Twitter

  • 私服ツイート

« Not yet、KARA、ももくろ…女性アイドルがTOP10占領! | トップページ | 板野1位獲得も売上暴落…マルモリは爆上げ! »

2011年10月28日 (金)

嵐が2011年アルバム最高初動マーク!

前回記事で7/18付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートに突入です。

7/18付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 
第1位 Beautiful World -嵐

Arashi

嵐の10枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

前作から約11ヵ月というショートスパンでのリリースとなっている。
 

初動売上げは63.1万枚。前作「僕の見ている風景」の初動73.1万枚からダウン。

前々作のベストアルバム「All the BEST!1999-2009」、前作「僕の見ている風景」に続き、アルバムの初動50万枚突破は3作連続

3作連続初動50万枚突破は、07年3月にMr.Childrenが「HOME」で達成して以来、約4年4ヵ月ぶりの快挙

 
また、初動63.1万枚はAKB48「ここにいたこと」の初動60.2万枚を上回り、2011年アルバム最高初動となる。

シングルではAKB48に大きく差をつけられ王座を譲っているが、アルバムではまだ嵐が最強の座に君臨している。
 

リリース形態はパッケージとブックレットが豪華な初回盤と通常盤で2種リリース

2種の違いはパッケージとブックレットだけで音源に違いはなし。

2種とも【CDのみ】なので、映像はそもそもなし。よって、実質CD1種リリース。

複数買い促進性ゼロのジャニーズとしては奇跡に近い売り方。前作もこの売り方だった。
 

シングルがだいたい50万台半ばで固定で、それ以上の伸びはなく、物凄い高い数字ではあるが頭打ちになっていた。

かつ、前作はCD2枚組だったので、豪華さは前作のほうが上。

シングルではAKBに「圧倒的数字」というお株を完全に奪われており、若干影が薄くなっていたことも考慮して、このくらいの数字ダウンは仕方がないといったところか。
 

前作は今作より+10万枚高いスタートで、累積を111万枚まで伸ばし、2010年年間1位の座を手にした。

ミリオン突破は若干難しそうだが、年間1位は今年も嵐で決まりかもしれない。

 
第2位 ボーン・ディス・ウェイ -レディー・ガガ

ボーン・ディス・ウェイ

前週の3位から1ランクアップ。

前週、約1ヵ月半ぶりにTOP3に返り咲きしていたが、ここにきてさらに順位アップ。

週間売上げは3.2万枚

売上は前週の5.4万枚からダウン。

 
前週、当週のタイミングでガガが来日しており、報道はじめその来日効果で売上が急上昇した様子。

話題の人は来日しただけでもここまで売上が伸びるものなのか。
 

累積は43.2万枚を突破。完全に洋楽勢ではこの人がトップに君臨している。
 

第3位 Thank you,Love -西野カナ

Thank you, Love

前週の2位から1ランクダウン。

3週連続のTOP3入り。

 
週間売上げは2.9万枚

前週の6.0万枚からダウン。昨年の前作のような粘りは感じられない。

 
累積は3週で26.7万枚を突破したものの、まだ前作の初動29万枚にすら届いていない。

配信市場でのヒットからパッケージでのビッグヒットに繋がった数少ないケースが彼女だったのだが、「人気の持続性」という点では不安点を残す結果になっている。
 

以下、ピックアップ。

第6位 EXIT TUNES PRESENTS Vocalonation feat.初音ミク -Various Artists

EXIT TUNES PRESENTS Vocalonation(ボカロネイション) feat.初音ミク(ジャケットイラストレーター 左) 【数量限定オリジナルストラップ付き】

人気ボーカロイド「初音ミク」等をボーカルに用いた楽曲を集めたコンピレーションアルバムが初登場で6位にランクイン。
 

初動売上げは2.0万枚

前作「EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus feat.初音ミク」の初動3.1万枚から大きくダウン。

前作は年始の低レベル週にリリースされたこともあり、ボーカロイド作品2作目の週間1位まで獲得していたが、今回は勢いが鈍い。

前作が好評すぎたのか、それとも一時期一部で盛り上がったボーカロイド界隈も落ち着いてきたのか。

 
リリース形態はCD1種リリース

一部の熱狂的なファンだけが購入していると思われるので、パッケージを増やせば増やすだけ売上を伸ばせそうだが、ファン層は「商法」というものを毛嫌いするタイプでもありそうなので、そこのバランスが難しそう。

とりあえず、次回作の動向で実際のセールスパワーを測ることができそうだ。
 

第8位 大発見 -東京事変

大発見

前週の1位から7ランクダウン。

週間売上げは1.9万枚

前週の初動8.2万枚から大きくダウン。

 
ファンはかなり固定化されているようで、ライト層への訴求度はかなり低い様子。

一気にダウンして、3週目の西野カナ、4週目のSuperflyどころか、6週目の少女時代より下になってしまっている。
 

累積は2週で10.1万枚を突破したところ。

前作は初動10.7万枚→2週目3.0万枚だったので、下落率は今回の方が高くなっている。


 

~今日のふといいなぁ~
C.h.a.o.s.m.y.t.h. by ONE OK ROCK
群青日和 by 東京事変

« Not yet、KARA、ももくろ…女性アイドルがTOP10占領! | トップページ | 板野1位獲得も売上暴落…マルモリは爆上げ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Not yet、KARA、ももくろ…女性アイドルがTOP10占領! | トップページ | 板野1位獲得も売上暴落…マルモリは爆上げ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ