Twitter

  • 私服ツイート

« 安室奈美恵、2週連続首位獲得! | トップページ | リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… »

2011年8月14日 (日)

フレンチ・キス、デビュー以来最高の勢いで初動10万オーバー!

歳とった。

オールがきつい。

そして、オール明けの1日がきつい…。

 
学生のころは2日連続オールなんてこともやったけど、今やったらきっと3日くらい倒れたままなんじゃないかな。

 
さて、本日もチャートチェックを進めていきます。

前回記事で5/16付チャートを見終わったので、本日から5/23付チャートに突入していきます。

まずはいつもどおり、シングルチャートから。

 
ではでは、さっそく…

5/23付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
第1位 マイホーム  -関ジャニ∞

Photo

関ジャニ∞の17枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

これで4作連続の1位獲得となる。
 

初動売上げは15.8万枚。前作『T.W.L/イエローパンジーストリート』の初動20.1万枚から大きくダウン。

3ヵ月連続リリースの第2弾だが、早くも第1弾から大きく売上を落としてしまった。

また、前々作が初動25.6万枚だったため、2連続で5万ずつ数字を下げていることになる。
 

ダウンの要因は単純に商法の変化にあると思われる。

今作のリリース形態はDVDの有無で2種リリース。【CDのみ】のほうにはカップリング曲を2曲追加収録している。

全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に2枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 
前作はアニメタイアップ&両A面だったこともあり、全3種リリースだったのでパッケージ数が1種減っている。

とはいえ前作はCDの収録内容は3種すべて同じで、今回と同じく2枚買えば音源と映像はコンプできる仕様だった。

それでもこれだけ数字が下がったのは、ジャニファンには「出た枚数だけ買う」文化が根付いているので、内容云々関係なくパッケージ数が減ると売上減に直結するということだろう。

 
今作はメンバーの錦戸主演ドラマ「犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~」の主題歌だったが、当然のようにタイアップ効果はほぼ出ていないと思われる。

一時期、嵐につぐ若手ジャニ2番手の位置まで上がっていったが、この2連続大幅ダウンでNEWSやKAT-TUNとほぼ同じラインになってしまった。

 
第2位 カッコ悪い I love you! -フレンチ・キス

カッコ悪い I love you! (初回盤A)

AKB48の派生ユニット、フレンチ・キスの3枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

メンバーは柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香の3人。

前作に引き続き、ジャニ勢に敗れて1位はお預けになったが、2位は自己最高位タイ。
 

初動売上げは11.3万枚。前作『If』の初動6.7万枚から大幅上昇

AKB48の派生ユニットが初動10万を超えるのは、Not yetに続いて2組目。

 
今回は複数商法が強(狂)化されており、大幅上昇に関してはそれが要因であると思われる。

リリース形態は一般流通が初回盤【CD+DVD】が2種、初回盤【CDのみ】が1種、通常盤【CD+DVD】が2種、通常盤【CDのみ】が1種で計6種。

これに劇場盤が1種あるので、合計7種リリースということになる。

ただ、通常盤の3種類は初回盤とCD・DVDの内容はすべて同じで、ジャケットが異なるだけという仕様。

French_2

 
また、AKB恒例のイベント商法にも火がついており、まず劇場盤が12,000名限定で販売&個別握手会に招待。

一般流通では、初回盤の3種に「イベント参加券」が10,000枚限定で封入されており、当たればミニイベントに参加可能。

かつ、初回盤3種にはそれぞれのジャケットのセンターメンバーとの「2ショットチェキ撮影会参加券」も200枚だけランダム封入されている。

 
最近は人気が過熱したため、他のAKB勢も握手会が抽選制になっているが、ここまでガッチリと枚数が提示されたのは初だと思われる。

よって、前作までのように初回盤を買えば誰でもイベントに参加できるというわけではなくなっており、「会いにいけないアイドル」になってしまっている。

なお、パッケージとイベント内容については公式HPで図解されている。(http://mv.avex.jp/french-kiss/event/assets_c/2011/04/event-251.html

 
抽選を当ててイベントに参加するため、複数買いはかなり横行していると思われ、それも2枚や3枚のレベルではない可能性が高い。

 
サウンドスキャンでは初回盤3種がTOP20入りしており、それぞれ3.8万枚、2.8万枚、1.6万枚。計8.2万枚。

これに劇場盤1.2万枚を足して、9.4万枚でTOP20外に通常盤3種がちょこちょこランクインしていることを想定すると、オリコンとの帳尻も合う。

つまり、ジャケット写真だけが異なりイベント参加券も何も封入されていない通常盤はほとんど売れていないことがわかる。

7種リリースではあるが、実質のところは初回盤3種と劇場盤が売上のほとんどになっている。
 

第3位 Smile  -BUMP OF CHICKEN

【期間限定盤】Smile(DVD付)

BUMP OF CHICKENの20枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで18作連続のTOP10入りとなる。

 
初動売上げは8.6万枚。前作『友達の唄』の初動8.2万枚から上昇。

ここ数作、連続で初動を落としていたが、ここでやっと下げ止まり。

今作は東日本大震災の復興支援チャリティシングルとなっており、急遽リリースが決定。

漫画「スラムダンク」などの著者として知られる井上雄彦とのコラボレーションシングル。

 
井上氏が震災後ツイッター上で子どものイラストをアップしたところ、当該イラストがソフトバンクのCMで使われることに。

井上氏のラブコールを受けて、BUMP OF CHICKENが音楽を担当することになり、そのままリリースまで繋がったといった流れ。

 
したがって、これまでのバンプのシングルとは形式が異なっている点がいくつかあり、まず売り方。

今作は【CD+DVD】で1種リリースとなっている。

バンプのシングルにDVDが付くのはこれが初のことである。

 
また、今作はタイトル曲1曲のみの収録となっており、バンプのCD恒例となっている「隠しトラック」も収録されていない。これも初のことである。

 
デイリー初日段階では前作をさらに下回るスタートだったが、2日目以降粘りを見せ、特に金曜付(デイリー4日目)では数字をぐんと伸ばし1位に浮上するなど、普段とは違うチャートアクションも見せた。

チャリティという面と漫画化とのコラボという面が非常に効いているようで、全体的に普段のバンプとは異なっている。

よって、数字は回復したが、これが人気の回復とは言い切れないところである。

なお、今作のCDや着うた等の売上の全収益は東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じ被災者へ寄付される。

 
~今日のふといいなぁ~
彼女の"Modern…"  by GLAY
若者のすべて by フジファブリック

« 安室奈美恵、2週連続首位獲得! | トップページ | リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安室奈美恵、2週連続首位獲得! | トップページ | リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ