Twitter

  • 私服ツイート

« 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! | トップページ | 椎名林檎&斉藤和義、ドラマタイアップが対照的な結果に »

2012年3月12日 (月)

嵐、5作連続の初動50万枚超!

去年の今頃はまだ会社にいたんだよな。

歩いて帰れない距離ではないけど、外に出るの怖かったし、派遣社員の方が帰れなくなってたし。管理者として見捨てて帰るのは失格だし。

 

あれからもう1年か、早い。

それと同時に、都心部のもとどおりになりつつあるスピードも早い。

 

1年前と同じように、節電を心がけて生活できている人はどれだけいるだろう。

毎日を大切に…と意識しながら過ごせている人はどれだけいるだろう。

 

私はどちらもできなくなりかけてる。

思い出さないと。

 

311とガラケーで打つと「さい」の文字が画面に出る。

去年は「災」だった。これからは「災」を心の奥で忘れずに、「彩」にしていかなきゃね。

 

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で11/7付チャートを見終わったので、本日からは11/14チャートに突入です。

まずはいつも通り、シングルチャートからチェックしていきます。

ではでは、さっそく…

11/14付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

 
第1位 迷宮ラブソング -嵐

Tumblr_lszih75z8j1qhcvgc

嵐の36枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

これで25作連続の1位獲得で、通算32作目の1位獲得となる。

首位獲得数「32作」は、B'zと浜崎あゆみに次いで、歴代3位の記録となる。

 

初動売上げは53.0万枚。前作「Lotus」の初動54.1万枚からダウン。

あいかわらず、余裕の50万超え

これで2010年の「Løve Rainbow」から5作連続での初動50万超えとなった。

AKB48以外に敵はまったくいないような状態である。

 

今作はメンバーの櫻井主演ドラマ「謎解きはディナーのあとで」主題歌。

ドラマの平均視聴率はおよそ16%で、ここ最近にしては高め。

前作もドラマタイアップだったが、その平均視聴率が10%程度だったので、今回のほうが有利だったはずだが。

 

リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】で2種リリース

2種でカップリング曲が異なっており、全音源と映像をコンプするには絶対に2枚買わなくてはならない複数買い促進商法
 

2種リリースという点は同じだが、実は今回はカップリング曲が重複なく異なっている

つまり、音源だけをコンプするためにも2枚買わなくてはならない。

これは36枚目のシングルにしてはじめてのことである。※シークレット音源等は除く

 

これまでは【CDのみ】にだけ数曲追加で収録されているというスタイルだったので、音源だけなら1枚買えば事足りる仕様だった。商法が強化されている。

とはいえ、もともと多くのファンが2枚セットで買っていると思われ、もともと2枚買っている人たちに対して2枚買わせるよう促す商法を使ってもほとんど効果はなかった様子。

もとから1枚しか買わないレベルのファンはこれくらいの商法の違いには反応せず、結局1枚を選んで買うのだと思われる。

 

ドラマの視聴率の件に関しても、そもそもほぼ固定ファンしか購入していない状況なので、ドラマの視聴率が高くてもそこから購入に走るライト層はほぼゼロの様子。

今回くらいのダウンはただ固定ファンの中での動きといった感じだろう。

ジャニーズアイドルなので閉鎖的な世界ではあるのだが、その世界が他のグループとは比較できないくらい広い。

この超安定はいったいいつまで続くのだろうか、注目である。

 

第2位 スパイス -Perfume

Perfume_2

3人組テクノポップアイドルユニット、Perfumeの14枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで10作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは7.6万枚。前作「レーザービーム/微かなカオリ」の初動9.4万枚からダウン。

ブレイクしてからも、リリースするたびにじわりじわりと数字を伸ばし、奇跡的な4作連続初動上昇となっていたが、ついにここでダウンとなった。

 

今回はPerfume初のドラマタイアップとなったが、それがプラスに働いた形跡はなし。

それよりも、今回は1ヵ月後にリリースされるアルバムの先行シングルだったことが響いた様子。

カップリングの「GLITTER」も含め、今回の新曲2曲はすべてアルバムに入ることが決まっていたので、それによる買い控えがかなり出たと思われる。

それでもアルバムの先行シングルだと半減以下にまで数字を落とすアーティストがいる中で、このくらいのダウンでおさまっているのは、かなり強固な固定ファンが多くついている証拠だろう。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

複数枚買わせる仕組みはなし。ずっとこの売り方。

 

Perfumeは2012年より徳間ジャパンからユニバーサルに移籍し、世界に向けて活動をしていくとのこと。

ユニバーサル移籍で商法などに変化は出るのだろうか、ユニバーサル得意のK-POPみたいになる…ことは…注目したい。

 

第3位 風は吹いている -AKB48

35406_1

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは6.8万枚

前週の初動130.0万枚からウルトラ超絶大暴落

なんと一気に前週の19分の1以下になってしまった。

「19分の1」というワードはこのブログ開設以来、はじめて書いた気がする。

 

前作「フライングゲット」の2週目は9.9万枚

前々作「Everyday、カチューシャ」は2週目も11.9万枚出ていた。

2作連続で2週目の暴落度合いが悪化してきている

 

第4位 Ultra Lover -2PM

Yamano_4111100348

韓国の男性6人組グループ、2PMの日本3枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで3作連続の4位となる。

 

初動売上げは6.5万枚。前作「I'm your man」の初動6.9万枚からダウン。

だいたいデビュー作と前作の中間くらいの数字に。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CD+フォトブック】、【CDのみ】で3種リリース

CDの内容は全種統一だが、映像とフォトブックをコンプするためには絶対に2枚買わなくてはならない複数買い促進商法

前作と同じ売り方なので、数字の動きに商法は関与していない。

 

イベント商法も前作と同じく活発で、3種すべてに『ハイタッチ会参加権利付メンバーソロフォトカード』もしくは『スペシャルグッズ応募権利付ロゴカード』を封入。

ハイタッチはフォトに描かれているメンバーとしかできないルールになっているようなので、お気に入りのメンバーとハイタッチするためにはそのメンバーが出るまで複数買いしなくてはならない鬼仕様。

イベント商法も前作とほぼ同じ。

 

商法は基本的に前作と変わっていないので、ダウンについてはメディア露出の量だったり、固定ファン内の動きだったりといったところか。

韓国グループには、出す度に数字がかなり動くタイプもいる中でかなり安定感がある推移をここまでは見せている。

 

~今日のふといいなぁ~
心のままに (from『Alternative』) by 音速ライン

« 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! | トップページ | 椎名林檎&斉藤和義、ドラマタイアップが対照的な結果に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! | トップページ | 椎名林檎&斉藤和義、ドラマタイアップが対照的な結果に »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ