Twitter

  • 私服ツイート

« NMB48が2作連続首位! 順位も売上も記録尽くめ! | トップページ | 斉藤和義、デビュー19年目で初のTOP3入り! »

2012年2月19日 (日)

韓国バンド、CNBLUEがメジャーデビューで初動爆上げ!

前回記事で10/31付シングルチャートのTOP3を見終わったので、本日は4位以下をチェックしていきます。

 
ではでは、さっそく…

10/31付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!
 

第4位 In My Head -CNBLUE

Cnblue

韓国出身の男性4人組バンド、CNBLUEのメジャーデビューシングルが初登場で4位にランクイン。

これが自身初のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは7.1万枚。前作「RE-MAINTENANCE」の初動0.4万枚から爆上げ。

前作まではインディーズでのリリースで、今回がメジャー第一弾シングルということになるが、数字の伸び方が尋常じゃない。

同じ韓国出身のバンドに、FTIslandがいるが、彼らの初動が3万台なので、今回のCNBLUEはデビュー作にして大変な数字を出してきたことになる。

バンドという括りどころか、韓国のダンス系ユニットを含めても、いきなり韓国勢トップクラスの出足に。

 
リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】で2種と【ローソン限定盤】が1種で計3種リリース

CDの収録内容は全種統一。

【ローソン限定盤】はパッケージの仕様が異なり、オリジナルポストカード5枚セットが封入。

DVDとポストカードをコンプするためには2枚以上買わなくてはならない複数買い促進商法

ただ、他の韓国勢に比べると商法は緩いほうで、この程度の商法でここまでの数字を出せるとなると、かなりのセールスパワーということになる。

 
いきなり高い数字でスタートしながら、出す度に数字を下げているSHINeeみたいなタイプもいるので、次回作で数字をキープできるかに注目したいところ。
 

第5位 シャングリラ -Acid Black Cherry

Abc

Janne Da ArcのVo.であるyasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherryの12枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これでソロデビュー作から12作連続のTOP10入りとなる。
 

初動売上げは5.0万枚。前作「ピストル」の初動4.9万枚から微増。

9月よりスタートした5ヶ月連続シングルリリースの第2弾。

前作で活動再開後、最高の数字を叩き出していたが、今回はそれを僅かではあるがさらに上回ってきた。

 
リリース形態は前作と同じで、一般流通が【CD+DVD】と【CDのみ】で2種と【TSUTAYA限定盤】が1種で計3種リリース

CDの収録内容は上位互換だが、【TSUTAYA限定盤】にはトレカ1枚をランダム封入。

前作同様、【TSUTAYA限定盤】は¥394という低価格なので、トレカコンプリートを目指すファンの複数買いが発生した可能性あり。

また、5作連続シングルとリリース予定のアルバムを合わせた6作品連動応募特典(握手会参加応募)もあり。

 
リリース条件は前作とまったく同じなので、数字もほとんど変わらなかったといった感じ。

 
それにしても、ソロ活動をはじめたのが07年なので、すでに4年以上も経っていながら、ファン離れを起こさず、まだ数字を伸ばしてくるのだから感心するしかない。

しつこいほど書いているが、バンドVo.のソロ活動はいちばん最初がいちばん好成績で、出す度に数字を下げていくのが通例である。

この先、リリースの決定している残り3作はどのようなチャートアクションを見せるのかも要注目だ。
 

第6位 Your Best Friend -倉木麻衣

Covera

倉木麻衣の37枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

これでデビューから37作連続のTOP10入りで、自身の持つ女性アーティストの連続1位記録をひとつ更新した。

 
初動売上げは1.7万枚。前作「もう一度」の初動1.6万枚から微増。

2連続で自己最低初動を記録する危機的状況だったが、ここで何とか下げ止まり。

今回はアニメ「名探偵コナン」EDタイアップがついているが、すでにタイアップ効果はほとんど出ないことが実証されている通り、数字はほとんど伸びなかった。

 
リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】の2種と【Musing&FC盤】が1種で計3種リリース

CDの内容は全種統一。

【Musing&FC盤】にのみMVのメイキングが見れるアクセスコードを封入している。

細かく言うと複数買い促進商法になっているが、アクセスコードが果たして複数買いを助長させるほどの効果があるかは微妙。

ちなみに、2010年からずっとこの3形態での売り方となっている。

今回何とか下げ止まったものの、少なくとも人気が回復したとは思えず、油断すればまだジリ貧状態になりえる。かなり不安定である。

 
第7位 X X X -L'Arc~en~Ciel

82550p

前週の1位から6ランクダウン。

週間売上げは1.7万枚。前週の初動8.1万枚から大きくダウン。

ジャニーズ勢などアイドルの下落率に比べるとまだマシだが、ライト層まで浸透している印象はまったく受けない下がり方である。
 

累積は2週で9.9万枚。最終的にも11万台がやっとといったところだろう。
 

第8位 MEMORIA -藍井エイル

51n982ajipl__sl500_aa300_

「ニコニコ動画」出身の女性シンガー、藍井エイルのデビューシングルが初登場で8位にランクイン。

デビューシングルにしていきなり週間TOP10入りとなっている。
 

初動売上げは1.4万枚

無名アーティストのいきなりの上位ランクインの際に疑うべきは、アニメドーピングと商法。

今回はアニメ『Fate/Zero』のエンディングテーマとなっており、前者。

また、アニメドーピングということで、案の定ソニーの若手アーティストとなっている。

 
リリース形態はDVDの有無で2種と、期間限定の【アニメ盤】が1種で計3種リリース

【アニメ盤】だけにアニメサイズVer.が入っており、かつ珍しく【アニメ盤】にもDVDが付いている。

他のアーティストのアニメドーピング時の商法を少しだけ強化したようなタイプ。

音源と映像を購入でコンプするには2枚以上買わなくてはならない複数買い促進商法となっている。

 
新人なので固定ファンはついていないはずなので、商法効果よりはアニメドーピング効果のほうが高く出ていると思われる。

それを実証するように、サウンドスキャンでは【アニメ盤】だけがTOP20入りし、1.1万枚。

他の2種はほとんど売れていないようなので、このアーティストや楽曲が注目されているという要素はほぼない様子。

ソニーは大型新人として売り出すようだが、アニメ頼りでのデビューなので、アニメタイアップが外れた途端、急降下の可能性が高い。

 
第9位 TERMINATED -茅原実里

Kyoukai_senjou_no_horizon_op_single

声優、茅原実里(ちはらみのり)の13枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

TOP10入りは2010年7月以来、4作振り通算4作目。

初動売上げは1.4万枚。前作「Planet patrol」の初動0.7万枚から倍増。

声優ながらアニメタイアップが付くことがかなり少なく、今回は08年のシングル以来のアニメタイアップで、アニメ「境界線上のホライゾン」主題歌。

他に要因も見当たらないので、このアニメ効果が爆発したようなかたちとなる。

 
リリース形態は魂のCD1種リリース

ただ、フリーライブの応募参加券が封入されているので、イベント商法が走っている。

購入層はかなりコアな茅原ファンとアニメファンと思われ、イベント商法も結構刺さっている可能性が高い。

 
とはいえ、他の声優系に比べると商法はかなり大人しく、これで1万台を軽く超えるなら、商法を強化すればTOP10の常連になれそうな気がする。

 
第10位 Buddy -坂本真綾

81xfrgrcb4l

声優、坂本真綾の19枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

初動売上げは1.3万枚。前作「DOWN TOWN/やさしさに包まれたなら」の初動1.6万枚からダウン。

前作はカバーシングルという一種の企画シングルでやや高めに出ていた。オリジナルの新曲でのシングルは約2年ぶり。
 

その2年前のシングル「マジックナンバー」の初動1.3万枚とほぼ同水準となっている。

前々作同様、アニメタイアップがついているので、アニメタイアップがついているとだいたい1万台半ばくらいが安定ラインか。

 
また、前作と今作の間に、同じく声優の鈴村健一と結婚したことが報道されたが、それによるファン離れはなかった様子。

 
リリース形態は【2CD】と【CDのみ】で計2種リリース

サウンドスキャンでは【2CD】が1.2万枚なので、複数買いはほとんど発生しておらず、ほとんどのファンが【2CD】を1枚買いしている状況が読み取れる。

この人も固定ファンはかなり強固なようなので、上の茅原実里同様、商法を強化すればまだ高い数字を出せると思われる。

まぁ、ファンがあまりそれを望んでいないような気がするけど。

 
 
~今日のふといいなぁ~
キラーチューン (from『東京コレクション』) by 東京事変

« NMB48が2作連続首位! 順位も売上も記録尽くめ! | トップページ | 斉藤和義、デビュー19年目で初のTOP3入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NMB48が2作連続首位! 順位も売上も記録尽くめ! | トップページ | 斉藤和義、デビュー19年目で初のTOP3入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ