Twitter

  • 私服ツイート

« 西野カナ1位獲得! 「銀魂」は再び強さ見せる! | トップページ | ラルク、約13年ぶりにTOP3逃す »

2011年10月17日 (月)

ハイレベルなTOP3! オール初動10万超え!

前回記事で7/4付チャートを見終わったので、本日からは7/14付チャートに突入です。

ではでは、さっそく…

7/11付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!
 

第1位 OVER -Hey!Say!JUMP

Hsj

Hey!Say!JUMPの7枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

これでデビューから7作連続と1位獲得となる。

初動売上げは26.5万枚

前作『「ありがとう」~世界のどこにいても~』の初動15.1万枚から大幅上昇

10万枚以上も数字を伸ばし、初動だけで前2作の累積売上を上回る好調ぶり。

 
前作で自己最低初動を記録していたが、そこから一転、今度はこのタイミングで自己最高初動をマーク。

ジャニーズ恒例のバレータイアップだったデビュー作の初動24.7万枚も上回った。

 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】で全3種リリース

2種類のDVDは内容が異なっており、【CDのみ】にはカップリングを追加収録。

全音源、映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 
これまでは基本的に2種リリースで、3種リリースはデビュー作以来。

ただ、デビュー作は同じパッケージ数でもその内容は異なっており、3枚買い促進は今回がデビュー以来初となる。

 
これに加え、今回は複数買いを助長する施策を複数用意。

CDの帯に記載されたコードを特設サイトで入力するとメンバーによる着信メッセージが1つダウンロードできる(全30種)。

加えて、発売週の3日間限定でCD購入者にポスターを1枚プレゼント。

ジャニーズアイドルのポスターが配布されるのはかなり珍しいことで、通常のアーティストでは考えられない売上向上効果があるのは過去のTOKIO等の例で実証されている。

 
同発に、前作が初動10万越えのKARA、勢いがあり何を起こすかわからないAKB派生ユニットがスタンバイしているため、リミッターを解除して完全に勝ちにいったと見ていいだろう。
 

また、今作リリースの2日前にはメンバー1人の喫煙による無期限活動休止報道が流れた。

今作にはその問題のメンバーも参加していたが、CDはそのままリリース。

「過去の喫煙」なので、情報のリークを敢えて今作発売週にぶつけて、狂信的なファンに購入のインセンティブを与えた可能性もある。

 
先述の通り、今作は複数の施策や報道が組まれていたための急上昇と思われ、次回作は普通に数字を落とすものと思われる。

なお、KAT-TUNやNEWS、関ジャニ、そしてKinKi Kidsのセールスパワーが軒並み初動15万あたりで並んだので、ぶっちぎりな嵐を除くと、このHey! Say! JUMPがトップいうことになる。

 
第2位 GO GO サマー!  -KARA

GO GO サマー!(初回限定盤A)(DVD付)

韓国の5人組女性グループ、KARAの日本4枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入り。

 
また、海外女性アーティストによる2作連続での初動10万枚突破はオリコン史上初の快挙となる。

ちなみに、男性アーティストだと東方神起が達成している。

 
初動売上げは11.4万枚。前作『ジェットコースターラブ』の初動12.3万枚からダウン。

2作連続で物凄い勢いで数字を伸ばしていたが、ここでストップ。

 
リリース形態は【CD+DVD】、【CD+フォトブック】、【CD+ボーナストラック】、【CDのみ】で計4種リリース

全音源、映像、グッズをコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

商法は前作と変わっていないので、単純に人気上昇もここらが限界ということなのか。
 

なお、この数字で1位を取れなかったのはちょっと不運。


第3位 唇 触れず… -ノースリーブス

唇 触れず・・・

AKB48の小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみの3人からなる派生ユニット、ノースリーブスの7枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで6作連続のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは10.0万枚。前作『Answer』の初動8.2万枚から上昇。

ついに初動を10万台に乗せ、自己最高初動を2作連続で更新

AKB本体の勢いそのままに数字を伸ばし続けている。

 
リリース形態は【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が1種で計4種リリース

DVDの内容はすべて異なっており、【CD+DVD】はすべてカップリングが異なっている(3人のソロ曲を3種に分散収録)。

【CDのみ】にだけ収録の音源はないが、こちらにだけ生写真封入。

 
全音源と映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

生写真にも手を出すなら【CDのみ】も買わなくてはならず4種買い促進にもなりえる。
 

また、AKBお得意のイベント商法も健在。

市販の【CD+DVD】3種にはそれぞれイベント参加抽選券を封入。

かつ、キャラアニ(ECサイト)で購入したものに限り、握手会抽選券を付属。

音源や映像、生写真を超えて、抽選式のイベント商法に向かっていくファンは相変らず4枚どころじゃ済まない可能性が高い。

 
なお、パッケージ商法もイベント商法も前作とほぼほぼ同じやり方。

それで数字が上がっているので、まだ人気は上向きの様子。

 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】の高橋みなみ盤が2.2万枚、小嶋陽菜盤が2.1万枚、峯岸みなみ盤が1.5万枚で計5.8万枚

握手会目当てのECサイト購入が4万枚近くある計算になる。

ちなみに、総選挙では小嶋(6位)、高橋(7位)だが、CDの売上は高橋が上になっている。
 
 

なお、KARA同様、この数字で1位を取れないのは相当運が悪い。

なぜこの週に3曲も10万超えが固まってしまったのだろう。
 

また、1位ジャニアイドル、2位韓国アイドル、3位秋元アイドルと昨今のチャートを象徴するようなメンツにもなっている。
 

~今日のふといいなぁ~
スローモーションをもう一度 part. 2 by Base Ball Bear
Hey! みんな元気かい?  by KinKi Kids

« 西野カナ1位獲得! 「銀魂」は再び強さ見せる! | トップページ | ラルク、約13年ぶりにTOP3逃す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西野カナ1位獲得! 「銀魂」は再び強さ見せる! | トップページ | ラルク、約13年ぶりにTOP3逃す »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ