Twitter

  • 私服ツイート

« 福山雅治、男性ソロ歴代No.1に! | トップページ | さよなら2011年 »

2011年12月30日 (金)

マルモリ、とうとう15週連続のTOP10入り!

もう今年もついにあと1日。

年末は長時間の特番連発ということで、先日おとなしくHDの整理をして。

 

「Mステ」の良かったシーンだけ切り取って保管しているのがかなりの量になっていたので、整理しながらつまみ食いしていたんですが。

2月25日の放送の雰囲気がとても良くて、見入ってしまいました。

 

病気から復帰後の桑田佳祐、aiko、ゆず、嵐。たった4組。

ただ、この4組の雰囲気があったかくて。

階段を下りてきた桑田さんに皆から花束、aikoと松潤からキス。

ほんわか~。

 

桑田さんは「銀河の星屑」と「月光の聖者達」を披露するんですが、もう鳥肌。

で、2曲終わった直後には、大号泣するaikoが映る。わかる、わかるよ。これはやばい。

 

"現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい"( 「月光の聖者達」)

とても素敵なフレーズだね。

 

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で9/12付シングルチャートの第4位までを見終わったので、本日は5位以降をチェックしていきます。

 

ではでは、さっそく…

9/12付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第5位 CALL/I4U -AAA

Aaa

AAAの29枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これで12作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.5万枚。前作『No cry No more』の初動4.7万枚からダウン。

今作は2週後にベスト盤のリリースを控えての先行シングル。

ここ数作ずっと4万台後半で超安定だったAAAだったが、今回はやや大きく数字を下げてしまった。

 

リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が2種、【mu-moショップ限定盤】が2種で合計6種リリース

前作は一般流通の【CDのみ】が1種のみで5種だったが、今回は「テニプリ」タイアップの影響で1種増えている。

 

とはいえ、増えているのはテニプリ仕様のパッケージで、AAAファンとテニプリファンはほとんど被っていないと思われる。

先行シングルという面をカバーできるような効果はなかったようだ。

 

まずは次に通常シングルになったときに、元の水準まで戻すことがマストといえそうだ。

 

第6位 REMEMBER THE URGE -the GazettE

Gaze


V系バンド、the GazettEの20枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

これで13作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.3万枚。前作『VORTEX』の初動は2.4万枚だったので上昇。

前作はソニーでメジャーデビューしてからの最低の初動となっていたが、ここで復調。

前々作の初動3.6万枚には及ばないが、リリース形態を考慮すると今回はかなり好調だとわかる。

 

リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】で2種リリース

【CDのみ】にはボーナストラックとして新曲が追加収録されている。

 

前々作は3種だったので、今回2種で前々作の初動に迫っていることになり、やけに好調だといえる。

V系ファン以外にも訴求しはじめてファンが増えているということなのか。

その判断のためには、もう1作くらい様子を見たいところだ。

 

第7位 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%アイドルソング 一ノ瀬トキヤ(七色のコンパス) -一ノ瀬トキヤ(宮野真守)

Utano

アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」関連シングルが初登場で7位にランクイン。

当該アニメに登場するキャラクターである一ノ瀬トキヤ(声優:宮野真守)のソロ楽曲を収録したシングルとなる。

 

初動売上げは1.5万枚

前作は前週チャートインしていた『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%アイドルソング 四ノ宮那月(オリオンでSHOUT OUT)』の初動1.4万枚から微増。

7月27日から毎週キャラソンがリリースされ、これが6週目の作品。

前週のシングルがこのアニメのキャラソンとしては初のTOP10入りをしていたが、今回さらに最高位を更新。

 

キャラソンによって順位が変わるのは、アニメ内でのそのキャラの人気と、歌っている声優の人気に差があるためと思われる。

前週の谷山紀章も名の知れた声優で、今回の宮野真守も過去にさまざまなアニメ関連作でTOP10ヒットを飛ばしている声優である。

 

リリース形態は魂のCD1種リリース

多くのアーティストが1万枚出せずにいる中で、特にプロモーション等もせずに軽々とこれくらいの数字を出せるのだから商売としてはいいモデルである。

 

第8位 Misty Mistery -GARNET CROW

Garnet


GARNET CROWの33枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

TOP10入りは2作ぶり、14作目となる。

 

初動売上げは1.2万枚。前作『Smiley Nation』の初動0.9万枚から上昇。

今回はビーイングの代名詞ともいえるアニメ「名探偵コナン」OPテーマとなっている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

【CDのみ】にはカップリングを1曲追加収録しており、複数買い促進商法となっている。

09年に一度収録曲違いに手を染めているが、それ以降はずっとこの手の商法は使っていなかった。

 

今回の上昇は、この2枚買わないと全音源と映像が揃わない仕様によることと、僅かながら「コナン」効果が出たためと思われる。

次もこの複数商法を使ってくるか注目したいところ。

 

第10位 マル・マル・モリ・モリ! -薫と友樹、たまにムック。

マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)

前週の9位から1ランクダウン。

これで15週連続のTOP10入りを達成。

2週連続TOP10入りさえできない作品がうじゃうじゃあるこのご時世に、信じられない記録だといえる。

 

週間売上げは1.1万枚

さすがに週間売上はかなり下がってきたが、発売から4ヶ月以上経ってまだ1万枚以上を売り上げているキープ力はすごいの一言。

累積は42.2万枚まで到達。

アイドル勢を除くとぶっちぎりの年間1位ということになる。

連続TOP10入り記録は翌週は続くのか。それはまた後日。。。

 

~今日のふといいなぁ~
また君に番号を聞けなかった by ゴールデンボンバー

« 福山雅治、男性ソロ歴代No.1に! | トップページ | さよなら2011年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福山雅治、男性ソロ歴代No.1に! | トップページ | さよなら2011年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ