Twitter

  • 私服ツイート

« 関ジャニ、アルバム好調! 中島みゆきも余裕のTOP10入り! | トップページ | 奇跡的な高レベル週! なんと19位まで1万超え! »

2012年4月15日 (日)

フレンチ・キスがEXILEを抑え初の1位獲得!

今日は朝から夕方までずっと外にいました。

日に焼けました。鼻真っ赤。明日会社でいじられまくるなこれ。

ハワイでも焼けなかったのに、世田谷で焼けた。

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で11/28付チャートを見終わったので、本日からは12/5付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

ではでは、さっそく…

12/5付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 最初のメール -フレンチ・キス

4e54acb7

AKB48の柏木由紀、倉持明日香、高城亜樹によるユニット、フレンチ・キスの4枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

週間1位獲得はデビュー以来、これが初となる。。

AKB48の派生ユニットによる週間1位獲得は、渡り廊下走り隊、チームドラゴン from AKB48、Not yetに次いで4組目。

 

初動売上げは13.4万枚。前作「カッコ悪い I love you!」の初動11.3万枚から上昇。

2011年夏ごろから多くの派生ユニットの数字が頭打ちになっていたが、ここにきて先日のNot yet同様、やや大きめに数字を伸ばしてきた。

なお、フレンチ・キスに関しては一度も数字を下げたことがなく、これで3作連続の初動上昇となる。

Frenchkiss_2

リリース形態は一般流通の【CD+DVD】が3種と【劇場盤】が1種で合計4種リリース

DVDはすべて内容が異なり、かつ全種カップリング曲が異なっている。

4種買い促進の複数買い促進商法

 

前作では【CD+DVD】が2種で【CDのみ】が1種。かつ、【CDのみ】と【劇場盤】のカップリングが同じで、3種買い促進だった。

前作は同じ【CD+DVD】でも初回盤と通常盤でジャケット写真が違ったが、今回は同じ。

Hurekisu

今回はこのジャケット写真倍増作戦は行っていないが、音源と映像のほうが力があると思われるので商法は強化されていると捉えていい。

また、当然イベントも活発に行われており、初回盤にはイベント参加券が封入されている。

 

今作は柏木由紀が総選挙で第3位と急上昇してから初めてのシングル。

総選挙では高城も大きく順位を上げており、普通に3人のファンが増えていると思われ、それが売上に直結している可能性も。

とはいえ、商法が強化されているので単にその影響による上昇かもしれない。

 

サウンドスキャンでは一般流通の3種がそれぞれ2.9万枚、2.3万枚、2.2万枚で計7.4万枚。

オリコンとの乖離、およそ6万枚が劇場盤およびmu-moショップ販売分ということになる。

 

前作はサウンドスキャンで8.2万枚だったので、劇場盤割合が上がり、一般パッケージの売上は下がっていることになる。

AKB本体もNot yetもこの傾向になっており、この傾向はフレンチ・キスでも発生した。

濃いファンが増えている証拠だろうか。

 

第2位 あなたへ/Ooo Baby -EXILE

36076_2

EXILEの38枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これが通算33作目のシングルTOP10入りとなる。

 

初動売上げは12.0万枚。前作「Rising Sun/いつかきっと…」の初動20.2万枚から大幅ダウン。

前作はジャケットだけが異なる同じCDが9枚入りの「Special Box」が存在し、それがオリコン上で1BOXで9枚分の売上として集計されていたことで、一気に数字が爆発していた。

今回はそういった鬼商法はなく、通常のパッケージに戻ったが、今度はアルバムをおよそ1ヵ月後に控えた先行シングル。

よって、EXILE本来のセールスパワーで出せる数字よりは低めに出ているものと思われる。

ただ、同じくアルバムの先行シングルだった前々作の初動10.1万枚よりは高く、バラード人気が高いのは変わっていない様子。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの内容は統一で複数枚買わせる仕様はなし。

最近はアイドルとも言われるが、売り方はかなりアーティスト的である。

 

サウンドスキャンでは2種合わせて6.4万枚

オリコンの半分程度になっており、その差はエイベックス特有のmu-moショップ差異だと思われる。

 

通常なら余裕で1位を獲れる数字だが、相手が悪かった。

実はEXILEは意外と1位を逃しているので、そこまで1位に執着がないのか。

それにしても、エイベックス同士で1位を獲り合う意味って…。

 

第3位 酔わせてモヒート -ゴールデンボンバー

61tce0i19bl__sl500_aa300_

V系エアバンド、ゴールデンボンバーの12枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入りとなり、3位は自己最高位

 

初動売上げは5.2万枚

順位だけでなく、初動売上も自己最高記録を更新

 

前作「女々しくて/眠たくて」の初動3.9万枚から上昇。

前作は以前にリリースした楽曲の再リリースということで、前々作から若干数字を落としていたが、今回純粋な新曲で数字をまた伸ばしてきた。

まだ人気は頭打ちになっていない様子。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

【CDのみ】にだけ収録される楽曲等はないが、CD EXTRAでCDに映像が入っているため、全映像を購入でコンプするためには3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

商法はかなりV系っぽい、がっつりな内容となっている。

 

この週は2011年最強レベルのリリースラッシュで高レベル週なのだが、普通にTOP3入りしているのが凄い。

次回記事でピックアップすることになる4位以下には、aiko、タッキー&翼、ポルノ、いきものがかり等、そうそうたる面子が控えている。

お茶の間での知名度はゴールデンボンバーを大きく上回るアーティストたちだが、売上ではエアバンドのゴールデンボンバーに敵わないという事態になっているのが面白い。

 

~今日のふといいなぁ~
Spring of Life (from「Spring of Life」) by Perfume
One More Thing (from「STILL」) by 東方神起

« 関ジャニ、アルバム好調! 中島みゆきも余裕のTOP10入り! | トップページ | 奇跡的な高レベル週! なんと19位まで1万超え! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関ジャニ、アルバム好調! 中島みゆきも余裕のTOP10入り! | トップページ | 奇跡的な高レベル週! なんと19位まで1万超え! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ