Twitter

  • 私服ツイート

« いざ年末商戦へ!11月リリースアルバムチェック! | トップページ | 11月新譜チェック!~嵐登場! ジャニーズ新ユニットはぺラオと勝負!~ »

2011年11月 1日 (火)

JUJUがオリジナル初の週間1位! 嵐は2週目暴落に…

11月になりましたが、とりあえず本日はチャートチェックを進めます。

新譜(シングル)チェックは次回記事で行います。
 

前回記事で7/25付オリコンシングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

7/25付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!
 

第1位 YOU  -JUJU

YOU

JUJUの4枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得!

2作連続の1位獲得だが、オリジナルアルバムでの週間1位獲得はこれが初となる。

 
初動売上げは11.2万枚

カバー集だった前作「Request」の初動12.9万枚からダウン。

 
前作のカバー集で自己最高初動を叩き出し、累積でも最大のヒットになっていた。

カバーで売れすぎると徳永英明のように「カバーでしか売れない」パターンに陥る可能性もあった。

しかし、この人の場合は逆に存在感を見せることに成功したようで、前々作のオリジナル「JUJU」の初動4.8万枚の倍以上の数字を叩き出してきた。

 
先行シングルはフジ系列のドラマ主題歌になった『この夜を止めてよ』と『また明日…』の2曲がタイアップ効果で1万台後半という高い数字を出し、ロングヒットをマーク。

ただ、それ以外のシングルは0.5万枚付近で、売上差がはっきりと出ていた。

 
「シングルまで買わないけどアルバムは買う」というアルバム待ちレベルのファンがかなり付いているようで、シングルの10倍近い数字が出ている。

昔の中島美嘉ほどではないものの、かなりのアルバム型アーティストになっていると言える。

リリース形態は前作のカバー集と同じく、魂のCD1種リリース

なお、前回のオリジナルは【2CD】と【1CD】で2種だった。

 
複数商法を使わず、初動で10万枚を超えられるアーティストはほとんどおらず、ここで一気にJUJUがトップレベルのセールスパワーを見せつけたことになる。

ただ、複数商法を使っていてもこの人の場合、複数買いするまでの強固なファンがついていないので、そこまで数字は変わらなかったと思われる。

 
サウンドスキャンでは1位で11.2万枚

アイドルのようなイベントはしないし、パッケージも1種なので、オリコンとの乖離はほとんどない。

逆に、オリコンとサウンドスキャンの数字に大きな差異を生じさせる作品は確実に裏で何かあるということである。
 

第2位 Beautiful World -嵐

Arashi

前週の1位から1ランクダウン。

週間売上げは6.8万枚。前週の初動63.1万枚から大暴落

アルバムにもかかわらず、一気に9分の1以下になってしまった。
 

なお、前作は2週目でも12.5万枚出していた

たしかに前作は初動も10万枚ほど高かったのだが、前作と同等の下落率で済んでいれば今作も2週目10万枚オーバーできているはずだった。

今作リリースまで2011年のアルバム最高初動だったAKB48の「ここにいたこと」の2週目が7.5万枚だったので、なんと今回の嵐はAKB以下の粘りだったことになる。

 
累積は2週で69.8万枚を突破し、年間1位獲得に向けてAKB48を猛追といった構図にはなってはいるが、これではミリオン突破は不可能と思われる。

シングルもアルバムも初動での数字はそこまで大きく落ちてはいないが、カオス的人気のピークは過ぎてしまっているのかもしれない。

 
第3位 ボーン・ディス・ウェイ -レディー・ガガ

ボーン・ディス・ウェイ

前週の2位から1ランクダウン。

しかし、これで発売から1ヵ月半ほど経って3週連続のTOP3入り。

週間売上げは4.7万枚

順位は下がったが、売上は前週の3.2万枚から大きく伸びている。

 
来日に合わせて、一気に売上を回復させてきたのが、2週前で5.4万枚。

そして、前週3.2万枚で当週4.7万枚。

チャートアクションにまったく規則性がなく、その週その週の報道の量で売上が上下したと思われる。

 
売上は上下しているが、基礎値がかなり高いロングヒットとなっており、累積は47.9万枚を突破した。

初動18.4万枚ではじまったとは思えない累積で、かつここまで伸ばしていてまったく失速する気配がないという奇跡的な推移である。

本当にライト層を取り込んでブームになっている人は、このご時世でもこんなチャートアクションをするのかと驚くしかない。

 
以下、ピックアップ。

第6位 ex Negoto  -ねごと

ex Negoto

ソニーの若手ガールズバンド、ねごとの2枚目のアルバムで初のフルアルバムが初登場で6位にランクイン。

シングル、アルバム通じて初のTOP10入りとなる。

 
初動売上げは1.5万枚。ミニアルバムだった前作「Hello! "Z"」の0.4万枚から大幅上昇。

先行シングル『カロン』がau LISMOのCMソングに起用されたことで、バンドの知名度が一気に上昇。

そんな折のリリースということで一気に数字を伸ばしたが、そのシングル『カロン』も初動0.9万枚出していたので、アルバムでもう少しガツンときてもよかった気がする。

ここで簡単にガツンといかないのが現在のパッケージ市場の厳しさでもある。
 

リリース形態は魂のCD1種リリース。ただし、初回盤はデジパック仕様。

DVD付さえも出さない音楽一本勝負。

まぁ、まだ固定ファンがほとんど付いていない状態では複数出してもそれを買う人がいないので、この売り方で正解だと思われる。

 
シングルで軽く当てて、アルバムもそこそこヒット。

注目はここからの展開。

ソニーなのでアニメドーピングで一気にチャート上位に持ってくることは可能だが、果たしてこのバンドにもそれを使ってくるのだろうか。

 
~今日のふといいなぁ~
ドキドキ(「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」) by 真心ブラザーズ
勝手にしやがれ(「The Hit Parade」) by TAK MATSUMOTO Feat. 稲葉浩志

« いざ年末商戦へ!11月リリースアルバムチェック! | トップページ | 11月新譜チェック!~嵐登場! ジャニーズ新ユニットはぺラオと勝負!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いざ年末商戦へ!11月リリースアルバムチェック! | トップページ | 11月新譜チェック!~嵐登場! ジャニーズ新ユニットはぺラオと勝負!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ