Twitter

  • 私服ツイート

« リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… | トップページ | Perfume伸び止まらず!4作連続の最高初動更新! »

2011年8月17日 (水)

BIGBANG、アジア男性アーティスト3組目のアルバム首位獲得!

夏休み終わりました。

寝て目が覚めたら仕事です。

体力も回復したし、頑張ってやるぜ。

さて、チャートチェックも頑張ります。

前回記事で5/23付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートに突入です。

 
ではでは、さっそく…

5/23付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

  
第1位 BIGBANG2 -BIGBANG

BIGBANG2 通常盤

韓国出身の5人組男性グループ、BIGBANGの日本2枚目のアルバムが初登場で1位を獲得!

シングル、アルバム通じてこれがグループ初のオリコン1位獲得となる。

また、アジアの男性アーティストによるアルバム1位獲得は東方神起、JJYに続き史上3組目の快挙。
 

初動売上げは6.5万枚。前作「BIGBANG」の初動2.8万枚から大幅上昇

一気に2倍以上に数字を伸ばしてきた。
 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

ただ、CDだけでなく、DVDも収録内容は同じ。

【CD+DVD】の2種ではおまけが携帯ストラップとマグネットで異なっている。
 

音源と映像だけなら、1枚買えば事足りるが、グッズまでコンプしようとすると2枚買う必要がある複数買い促進商法

韓国勢にしては商法が穏やかで、この程度だとあまり複数買いが発生していない可能性が高い。

 
サウンドスキャンでは【CD+DVD+ストラップ】が最も売れていて4.8万枚。

【CD+DVD+マグネット】はたった0.9万枚なので、ほとんどのファンがストラップを選んだことになり、かつ複数買いはMAX0.9万枚分しか起きていないと考えられる。

 
いまの韓国勢の勢いはハンパないが、KARA、少女時代など女性グループに比べて男性グループはあまり伸び切れていない印象がある。

KARAや少女時代には同姓ファンがかなりいる、逆にそっちが多いくらいの印象だが、男性グループに同姓ファンはほとんどいないと思われる。その差か。

 
この人たちに関しては、結構古株なのですでにファンが固定化されてしまっている可能性も。

これが伸びの途中なのか、それともまだ伸びる余地があるのか。今後の展開次第と言えそうだ。
 

第2位 Checkmate! -安室奈美恵

Checkmate! [ベストコラボレーションアルバム](DVD付)

前週の1位から1ランクダウン。

1位→1位→2位という推移で、3週連続のTOP3入り。

 
週間売上げは4.4万枚

前週の8.3万枚から半減以上で持ち堪えている。

 
ここ数年のレベルからすると、初動25万からの2週目がこのくらいでもおかしくないので、やはり粘りが凄い。

累積は3週で38万枚を突破。

この調子で売上を重ねれば、年間チャートでもかなり上位に位置するのは間違いなさそうだ。
 

第3位 ADVENTURE -ナオト・インティライミ

ADVENTURE(通常盤)

男性シンガーソングライター、ナオト・インティライミの2枚目のアルバムが初登場で3位にランクイン。※別名義除く

シングル、アルバム通じてこれが自身初のTOP10入り。

 
初動売上げは2.1万枚。前作「Shall we travel??」の初動1.0万枚から倍以上に上昇。

ミスチルの09年ライヴのサポートメンバーになったことで知名度が上がる中、昨年5月のシングル『タカラモノ~この声がなくなるまで~』が配信、パッケージともにヒット。

続く、この名義での1stアルバム「Shall we travel??」も初動で1万枚を超え、CDショップ大賞にノミネートされたこともあり累積は3万近くまで伸ばしていた。
 

その後のシングルはパッケージは伸び悩んだものの、デジタル配信で毎回ヒットを記録。

特に、『今のキミを忘れない』は北川景子出演のCMソングに起用されたこともあり話題となっていた。

 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース。CDの収録内容も同じ。

今作リリース前に、Mステ等複数の番組で注目のアーティストとしてプッシュされていたのが効いたか。
 

太陽を意味する名前の通り、希望や明るさを表現した楽曲が多いので、現在需要はある方だと思われる。

今後も配信では結果を残せそうなので、勢いのあるうちにシングルまで手を出すファンを何とか増やしたいところ。

 
以下、ピックアップ。

第7位 1PIKO -PIKO

【特典マウスパッド付き】1PIKO(初回限定盤)(DVD付)

ニコ動出身の男性ソロアーティスト、PIKOの1stアルバムが初登場で7位にランクイン。

 
初動売上げは1.1万枚

ソニー系ということで先行シングル3作のうち、直近2作がアニメタイアップ。

最も直近のシングル『桜音』は初動0.9万枚を記録し、初のTOP10入りも果たしていた。

 
もともとニコ動出身だが、メジャーデビュー後はアニメタイアップが多く、出演する番組も「Vの流儀」であったり、どちらかというとV系寄りなプロモーションとなっていた。

何となくニコ動出身という面を強みとして捉えていないような印象で、逆に隠しているような感じ。ニコ動からのファンは残っているのだろうか。
 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース。CDの収録内容は同じ。

プロモーションがV系寄りだったので、売れ方もかなりV系に近く、アルバムになっても大きく数字が変わらず。

V系ファンは熱狂的なので、固定ファンとしては扱いやすく安定するのだが、それ以上の伸びはなかなか難しくなる。

 
まだ1作目なので、今後ソニーがどういったプロモーションをするかで変わってきそう。

何となくアニメタイアップ連発な予感はするが…。
 

 
また、この週、アルバムが1万枚を超えたのはこの7位PIKOまで。

8位以降は1万枚割れとなってしまっている。

 
シングルが12位まで1万枚を超えているので、アルバムのほうが圧倒的に売上水準が低かったことに。

シングルの売上ダウン以上に、アルバムの売上ダウンは深刻な印象を受ける。

 
~今日のふといいなぁ~
宇宙 by スガシカオ
Scenes by 9mm Parabellum Bullet

« リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… | トップページ | Perfume伸び止まらず!4作連続の最高初動更新! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リリースラッシュで潤う上位&ぱすぽ☆2週目は… | トップページ | Perfume伸び止まらず!4作連続の最高初動更新! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ