Twitter

  • 私服ツイート

« miwaが初のアルバムでいきなりの首位獲得! | トップページ | 人気声優、豊崎愛生が自己最高位大幅更新! »

2011年7月13日 (水)

B'z、44作連続首位! 水樹奈々は11年8ヵ月ぶりの快挙!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で4/18付チャートを見終わったので、本日からは4/25付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。
 

ではでは、さっそく…

4/25付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
第1位 さよなら傷だらけの日々よ -B'z

さよなら傷だらけの日々よ(初回限定盤)(DVD付)

B'zの約1年半ぶり、48枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

1990年6月の『太陽のKomachi Angel』から44作連続、通算44作目の首位獲得

自身の持つシングルの「通算首位獲得作品数」と「連続首位獲得作品数」の両記録を更新した。

 
初動売上げは13.0万枚。前作『MY LONELY TOWN』の初動18.1万枚から大幅ダウン

初動13万枚は08年の『BURN -フメツノフェイス-』の初動14.1万枚を下回り、ブレイク後の最低初動

先述のとおり、前作から1年半ぶりのシングルリリース。B'zのシングルリリース間隔としては過去最長。

今回のダウンもこの空いたリリース間隔がかなり響いている様子。

なお、昨年はブレイク後はじめてB'z名義でのシングルのリリースがなく、連続首位獲得年数記録は途絶えてしまっていた。
 

08年にブレイク後の自己最低初動を記録していたが、その翌年にはドラマ「ブザービート」主題歌だった『イチブトゼンブ』で復活。

しかし、そこからしばらくリリースがなかったため、復調の波は完全に消え失せてしまったようだ。
 

今作は自身出演の「ペプシネックス」CMソングタイアップ。

B'zがCMに登場するのは初ということで話題を作っていたが、ライト層を取り込むほどの効果はなかったと思われる。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース

数年前まではCD1種が基本で、たまにDVD付を出すと売上が上がっていたのだが、いまやDVD効果も鈍化し、まるでインセンティブになっていない様子。

 
B'zほどのキャリアになるとなかなか新規ファンを獲得するのは難しいので、パッケージにも手を出す固定ファンをどれだけ離さずにいられるかが勝負になる。

この人たちはデジタル配信も活発に行っているので、そっちに多少は取られているのかもしれない。
 

第2位 SCARLET KNIGHT -水樹奈々

SCARLET KNIGHT

第3位 POP MASTER -水樹奈々

POP MASTER

人気声優歌手、水樹奈々の2枚同時リリース、23枚目&24枚目のシングルがそれぞれ2位と3位に初登場。

女性ソロアーティストによるシングルの2作同時TOP3入りは、99年8月に浜崎あゆみが『A』と『Boys&Girls』で達成して以来、11年8ヵ月ぶりの快挙となる。

というか、女性ソロの2作同時TOP3入りはこれまで藤圭子、松田聖子、浜崎あゆみしか達成しておらず、4人目の記録。

 
初動売上げはそれぞれ5.5万枚5.2万枚

前作『Silent Bible』の初動5.1万枚からともに上昇。

 
2位にランクインした『SCARLET KNIGHT』はMX系アニメ 「DOG DAYS」のOPテーマ。

3位にランクインした『POP MASTER』は日テレ系「第31回高校生クイズ」応援ソングというタイアップ。

売上の差はタイアップの力の差か。

ただし、アニメタイアップがなくても自力で5万台に乗せるセールスパワーは有している様子。

 
なお、この売上差を見るに、多くのファンが2枚セットで買っているものと思われる。

今回は2枚とも「奈々」にかけて777円という低プライスでのリリースになっており、セットで買うことが容易になっている。

 
リリース形態は2枚とも魂のCD1種リリース

商法に頼らず、ここまでの数字を出せるのは声優以外の女性アーティストを含めてみても、最強クラス。

ただ、逆にここらが限界のようにも見える。

 
サウンドスキャンではそれぞれ5.3万枚、5.0万枚。

ほとんど数字が変わらないので、サウンドスキャンで集計外となる即売などイベント関係の売上はほとんどない様子。

 
第4位 ジェットコースターラブ -KARA

ジェットコースターラブ(通常盤)

前週の1位から3ランクダウン。

初動売上げは2.4万枚

前週の初動12.3万枚から大幅ダウン。

いま旬のK-POPの中心的なグループにしては、下落が大きい。

 
累積は2週で14.7万枚を突破。

初週の売上だけで前作の累積は超えているが、ロングヒット度合いでいくと、今回は前作を上回れそうにない。
 

~今日のふといいなぁ~
negai  by 嵐
さよならリグレット  by くるり

« miwaが初のアルバムでいきなりの首位獲得! | トップページ | 人気声優、豊崎愛生が自己最高位大幅更新! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« miwaが初のアルバムでいきなりの首位獲得! | トップページ | 人気声優、豊崎愛生が自己最高位大幅更新! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ