチ・キス
  • 恋のスーパーボール/ホーム - aiko
  • CORE PRIDE - UVERworld
  • 空が鳴っている/女の子は誰でも - 東京事変
  • LOVE SONG - 三代目J Soul Brothers
  • C'mon, Let's go - KREVA
  • Hazy - スフィア
  • Have a Good Day ! - のあのわ
  • Dear... - パク・クァンヒョン
  • Soldier - ココア男。

5/18

  • WHITE - KAT-TUN
  • 月の裏側 - DiVA
  • レーザービーム/微かなカオリ - Perfume
  • Esperanza - 西野カナ
  • Take off - 2PM
  • VERMILION. - ナイトメア (NIGHTMARE)
  • 新しい光 - 9mm Parabellum Bullet
  • NEVER STOP - ゴスペラーズ
  • モットー。/光 - 阿部真央
  • PROMISE - 布袋寅泰
  • SUPER DUPER GALAXY - LM.C
  • 鼓動の秘密/サヨナラ、ありがとう。 - 東京女子流

5/25

  • Everyday、カチューシャ - AKB48
  • Let's try again - チーム・アミューズ!!
  • 見上げた流星 - TOKIO
  • VORTEX - the GazettE
  • もう一度 - 倉木麻衣
  • アロン - 黒夢
  • 桃色スパークリング - ℃-ute
  • PRESENTER - 堀江由衣
  • 記憶 - MISIA
  • 守るべきもの - 若旦那
  • WITHOUT U feat. 4Minute - 青山テルマ

 
今月は先述したとおり、AKB勢やジャニーズ勢をはじめとしたアイドルもアーティストもリリースラッシュ。

ただ、やはり各週の注目はアイドル勢の作品に。

 
ただ、1週目は今月唯一のリリース過少週。

万単位の初動を出せるメンツは数作のみ。ただ、1位争いは面白そう。
 

数少ない新譜の中で1位獲得筆頭は今作が通算60作目のシングルとなるTHE ALFEEのニューシングル『Let It Go』。

前作『この愛を捧げて』の初動は3.7万枚

今作も前作と同じパッケージ数でほぼ同じ商法なので、極端に人気が落ちていなければ、十分1位を獲得できる数字である。
 

THE ALFEEの週間1位に待ったをかけるとすれば、The feversのシングル。

The feversは表面上は覆面ユニットとされているが、正体は人気デュオのゆず。

TRICERATOPSとのコラボシングルとなっている。

ゆずの前作は『Hey和』で、初動3.4万枚だった。

前作の実績ではほぼ同等の両者だが、企画モノは数字を下げることが多い。

 
また、ほかには城田優の歌手デビュー作や韓国の人気ユニットであるMBLAQもスタンバイしている。

THE ALFEEはそれらを押し退け、1位を獲得することができるのか。注目である。

 
続く、2週目からは空前のリリースラッシュに突入。

2週目は今月最大のリリース祭り。

1位争いに関してはジャニーズがいるので、結果が出ているが、それ以下の順位は未知数そのもの。

 
2位筆頭はBUMP OF CHICKENとAKB48からの派生ユニット フレンチ・キス!

BUMPの前作『友達の唄』の初動は8.2万枚

一方、フレンチ・キスの前作『If』の初動6.7万枚

 
前作結果をみると、BUMPが優勢だが、BUMPはここ数作連続で数字をガクガクと下げており、今作もその流れを止められない場合、8万を割ってしまう可能性がある。

逆に、AKB派生ユニットは現在どのユニットも数字をうなぎ上りに上げてきている。

フレンチ・キスもその流れに乗るのであれば、初動は前作を超えてくる可能性が高い。

また、フレンチ・キスに関しては今回は商法が猛烈に強(狂)化されており、全7種リリースとなっている。

French_2

前作は3種リリースだったので、パッケージ数は2倍となっており、ファンひとり当たりの購入数もかなり増えると思われる。

前作時についていたドラマDVDはなくなり、ただのMV収録のDVDになって内容面ではパワーダウンしているが、AKBファンを相手にする場合は「質より量」である。

もし、7種リリースの効果が爆発するとBUMPは簡単に押し潰されてしまいそう。

 
ただ、BUMPもここにきてバンド初のDVD付シングルという好条件がある。(パッケージ数は1種のみ)

この効果でBUMPが数字を上げると、熾烈な2位争いになる可能性があり、目が離せない。注目。
 

さらにこの週は3位争いさえも大激戦になる可能性あり。

3位争いにエントリーすると思われるのはベスト明け1発目のシングルとなるaikoとアニメタイアップ付のUVERworld。

それぞれ前作の成績はaiko『向かいあわせ』が初動5.3万枚で、UVERworld『MONDO PIECE』が初動4.6万枚

 
aikoが優勢に見えるが、aikoはこれがベスト後初のシングルであり、ここ最近はベスト盤を出したアーティストは数字を下げていく傾向が色濃くなっている。

一方で、UVERworldは今回久しぶりにアニメタイアップがバックについている。

それに伴いパッケージ数も増えているので、タイアップと商法、ダブルの効果で数字を伸ばしてくる可能性が高い。

こちらのaiko vs UVERworldも必見だ。

 
なお、この週には東京事変や三代目J Soul Brothersなどこのご時世なら、週間1位も狙えるメンツがさらにスタンバイしている。

はたして、予想外の展開は?

 
 
続く、3週目にもジャニーズ&AKB勢がリリース!

週間1位はKAT-TUNで決まりで、注目は新・AKB派生ユニット「DiVA」。

メンバーは秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江、増田有華の4名。

宮澤は総選挙でも上位に入る選抜常連メンバー。

秋元は「いいとも」レギュラーだったり、ピンでの活躍も多いメンバー。

他の2名に関しては選抜選出率、世間での知名度は高くない。

どうでもいいけど、管理人Yasaiはこの中だと増田推しです。

 
これまでもかなりの派生ユニットがデビューしてきたAKB勢だが、このDiVAに関してはどんな数字が出るのかわかりにくい。

ただ、先述したとおり現在AKB勢の勢いはハンパなく、多くのユニットが初動10万近く、もしくはそれ以上の数字を平気でたたき出している。
 

もし、このDiVAが10万近い数字を出してくるなら、面白くなるのはPerfumeとのアイドル同士の週間2位争い!

Perfumeの前作『ねぇ』の初動は8.5万枚。こちらも人気安定どころかまだ数字をじわじわ伸ばしている。

女同士の熾烈な2位争いが勃発すると面白く、そのためにはDiVAに奮闘してもらうしかない。
 

 
そ し て …
 

最終週にはとうとう満を持してAKB48本体が登場!

前作はすでにミリオン突破している『桜の木になろう』で初動は驚愕を通り越してもう笑うしかない94.2万枚!

※参考記事(http://plain-clothes-note.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/akb486-e4a3.html

 
今回は昨年AKBの人気を一気に爆発させた「選抜総選挙」関連シングル

「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」投票用シリアルナンバーカードを封入しており、この人気投票で上位に入ったメンバーが次のシングルに参加できることになる。

ファンは推しメンを選抜メンバー入りさせるべく、これまでのシングルとは比較できないほど、複数買いすることが考えられる。

 
そういった条件なしでも初動94.2万枚もたたき出す現在のAKB48。

普通に考えれば、このご時世としては前代未聞の初動ミリオン達成の可能性が十分考えられる。
 

そうなると、着眼点は週間チャートにとどまらず、ここにきてAKB48が記録を上書きしまくっている「歴代初動ランキング」の更新に注目が集まる。

(クリックで拡大)

Photo

日本で最も1週間で売れたシングルは、言わずと知れたMr.Childrenの『名もなき詩』で、初動120.8万枚

今回のAKBの新曲『Everyday、カチューシャ』はこのミスチルの残している伝説を書き換えてしまうのだろうか。

今月最大のチェックポイントである。
 

目ん玉見開いて歴史に残るチャートアクションを見届けよ!

 
~今日のふといいなぁ~
ベンガルトラとウィスキー by andymori

« ゆずが10作目の1位獲得! Aqua Timezとラルクは厳しい展開に… | トップページ | 嵐が4作連続初動50万突破! ELTがチャン・グンソク効果でヒット! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆずが10作目の1位獲得! Aqua Timezとラルクは厳しい展開に… | トップページ | 嵐が4作連続初動50万突破! ELTがチャン・グンソク効果でヒット! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ