Twitter

  • 私服ツイート

« 新譜出ず…上位は順位膠着状態に | トップページ | 7月新譜チェック!~全週AKB勢リリースあり!~ »

2011年7月 3日 (日)

KARA売上大幅増!SDN48は伸び悩み…

前回記事で4/11付チャートを見終わったので、本日は4/18付チャートに突入です。

まずはいつもどおり、シングルチャートからチェックです。

 
震災の影響でリリースが延期され、新譜ほぼゼロで超えた2週間。

この週はその延期分も登場し、チャート上位には新譜が多く登場。

久しぶりにチェックし甲斐のあるチャートになっています。
 

ではでは、さっそく…

4/18付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!
 

第1位 ジェットコースターラブ -KARA

ジェットコースターラブ(通常盤)

韓国の5人組グループ、KARAの日本3作目のシングルが初登場で1位を獲得!

これが日本では初のシングル首位獲得となる。

なお、海外女性アーティストによるシングル首位は05年4月にBoAが『DO THE MOTION』で獲得して以来、約6年ぶり

また、海外女性「グループ」による初登場シングル首位獲得はオリコン史上初の快挙となる。
 

初動売上げは12.3万枚。前作『ジャンピン』の初動5.5万枚から倍増

2011年第一弾シングル。

昨年の年末の怒涛のメディア出演から解散報道まで手伝ってアルバムがスーパーロングヒットとなっていた。

特に、韓国勢の解散報道は東方神起のときもそうだったが短期的なパッケージ売上増の効果があるっぽい。

人気・知名度が上がったことで初動は倍以上に膨れ上がり、自己最高初動を大幅に更新してきた。

 
リリース形態は【DVD付】、【フォトブック付】、【ボーナストラック付】、【通常盤】で計4種リリース

【通常盤】は他3種のどれもなしというパターンなので、実質3種リリース

ただ、3種でも全映像・音源・グッズを購入でコンプリートするためには絶対に3種すべて買わなくてはならない複数買い促進商法

アイドルなので商法がキツイのは御愛好といったところか。
 

ちなみに、今作は3月23日から4月6日に発売が延期された。

もし、予定通りの日付でリリースされていた場合、マキシマム ザ ホルモンの1位獲得を阻止していたことになる。

 
KARAは先日活動再開を宣言。

どれだけ人気をキープしていけるかに注目だ。

 
第2位 縁を結いて -堂本剛

縁を結いて(特典イベント応募ID 封入なし)

堂本剛のソロ9作目のシングルが初登場で2位にランクイン。

名義はコロコロ変わるが、これで9作連続のTOP10入り。
 

初動売上げは9.1万枚。前作『"RAIN"(Sunday Mornig/音楽を終わらせよう)』の初動6.2万枚から大上昇。

ソロ活動を開始してから早9年が経とうとしているが年々世界観が深化。

さすがにファンもついてこれなくなってきたようで、どんどん数字が落ちていた。
 

ただ、ここで数字が一気に回復。

要因は2つでひとつは商法の強化。

リリース形態は【DVD付】が2種と【CDのみ】が1種で全3種リリース

前作は2種リリースだったのでパッケージ数が1種増えている。

ジャニーズファンを相手にするとただのパッケージ1種増もかなりの売上回復効果を持つ。

なお、DVDは2種で内容が異なり、【CDのみ】にだけカップリング曲が収録されているので、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

まぁ、さすがジャニーズといったところか。

 
初動増の原因のもうひとつはイベントによるもの。

今作3種の初回生産分に封入の応募IDを2枚集めると(CDを2枚買うと)抽選で「堂本剛の
レコーディング社会科見学」へ招待されるというもの。

これによって、普段は1枚で済ますファンも今回は2枚以上買った可能性がある。

 
つまり、人気が回復したわけではないので次回以降、商法・イベントが弱まれば数字はまた元の水準に戻ってしまうと思われる。

 
なお、今作は当初からこの週登場の予定だったが、KARAが殴りこんできたため、1位を逃すことになった。

「堂本剛」名義では連続1位記録を続けていたが、4作目で途絶えることになった。
 

第3位 愛、チュセヨ -SDN48

愛、チュセヨ(Type A)(DVD付)

AKB48のお姉さんグループ、SDN48の2枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

デビューから2作連続の3位獲得。
 

初動売上げは6.4万枚。前作『GAGAGA』の初動6.4万枚と同じ。

実際には400枚ほど増、かつ前作は月曜店着(集計日が1日多い週)だったので、若干伸びているのは間違いない。

とはいえ、AKB関連のユニットが軒並み数字を伸ばしている中で、ほとんど数字が変わらないのは逆に稀。

 
デイリーでは初日だけで5万枚を売上げ、猛烈な1位スタートを見せたが、2日目以降は鬼のような急降下で結局前作と同じラインとなった。

その鬼急降下ぶりは下グラフ。

Photo

このある意味奇跡的な推移からも、一般層にはまったく浸透していないのがあからさま。


リリース形態は【CD+DVD】が2種と劇場盤が1種で計3種リリース

CD収録内容、DVD内容ともに異なるため、複数買い促進商法

また、劇場盤にはイベント参加券を封入。

サウンドスキャンでの今作の売上がわずか1.5万枚というところからも、ほとんどの売上がECサイトでの劇場盤購入分ということがわかる。

 
20歳以上で恋愛あり、既婚者ありという条件が他のAKBアイドルとはかけ離れすぎていて、一般層をまったく取り込めていない様子。

また、現役のAKB本体と掛け持ちするメンバーがひとりもいないのも伸び切れない原因か。

 
第4位 MONDO PIECE -UVERworld

MONDO PIECE

UVERworldの18枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

15作連続のTOP10入り。

 
初動売上げは4.6万枚。前作『No.1』の初動5.2万枚からダウン。

前作同様、東京ドーム公演関連曲。前作が1曲目で今回はエンディング曲となっている。

一般層に訴求できるタイアップでないのは前作と同じだったが、数字はダウンしてしまった。
 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

これも前作と同じ。

アニメなしでもだいたい5万は出ていたが、今回は少し不調。

次回作で復調できるか注目したいところ。

 
~今日のふといいなぁ~
楽園 by andymori
隆福丸  by HY

« 新譜出ず…上位は順位膠着状態に | トップページ | 7月新譜チェック!~全週AKB勢リリースあり!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新譜出ず…上位は順位膠着状態に | トップページ | 7月新譜チェック!~全週AKB勢リリースあり!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ