Twitter

  • 私服ツイート

« 芦田愛菜、ソロ歌手最年少記録樹立! | トップページ | 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! »

2012年3月 8日 (木)

3月新譜チェック!~嵐、KARA、福山…2012年初登場!~

社会人サークルの友人の結婚式が終わって、Facebookでは次のイベントが。
 

「お花見」

 
おお、もう花見の季節かい。

ついこないだ2012年になったと思ったら、もう3月…。

 
時の流れの速さに危機感を感じながら、同時に新しい月になって、リリース情報が頭に入っていないことにも危機感。
 

てことで、本日は3月の新譜チェックをいたします。

みなさん、各々「おっ!」と思う新譜を見つけてくださいね。
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
それでは、Let's check!

3/7

  • ワイルド アット ハート - 嵐
  • 負け惜しみコングラチュレーション - SDN48
  • 恋愛時代 - イ・スンギ
  • Go my way - 三代目 J Soul Brothers
  • SAKURA, I love you? - 西野カナ
  • 『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』 - ももいろクローバー
  • 君は僕を好きになる - ぱすぽ☆
  • All You Need Is Love - JAPAN UNITED with MUSIC
  • Baby Baby - 遊助
  • 告白/僕らのあしあと - supercell
  • Rock you!/おんなじキモチ -YMCK REMIX- - 東京女子流
  • ニルヴァーナ - ムック
  • シリウス - THE BACK HORN
  • 恋 - back number

3/14

  • STILL - 東方神起
  • ガナガナGO! - RAINBOW
  • IF YOU WANT - 氷室京介
  • 生きよう - THE ALFEE
  • Wanna Be With You - Lead
  • Strength - 柴咲コウ
  • タカラモノ - サーターアンダギー
  • Love is Everywhere - moumoon
  • My World - SPYAIR

3/21

  • SHE! HER! HER! - Kis-My-Ft2
  • スピード アップ/ガールズ パワー - KARA
  • Lost the way - DiVA
  • Go Round/YEAH-OH - 安室奈美恵
  • Be 元気<成せば成るっ!> - Berryz工房
  • Again - ユナク from 超新星
  • THE ONE-crash to create- - LUNA SEA
  • Good Day - IU

3/28

  • 生きてる生きてく - 福山雅治
  • 7th Trigger - UVERworld
  • ハニーとラップ♪ - 恵比寿マスカッツ
  • Jumping - 大国男児
  • SCREAM - 2NE1
  • 愛してた - ナオト・インティライミ
     

ざっとこんな感じ。

今月は序盤でリリースラッシュがあり、後半はリリース数は少なめ。

 
見どころは何と言っても、1週目。

AKB48に次ぐ、セールスパワーを誇るが2012年ついに登場。

怒涛の連発リリースを見せた2010年に比べ、2011年はシングルは2枚のみの発表だった。

前作「迷宮ラブソング」の初動は53.0万枚で、圧倒的な安定感を見せていた。

 
今作はそれから4ヵ月ぶりのシングルで、メンバーの松本潤主演ドラマの主題歌となっている。

今回も初動50万オーバーを達成して、2010年「Løve Rainbow」から6作連続での初動50万枚突破という記録を成し遂げることができるか注目だ。

また、果たして今年は何枚リリースして何枚を年間TOP10に送り込むのか今から注目しておこう。

 

また、1週目は嵐以外にもアイドル勢のリリースが固まっていて混戦模様。

男性アイドルが嵐、遊助、そして韓国系アイドルのイ・スンギ。

女性アイドルはSDN48、ももクロ、東京女子流、ぱすぽ☆がスタンバイ。

チャート上位はアイドルたちの戦場と化すのは間違いない。

 
 
2週目以降、リリースは収束するが、3週目のKARAの動向には注目したいところ。

前作「ウィンターマジック」が前作から3万枚以上も初動を落とす結果に終わっており、累積も前々作の半分程度までしか伸びない不調ぶりとなっていた。

楽曲自体が受け入れられなかったのか、KARA自体の人気が下降気味なのか、今作の動向で判断ができそうである。
 

 

~今日のふといいなぁ~
しるし (from『Split The Difference』) by Mr.Children

« 芦田愛菜、ソロ歌手最年少記録樹立! | トップページ | 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芦田愛菜、ソロ歌手最年少記録樹立! | トップページ | 「ペルソナ4」関連作が異例の1位獲得! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ