Twitter

  • 私服ツイート

« ミリヤベスト1位獲得!久保田利伸は8年8カ月ぶりにTOP3! | トップページ | マルモリ、ついにポニョ超え! »

2011年12月 3日 (土)

Kis-My-Ft2、デビュー作が猛烈スタートに!

んー、IEをバージョンアップしたら、何だかココログの動作が微妙だ…。

 

さて、前回記事で8/15付チャートを見終わったので、本日は8/22付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートからチェック。

この週はジャニーズユニットのデビュー曲が登場。注目を浴びました。

ではでは、さっそく…
 

8/22付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 
 
 

第1位 Everybody Go -Kis-My-Ft2

Kmf2

ジャニーズの7人組グループ、Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)のデビューシングルが初登場で1位を獲得!

男性グループのデビュー作での1位獲得は同じくジャニーズの「中山優馬 w/B.I.Shadow」が記録して以来、およそ2年ぶりとなる。

前身ユニットは2004年デビューであり、デビューから7年以上経ってのCDデビューとなる。

 

 
初動売上げは31.6万枚

デビューシングルでいきなり初動30万台の大台に乗せる猛烈なスタートとなった。

デビューシングルの初動30万枚突破はKAT-TUNが06年3月に『Real Face』で記録して以来、5年5ヵ月ぶりの快挙

なお、初動31.6万枚はオリコン史上でもKAT-TUN『Real Face』(初動75.4万枚)、嵐『A・RA・SHI』(初動55.7万枚)に次いで歴代3番目の記録となる。※ソロデビュー除く

 

なお、NMB48『絶滅黒髪少女』の初動21.8万枚を抜いて、2011年デビュー組の最高初動にもなっている。
 

 
 

いきなり記録尽くめのデビューとなった今作。

ジャニーズでこのグループの前にCDデビューしたのがNYCでデビュー曲は初動17.6万枚。

その前がHey! Say! JUMPで初動は24.7万枚だったので、そのどちらも大きく上回るデビューになっている。

もともとジャニファンの中では高い知名度を誇り、デビューが待たれていたグループだけに、ジャニファンの文化のひとつ「ご祝儀買い」が発動した可能性も高く、いきなり数字が高騰したと思われる。

 

 
リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種、【Kis-My-Ft2 SHOP限定盤】が1種で合計4種リリース

2種類のDVDは内容が異なり、【CDのみ】にだけ収録の音源もあり。複数買い促進商法

【Kis-My-Ft2 SHOP限定盤】は7人のメンバーそれぞれの仕様が用意されており、特典が異なっているので、実質のところ10種リリースとも言える。

 

サウンドスキャンでは一般流通の3種がTOP3を独占しているが、売上合計は16.8万枚

オリコンとの乖離は15万枚近くあり、かなりの誤差が発生していることから、サウンドスキャンで集計対象外になっている【Kis-My-Ft2 SHOP限定盤】(ECサイト購入)がかなり売上を引っ張っているようなので、10種リリースの効果はかなり出ていると思われる。

 

ここ最近はジャニーズに限らず、デビュー作が最高売上で2枚目以降はそれを超えられないパターンが多い。

彼らもそのパターンに当てはまってしまうのか。

2作目以降のチャートアクションに注目である。
 

 

第2位 Cry -DiVA

Diva

AKB48の派生ユニット、DiVAの2枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

2作連続のTOP3入り。2位は自己最高位となる。

初動売上げは5.6万枚。前作『月の裏側』の初動7.4万枚からダウン。

2作目にして早くも数字を大きめに下げてしまった。

 

リリース形態は一般流通の【CD+DVD】が3種と【劇場盤(mu-moショップ限定盤)】が1種で計4種リリース

前作は【CD+DVD】が6種(収録内容同じでジャケのみ違う3種)、【劇場盤】が1種で計7種リリースだったので、商法はかなり緩くなっている。

今回の数字ダウンにもこのパッケージ減少の影響が直結していると思われる。

 

イベント商法は健在で、一般流通の3種にリリース記念イベント参加券を封入し、【劇場盤】には握手会参加券を封入。

まぁ、AKB勢の一般的なイベントレベルといった感じ。

 

サウンドスキャンでは一般流通の3種のみがTOP20入りし、合計3.1万枚。

オリコンとの差異は2万枚弱が劇場盤の売上と思われる。

やはり握手狙いの固定ファンはかなりいる様子。

 

7月に入ってからAKBの派生ユニットが軒並み数字を下げているが、このユニットに関してはリリース条件がかなり違うので、単純に人気が下がったとは判断しにくい。

 

 

第3位 君だけは離さない -超新星

Kimidake


第6位 メキ☆ラブ -超新星

Mekirabu

韓国の6人組男性グループの12枚目、13枚目のシングルが初登場で3位と6位にランクイン。

TOP10入りはこの2作を含めて通算9作目となる。

 

初動売上げは3.6万枚2.1万枚

前作『クリウンナレ -キミに会いたくて-』の初動5.4万枚からいずれもダウン。

 

リリース形態は『メキ☆ラブ』が【CD+DVD】、【CD+アナザージャケット】、【CDのみ】で計3種リリース

『君だけは離さない』にはこの3種に【CD+BOOK】のローソン限定盤が存在で、計4種リリース

 

それぞれの一般流通3種には収録曲違いがないが、ローソン限定盤にのみ収録の音源あり。

『君だけは離さない』は収録内容が異なるので完全に複数買い促進商法

 

ただ、2作品とも一般流通3種には「シリアルナンバー入り2タイトル連動特典応募券」が封入されているので、2作品セットで買うことが促進されている

なお、ローソン限定盤にだけ異なるイベントの参加券が封入されているので、2作品で大きく売上差が出たのは、ローソン限定盤の有無の影響と捉えていいだろう。

 

前回は3種購入促進施策が組まれていたので、1作品で3枚買うファンが大勢いたようだが、今回は2作品購入促進施策なので、売上が分散され、結果的に2作品とも前作割れになったようだ。

とはいっても、前々作は初動1.3万枚だったので短期間で人気が伸びたのは確かだと思われる。

 

この1年で一気に増えた韓国の男性グループだが、そっちにファンを取られることなく、うまく人気の波に乗っている。

ただこれ以上伸びて、東方神起レベルまでもっていくのはなかなか難しそうである。

~今日のふといいなぁ~
レーザービーム (Album-mix)(from「JPN」) by Perfume
サンタさん(from『労働賛歌』) by ももいろクローバーZ

« ミリヤベスト1位獲得!久保田利伸は8年8カ月ぶりにTOP3! | トップページ | マルモリ、ついにポニョ超え! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミリヤベスト1位獲得!久保田利伸は8年8カ月ぶりにTOP3! | トップページ | マルモリ、ついにポニョ超え! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ