Twitter

  • 私服ツイート

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012年5月27日 (日)

EXILE、男性アーティスト初の10年連続アルバム首位!

AKB48の総選挙シングル「真夏のSounds good!」が壮絶なチャートアクションを見せ、日本記録を次々塗り替えています。

その模様はブログからは切り離し、ツイッターのほうで解説しておりますので、宜しければフォローを。

 

さて、ブログではひたすらチャートチェックを進めていきます。

前回記事で1/9付シングルチャートを見終わったので、本日アルバムチャートを見ていきます。

年末に入り、新譜のリリースも少ないので、さらっとチェックしていきます。

 

ではでは、さっそく…

1/9付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 EXILE JAPAN/Solo -EXILE

51tmeehc3nl__sl500_aa300_

EXILEの9枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得。

EXILEのアルバム首位獲得はこれで14作目となる。

また、アルバムの首位獲得は03年の2nd『Styles Of Beyond』から10年連続となり、これは男性アーティスト初の快挙となる。

 

初動売上げは35.0万枚。前作『願いの塔』の初動48.1万枚からダウン。

前々作から2連続で大幅ダウンとなっており、ついに30万台になってしまった。

Exile_7

09年の『愛すべき未来へ』をピークに、それ以降は出す度にガクッと数字を落としており、完全に人気のピークは超えたとみていいだろう。

今回に関しては、オカザイル効果で大ヒット&大ブレイクとなる前の07年はじめくらいの水準まで戻ってしまっている。

 

08~10年の頃に比べると、圧倒的にライト層への訴求度が低くなっており、ファンだけの世界に戻りつつあるようだ。

なお、元日リリースとなっているが、流通の関係で普通に12/27(火)から店頭に並んでいたので、オリコンの集計上不利だったというわけではない。

 

リリース形態は【2CD+4DVD】、【2CD+2DVD】、【2CD】で計3種リリース

CDおよびDVDの収録内容は上位互換となっており、複数買い促進商法にはなっていない。

一番豪華な仕様はまさかの6枚組となっており、前作をはるかにしのぐ豪華さだったわけだが、売上回復には転じず。

DVDの内容はすべてMV関連。

MVはこれまでに小出しにされており、そのため手を出さなかった層もいるのかもしれない。

 

現在初動で30万枚以上出せるアーティストはほとんどいないので、依然としてトップクラスの人気ではあるが、そろそろ下げとめないならない時期にきている。

 

第2位 Re:package Album "GIRLS' GENERATION"~The Boys~  -少女時代

Repackagealbumgirlsgenerationtheboy

2011年6月にリリースされた作品のリパッケージ盤が2位にランクイン。

「リパッケージ」は既発作品に新曲や未発表曲を追加して、ジャケット等もリニューアルするなどして新たにリリースする手法。

洋楽で見かける「デラックスエディション」の強化版といった感じか。

 

初動売上げは8.3万枚

「リパッケージ」ということで、1stアルバム『GIRLS' GENERATION』に新曲2曲と既存曲をリミックスし、ジャケットも一新されている。

さらに、付属のDVDの内容も変更となっており、ほぼ元とは異なる作品になっている。

 

しかし、オリコンではこれを『GIRLS' GENERATION』と同一作品とみなし、加算集計している。

そのため、初登場ではなく、前週24位から急上昇して2位という位置づけに。

どこまで同一作品とするか基準がないのはわかるが、これはやりすぎだろオリコン…。

 

リリース形態は【CD+DVD+グッズ】、【CD+DVD+フォトブック&ポスター】、【CDのみ】で計3種リリース

CDやDVDの内容は上位互換だが、特典を異なるものにしており、2枚買い促進の複数買い促進商法になっている。

リパッケージの域を超えて、これはけっこうドギツイ商法だと思う。

 

なお、『GIRLS' GENERATION』の売上に加算されたことで、当該作品の累積は一気に70万枚を突破。

男女ともにかなりの数が出ている韓国グループの中で、圧倒的なセールスパワーを誇っている。

 

サウンドスキャンでは当然『GIRLS' GENERATION』とは異なる作品として集計されており、3形態がそれぞれ4.3万枚、2.4万枚、0.8万枚で計7.5万枚となっている。

 

第3位 ファンキーモンキーベイビーズ4 -FUNKY MONKEY BABYS

417lk4oiqol__sl500_aa300_

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは4.5万枚。前週の初動11.0万枚からダウン。

しかし、2週目としてはかなりの粘りを見せている。

ここ最近は初動10万弱だと2週目で2万枚くらいまで落とすことのほうが多い。

年末商戦効果でライト層に結構刺さっているようだ。

 

累計は2週で15万枚を突破。

これまでの作品もロングヒットする傾向にあり、それなりに累計を伸ばしているので、今作も20万台半ばあたりまでは堅そう。

 

 

以下、目立った新譜はなし。

なお、前週、4作同時リリースでTOP5を占拠したケツメイシのベストは、4作とも2週目は1.2~1.5万枚でまったくロングヒットする気配なし

4作のうちどれひとつとして、オリジナルアルバムだった前作「ケツノポリス7」の初動にも届かないという大コケ状態になっている。

 

~今日のふといいなぁ~
あの国まで (from『SPECIAL OTHERS』) by SPECIAL OTHERS & オオキノブオ, ホリエアツシ

 

2012年5月26日 (土)

赤西、no3b、SDN、NYC、スマイレージ…TOP5をアイドルが占拠!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で1/2付チャートを見終わりましたので、本日からは1/9付チャートに突入していきます。

2012年も2011年に続き、恒例だった2週合算週はなく、年始ですが、通常どおり1週分の集計となっております。

 

通常ふた記事に分割するシングルチャートチェックですが、今回はひと記事で総ざらいしていきます。

記事タイトル通り、上位はアイドルに占拠されて…。

 

ではでは、さっそく…

1/9付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 Seasons -赤西仁

S7028554

元KAT-TUN、赤西仁のソロ2枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これで2作連続の1位獲得となる。

 

初動売上げは9.7万枚。前作「Eternal」の初動21.7万枚から半減以下に暴落。

前作では16種のグッズを用意してゴリゴリの予約取りを行い、爆発的な数字を出していたが、今回はそういった施策を行わなかったため、一気に数字がダウンした。

(※前作については過去記事を参照)

そのため、今回の数字の方が本来のセールスパワーに近いと思われる。

 

リリース形態は【CD+DVD】と【CD+フォトブック】で計2種リリース

前作では今回と同じ2種に加えて【CD+ステッカー】、さらに【ライヴ会場盤】がそれぞれ1種存在し、計4種リリースだった。

パッケージ数が減っており、前作と同じような施策を仕掛けてもダウンは必然だったかもしれない。

 

サウンドスキャンではDVD付が6.5万枚、CDのみが2.7万枚で合計9.2万枚

前作は8.9万枚だったので、サウンドスキャンではほとんど不変ということに。

イベントをしなければ、オリコンとサウンドスキャンの数字は限りなく近くなることがわかり、同時に乖離の大きい作品がどれだけオリコン上、イベント等に依存しているかもわかる。

 

なお、赤西仁は今作ランクインのおよそ1ヵ月後の2月上旬に女優 黒木メイサとの結婚を発表。

その結婚の流れも好印象を与えるものではなかったこともあり、ジャニーズアイドルの生命線である女性ファンに大きなインパクトを与えると思われる。

次回作以降、もしリリースされる予定があるなら、どのようなチャートアクションになってしまうのか、注目したいところだ。

 

第2位 ペディキュアday -ノースリーブス

Yamano_4111120285


AKB48の小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみによる3人組ユニット、ノースリーブスの8枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで7作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは8.6万枚。前作「唇 触れず…」の初動10.0万枚からダウン。

前作では自身初の初動10万枚突破となり勢いを見せていたが、ここで頭打ちに。

ただ、まだ前々作「Answer」の初動8.2万枚より高い。

 

リリース形態は【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が1種で計4種リリース

DVDの内容はすべて異なり、3種の【CD+DVD】はカップリングも3人のソロ曲収録ですべて異なっている。

【CDのみ】にはタイトル曲のリミックスを収録しており、かつこの形態にだけ「生写真」を封入。

前作では【CDのみ】にだけ収録の音源はなかったので、若干商法が強(狂)化されている。

全音源と映像を購入でコンプするためには絶対に4枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 

当然、AKBお得意のイベント商法も健在で、一般流通【CD+DVD】3種にはそれぞれスペシャル抽選券を封入。

かつ、キャラアニ(ECサイト)で購入した【CDのみ】に限り、個別握手会抽選券を付属。

 

 
イベント商法は前作とほぼ同じ内容で、パッケージ商法は強化されている。

それで売上がダウンしてしまっているので、前作まで続いていた上昇の波は収まった様子。

Not yetやフレンチ・キスと違い、総選挙TOP3入りメンバーがいるわけでもないので、ここらが限界だろうか。

 

第3位 口説きながら麻布十番 duet with みの もんた -SDN48

61kwhjvqnnl__sl500_aa300_

SDN48の4枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは6.7万枚。前作「MIN・MIN・MIN」の初動7.3万枚からダウン。

デビューから2作連続で初動を微増させていたが、上のノースリーブス同様、こちらもここで頭打ちに。

そもそも音源よりもイベント狙いの購入がほとんどだと思われ、みのもんたとのコラボについてはプラスにもマイナスにも働いていなさそう。

 

リリース形態は一般流通【CD+DVD】が2種リリース、劇場盤が1種、計3種リリース

一般流通の2種はCDもDVDも内容が異なっており、劇場盤はその2種のカップリングをまとめて収録している。

音源・映像のコンプだけなら2種買いの複数買い促進商法

ただ、もちろんAKB勢お得意のイベント商法は存在し、一般流通盤にも劇場盤にもそれぞれ異なる握手会の参加券を封入している。

 

リリース条件は前作から変わらないので、数字ダウンは楽曲自体の問題か、単純に人気が若干下がったか。

それにしても、なぜここで「みのもんた」だったんだろう。

 

サウンドスキャンでは一般流通2種が0.6万枚と0.5万枚で、合計はたったの1.1万枚

他のAKB勢の劇場盤率をはるかにしのぐ状態になっており、一般店舗での売上はかなり小さいことがわかる。

 

第4位 ワンダフル キューピット/がらすの・魔法・ -NYC/中山優馬

4869501329898953_2

ジャニーズの3人組ユニット、NYCとメンバーの1人である中山優馬のソロ楽曲を収録したシングルが初登場で4位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.9万枚。前作「ユメタマゴ」の初動12.2万枚から3分の1以下になる大暴落。

ただ、この大暴落には理由がある。

 

今作のリリース日は新年あけましておめでとう真っ最中の1/4に設定されていた。

ただ、年末年始の流通の関係で、店舗によっては発売日の1週間前の12/28から店頭に並んでいた様子。

よって、デイリーでは水曜付(通常のシングルがデイリー2日目)で変則的に初登場していた。

正規のリリース日はあくまで1/4なので、出していない店舗も多くあり、売上げはかなり中途半端な数字になってしまっている。

 

リリース形態はDVDなしで【CDのみ】だけで2種リリース

前作はDVD付が2種もあって全3種リリースだったので、ここにきて一気に商法が穏やかになっている。

商法の変化がこれほどまでの暴落になった要因のひとつなのは間違いないだろう。

 

また、当初は中山優馬参加の握手会が予定されていたが、中止となっており、イベント商法は不発になっている。

次週が正規発売週にあたるので、そこの売上がどうなったのか注目で、それについてはまた後日。。

 

第5位 プリーズ ミニスカ ポストウーマン! -スマイレージ

1112051231_01l


ハロプロ系アイドルグループ、スマイレージのメジャー8枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これで8作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.4万枚。前作「タチアガール」の初動2.3万枚から上昇。

メジャー8作目にして、初の3万台突入で自己最高初動を更新

 

今作は初期メンバーである前田憂佳が参加する最後のシングル。

かつ、サブメンバーの4人が正規メンバーに昇格しての初のシングルとなっている。

よって、前田ファンの奮起とジャニーズでいうところのご祝儀買いのようなものが発生していると思われ、一気に数字を伸ばしてきた。

 

リリース形態は【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が2種で計5種リリース

DVD3種はすべて内容が異なり、かつ【CDのみ】の2種にはそれぞれ【CD+DVD】とは異なる楽曲が収録されている。

よって、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に5枚買わなくてはならない複数買い促進商法

前作と比べると、ワンコイン盤が1種減っているが、その代わりDVD付が1種増えているので、商法はやや強化されていると見ていい。

 

なお、イベント商法も活発で、【CD+DVD】と【CDのみ】の1種にはイベント参加抽選券を封入している。

前田が最後ということで、イベントの前田狙いのファンが複数買いをいつもより頑張った可能性は高い。

 

サウンドスキャンではイベント参加抽選券封入でいちばん安価な【CDのみ】1種だけがランクインし、0.8万枚

売上がイベントに依存していることがよくわかる結果となっている。

 

主力メンバーが1人いなくなり、次回以降数字にはどのような影響が出るだろうか。

 

第6位 冬のベンチ -シド

41yzy8qpvvl__sl500_aa300_

シドのメジャー10枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで13作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは2.5万枚。前作「いつか」の初動4.1万枚から大きくダウン。

ここ数作は低くても3万台半ばは出ていたので、最低ラインを大幅に下回ってしまっている。

 

ソニーからデビューしてからは毎回アニメタイアップ等が必ずついていたが、今回はメジャーデビュー後では初のノンタイアップシングルとなっている。

一見それが響いたかのように見えるが、前作のタイアップは「CDTV」OPだし、効果が高かったとは思えない。

 

リリースが年末年始だったために、通常の音楽番組はすべて停止だったので、メディア露出できなかったのが原因だろうか。

それに関しては上位の作品も軒並み数字を落としているので、同じことが言える。

ただ、それで説明できる以上に、ダウンし過ぎている気がするが…。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

CDの収録内容は統一だが、DVDは異なっており、2種買い促進の複数買い促進方法となっている。

この売り方は前作と変わらないので、初動大幅ダウンの理由にはならない。

 

前作からのリリース間隔もおよそ3ヵ月で普通だし、そこで一気にファン離れが起きるのは不自然。

次のシングルの動きを見ないと何ともいえないといった感じ。

 

第7位 Celebration! -E-Girls

201111212016_27047

EXILEの所属する事務所、LDH所属の女性グループであるDream、Happiness、FLOWERの3組によるユニットのデビューシングルが初登場で7位にランクイン。

デビューシングルでいきなりTOP10入り。

 

初動売上げは1.9万枚

3組それぞれの直近シングルの成績はDreamが初動0.2万枚、Happinessが1.3万枚、FLOWERが初動1.5万枚だったので、一応すべて上回っている。

ただ、単純に3組を合計した数字は出ておらず、3組のファンに重複した部分が多いことが見て取れる。

EXILE出演の番組にバーター的に出演しているくらいで、その他目立った露出もないので、ほとんどEXILEファンからの流入だろう。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

ほぼアイドル状態と思われるが、売り方はアーティスト的。

 

公式サイトを見ると、もろ韓国の女性グループに便乗したいのがわかるビジュアルとなっているが、この路線だとやはり完璧に作り込まれた韓国グループには勝てない。

韓国のグループがあれだけ多く出ている中で、ファンを掴むのもかなり難しいと思われる。

以下、ピックアップ。

第10位 ALL MY LOVE/YOU ARE THE REASON -YELLOW FRIED CHICKENz

41x6fuhx2jl__sl500_aa300_

GACKTや元LUNA SEAのSHINYAらによるロックバンド、YELLOW FRIED CHICKENzの2枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.1万枚。前作「THE END OF THE DAY」の初動1.8万枚から大きくダウン。

2作目にして早くも数字を下げてしまった。

前作と今作の間にGACKTのソロでのシングルを挟んでおり、その初動が1.6万枚だったので、それを下回っている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

収録曲に違いはなし。GACKTソロと同じ売り方。

 

ソロとバンドを並行稼働して、相乗効果が生まれた例はほとんどなく、逆にファンが付いてこれなくなることが多い。

GACKTはまさにそのパターンにはまりつつあるようだが、打開策はあるのだろうか。

とりあえず、ここからもさらに下降線をたどるとなると、このご時世といえどもTOP10入りが厳しくなってくる。

まずは商法を強化するのが手っ取り早いが、、、果たして。

 

~今日のふといいなぁ~
Good Bye (from『THE DIE IS CAST』) by FAT PROP

2012年5月23日 (水)

ケツメイシ、ベストが4作同時TOP5入り!

ケツメイシの前に…

 

「私服ツイート」でも流しましたが、本日はAKB48の2012年総選挙シングルの店着日でした。

総選挙には前田敦子が不参加ということで、その浮いた票の行方が大きなポイントになります。

考えられるのはざっくり、

 

① 前田推しの票が他のメンバーに流れる

② 前田推しの参加が減って総票数が減る

 

②の場合は、前田敦子の総選挙不参加がCDの売上にも直結する可能性があるわけで。

明日発表の初日デイリーは今年最高レベルで注目です。

 

ブログでの速報は難しいですが、「私服ツイート」で何かしら情報を流そうと思っています。

宜しければ、ぜひフォローいただければと。

 

 

さてさて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で1/2付シングルチャートを見終わりましたので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

 

ではでは、さっそく…

 

1/2付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 ファンキーモンキーベイビーズ4 -FUNKY MONKEY BABYS

417lk4oiqol__sl500_aa300_

FUNKY MONKEY BABYSの4枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得。

これで3作連続のアルバム首位獲得となる。

 

初動売上げは11.0万枚

前作「ファンキーモンキーベイビーズBEST」の初動25.5万枚から半減以下にダウン。

今作と同じオリジナルアルバムだった前々作「ファンキーモンキーベイビーズ3」は初動8.0万枚だったのでそれより高くなっている。

 

ベストが60万枚を超える大ヒットで2010年の年間4位まで獲得。

今作はベスト明け一発目のアルバムとなったが、ベストでのファン離れはあまり発生していないようで、逆にファンを増やしたのか数字を伸ばしてきた。

 

先行シングルは「あとひとつ」の初動2.6万枚をピークに、2連続でダウンし、人気は下降気味かと思われたので、ここで数字を伸ばしてきたのは少々意外だった。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、普通は1枚買えば事足りる仕様。

アイドルと違い、イベントなども開催していない。

それでこの数字は、売上水準が下がり続けるアルバムチャートの中でかなり立派だといえる。

 

また、アルバムでシングルの5倍以上の数字が出ていることからも、ライト層を取り込んでいけるアルバム型になっている

 

サウンドスキャンではDVD付が8.2万枚、CDのみが2.6万枚で計10.7万枚。

オリコンとの乖離はほぼない。

 

以下、2位~5位をまとめてチェック。4作同時チェックは開設以来、はじめて…。

 

第2位 ケツの嵐~春BEST~ -ケツメイシ

41ucri6zxl__sl500_aa300_

ケツメイシの4作同時リリースのベストアルバムのうち、「春」をコンセプトにしたアルバムが2位に初登場。

初動売上げは5.3万枚

 

第3位 ケツの嵐~冬BEST~ -ケツメイシ

51btilpil__sl500_aa300_

ケツメイシの4作同時リリースのベストアルバムのうち、「冬」をコンセプトにしたアルバムが3位に初登場。

初動売上げは5.1万枚

 

第4位 ケツの嵐~夏BEST~ -ケツメイシ

Neowing_tfcc86372

ケツメイシの4作同時リリースのベストアルバムのうち、「夏」をコンセプトにしたアルバムが4位に初登場。

初動売上げは5.1万枚

 

第5位 ケツの嵐~秋BEST~ -ケツメイシ

41teuxquwxl__sl500_aa300_

ケツメイシの4作同時リリースのベストアルバムのうち、「秋」をコンセプトにしたアルバムが5位に初登場。

初動売上げは5.0万枚

 

同一アーティストによるアルバムの『TOP5内4作同時ランクイン』はオリコン史上初の快挙となる。

これまでは井上陽水や尾崎豊、TMNの3作同時が最高記録だった。

 

ただ、順位はともかく問題の売上は4作すべてオリジナルアルバムだった前作「ケツノポリス7」の初動8.8万枚に及ばない大不振。

そもそも前作も震災の影響もありながら、前々作「ケツノポリス6」の初動26.2万枚から大暴落させていたので、今回はベストにもかかわらず、そこからさらに数字を落としたことになる。

完全にコケた。

それにしても、なんでこんなやり方したんだ

 

これが結成19年目にして初のベストということで、シングルも30作にも及んでいて、まとめるのが難しかったのかもしれないが、これはあんまりだと…。

30シングルを15曲ずつにして2枚組ベストにしたり、アルバム曲も入れるなら3枚組くらいで抑えておけば、ライト層にも刺さって大爆発していたのではないかと思う。

もともとベストのリリースが待たれていたタイプだと思うので、これは本当にもったいない。

 

 

ブレイクのきっかけとなったヒット曲「トモダチ」、グループ最大のヒット曲「さくら」を収録しているのが効いたのか、春BESTだけ少し高めとなっているが、ほぼすべて横並び。

4作品の売上にほとんど差異がないことからも4枚のうち1枚や2枚チョイスして買っている層はあまり多くなく、固定ファンによる4枚買いが多発していることが予想される。

 

リリース形態は4種すべてCD1種リリース

ただし、初回生産分には4枚すべて購入した人限定でデモ音源集「ケツのデモ」がプレゼントとなる応募券を封入。

アイドルによく見られる同一作品の複数買いではないが、これも4枚買い促進の複数買い促進商法といっていいだろう。

 

先述したように4枚の売上に大きな差異がないのも、この限定音源目当ての固定ファンが4枚1セットで購入したからという理由が順当である。

 

なお、トイズがここまでして音源を出し切った理由は、エイベックスへの移籍を控えていたからだとわかるのはこのおよそ半年後の話である。

ここまで出し尽くされて、エイベックスはこの先、どのような戦略で売り出すんだろうか。

注目したいところだ。

 

 

~今日のふといいなぁ~
MY TIME TO SHINE (from「MY TIME TO SHINE」) by DREAMS COME TRUE

2012年5月20日 (日)

SMAP、46作連続TOP10入り! ラルクはやや不調に…

お久しぶりです。

約1週間ぶりの更新となり、すいません。

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で12/26付チャートを見終わったので、本日からは1/2付チャートに突入していきます。

やっと2012年度に入りました。

まずはいつも通り、シングルチャートから。

今回はふた記事に分けず、ひと記事で一気に目を通していきます。

 

ではでは、さっそく…

1/2付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 僕の半分 -SMAP

6587725621_505a405b86

SMAPの46枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

2002年5月の「freebird」から13作連続の初登場首位獲得となる。

また、デビュー作「Can’t Stop!!-Loving-」から46作連続TOP10入り。

自身の持つ「デビューシングルからの連続TOP10入り」の歴代1位記録を更新した。

 

初動売上げは13.0万枚。前作「This is love」の初動27.6万枚から半減以下となる大幅ダウン。

前作から1年4ヵ月とやや長めのリリース間隔を経てのシングル。

ちょうどこの頃、「ミタ」効果でロングヒットさせていた斉藤和義作曲の楽曲となっている。

 

前作ではデビューから19年目45作目にして初の複数買い促進商法に手を出していた。

さらに、抽選型のイベントまで仕込み、一気に数字を爆上げさせていた。

 

今回のリリース形態はDVD有無の2種リリース

CDに内容違いはないため、普通は1枚買えば事足りる仕様。

 

前作は3種リリースでかつ、DVDとCDの収録内容が異なる2種買い促進商法だったので、商法の威力は完全に落ちている。

数字ダウンに関しては商法の違いに紐付いていると考えて間違いない。

 

前作からは大きくダウンしたものの、前々作10.5万枚よりは高いので、そこまで不調といった感じではない。

1年4ヵ月もリリース間隔が空いても、これだけの数字を出せれば、安定していると捉えるべきかもしれない。

 

サウンドスキャンではDVD付が10.2万枚、CDのみが1.8万枚で、合計12.0万枚。

ここから複数買いはあまり発生していないことがわかり、また、DVD付だけの売上が前々作の初動に限りなく近いので、1枚リリースと場合のセールスパワーがちょうど10万枚くらいと予測できる。

 

第2位 CHASE -L'Arc~en~Ciel

51xsyx07vyl__sl500_aa300_

L'Arc~en~Cielの39枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで36作連続(再発除く)のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは7.2万枚。前作「X X X」の初動8.1万枚からダウン。

映画「ワイルド7」主題歌だったが、ノンタイアップだった前作よりも下がってしまい、やや不調。

今作リリース時点でアルバムのリリースは正式に上がっていなかったが、今作に「ニューアルバム完成の瞬間にメンバーと一緒に立ち会えちゃうアクセスコード」が封入されており、アルバムのリリースが近いことは公表されたも同然だった。

アルバム待ちの買い控えが若干あったのかもしれない。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、複数買い促進ではない。

 

今回は先述の条件で多少下がったと思われるが、もし次で数字が回復しなかった場合は普通にファンが減っている可能性も浮上する。

次回作の数字はアルバム明けということもあり、要チェックである。

 

サウンドスキャンではDVD付が6.4万枚、CDのみが0.5万枚で計6.9万枚。

イベントなどでテコ入れしていないので、オリコンとの差異はほとんどない。

 

第3位 CRISIS -Acid Black Cherry

614atfadh3l__sl500_aa300_

Janne Da ArcのVo.であるyasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherryの14枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで14作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは5.2万枚。前作「蝶」の初動5.0万枚から上昇。

5ヵ月連続シングルリリースの第4弾にして、さらに数字を伸ばしてきた。

5ヵ月連続シングルはこれで3連続上昇となる。

(1弾:初動4.87万枚→2弾:初動4.95万枚→3弾:初動5.05万枚→4弾5.21万枚)

 

リリース形態は前作と同じく、一般流通が【CD+DVD】と【CDのみ】で2種と【TSUTAYA限定盤】が1種で計3種リリース

CDの収録内容は上位互換で、【TSUTAYA限定盤】にはトレカ1枚をランダム封入している。

【TSUTAYA限定盤】は¥394という料金設定なので、トレカのコンプリートを目指すファンによる複数買いが発生した可能性はあり。

 

リリース条件はこれまでの3作と同じなので、数字もほとんど変わりなしといった感じだが、若干数字を伸ばしているのは凄いの一言。

通常、アーティスト寿命を縮めることの多い「連続リリース」で、波に乗っていくパターンは本当に稀である。

 

サウンドスキャンではDVD付のみがランクインし、3位2.3万枚。前作の2.2万枚とほぼ同水準。

mu-moショップ販売分、【TSUTAYA限定盤】は集計外と思われ、オリコンとの差異が大きく出るエイベックス系特有の現象が見られている。

 

第4位 We never give up! -Kis-My-Ft2

2

前週の1位から3ランクダウン。

週間売上げは2.3万枚

前週の初動24.6万枚から大幅ダウン。

2週目で一気に10分の1以下になっているが、まぁ一般的なジャニーズダウンといった感じ。

まぁ、これでもジャニーズのダウンとしては普通なラインである。

 

累積は2週で26.9万枚

このペースだと最終的にも30万枚突破がやっとだと思われる。

 

以下、新譜をピックアップ。

 

第7位 虹の雪 -Alice Nine

61uuiyilk4l__sl500_aa300_

V系バンド、Alice Nineの19枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.5万枚。前作「Heart of Gold」の初動1.3万枚から上昇。

2010年は強敵の多い週にぶつかったりしたことで、なかなか連続TOP10入りができないでいたが、2011年は2作連続TOP10入りを達成した。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

DVDの内容は異なり、【CDのみ】には他形態には未収録の新曲を収録した3種買いの複数買い促進商法。

 

また、V系バンドお得意のイベント商法もがっつりで、2形態予約者対象で握手会を実施。

収録曲の関係も含め、ほとんどのファンが2枚以上買っていると思われる。

V系バンドの商法は時にアイドルを超える凶悪さを見せる。

数字が伸びたのも前作とのイベントの違いによるものと思われる。

レコード会社は徳間ジャパンで、あまり商法を駆使する会社というイメージはないかもしれないが、普通にやることはやっている。

 

サウンドスキャンでは【CDのみ】だけ14位にランクインして0.6万枚。

一般店舗以外のV系ショップなどでの売上げが多いと思われ、サウンドスキャンでは未集計となっているようだ。

 

第9位 HERO/Sweet Jewel -Fairies

61sx76hbal__sl500_aa300_

女性7人組グループ、Fairiesの2枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

デビュー作だった前作は11位だったので、これが初のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.2万枚。前作「More Kiss/Song for you」の初動0.9万枚から上昇。

2作目で上昇し、自己最高初動。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

アイドル的立ち位置だが、CDの収録内容は同じで複数買い促進にはなっていない。

なお、パッケージ数も前作は3種だったので、1種減っている。

そういったリリース条件下でも数字を伸ばしているので、メディア露出を重ねた効果か、人気は右肩上がりの様子。

 

リリース週の日曜日には握手会を開催。

当日このCDを買うことが参加条件となっているが、事前告知ありのイベントなので、それに参加したいファンはフラゲせずに待つことができたと思われる。

加えて、購入する店舗やECサイトごとに異なるトレカ特典なども用意されている。

 

サウンドスキャンではDVD付だけがTOP20入りし、0.7万枚。

mu-mo販売分がオリコン未集計のようで、乖離が生まれている。

 

第10位 believe...~君を信じて~ -JUNO

51goz3tus5l__sl500_aa300_

JYJのジュンスの双子の兄、JUNOの2枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これが自身初のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.0万枚。前作「Fate」の初動0.7万枚から上昇。

2作目で上昇し、自己最高初動。

 

リリース形態は一般流通がDVDの有無で2種、それに【ローソン・HMV盤】と【BeeTV盤】があり、計4種リリースとなっている。

前作は【BeeTV盤】がなくて3種リリースだったので、パッケージ数が増えており、数字上昇もほぼその効果と捉えていいだろう。

 

イベント商法ももちろん敢行で、ハイタッチ会参加券を封入している。

サウンドスキャンでは1種もランクインしていない。

複数買いが横行し、複数パッケージに売上が分散してしまった&一般流通以外が集計外となった溜めと思われる。

 

~今日のふといいなぁ~
WAY (from「OPERA」) by SUPER JUNIOR
光 (from『光』) by andymori

2012年5月14日 (月)

KARA&久保田利伸が絶好調! 返り咲き首位&TOP3!

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で12/26付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

 

新譜のリリースが少なかったこの週は勢いのある旧作の「返り咲き」が多く見られました。

ではでは、さっそく…

 

12/26付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 スーパーガール -KARA

4111101772

前週の3位から2ランクアップして、リリース4週目にして1位返り咲き

これで4週連続のTOP3入りとなる。

 

週間売上げは4.4万枚

週間1位の売上としては低めで、周りに強敵がいなかったための繰り上げ当選的な1位。

前週の7.9万枚からダウンもしているが、このご時世ではなかなか拝めない強烈な粘りを見せている。

 

累積売上げは49.4万枚を突破。

たった4週であれだけロングヒットした前作『ガールズトーク』の累積を超えた。

登場週にも書いたが、シングルでは完全に頭打ちとなっていたので、アルバムでここまで伸びるとは少々意外である。

 

今作に限らず、KARAの作品は洋楽扱いとなっており、レンタルが1年後の開始となっているので、そのあたりも購入に流れる要因のひとつなのかもしれない。

 

第2位 THE BEST OF BIGBANG -BIGBANG

韓国の男性5人組グループ、BIGBANGの日本初のベストアルバムが初登場で2位にランクイン。

 

初動売上げは3.0万枚

オリジナルアルバムだった前作「BIGBANG 2」の初動6.5万枚から半減以下にダウン。

思いっきり「ベストでダウン」現象を発動してしまっている。

 

前作では前々作から倍以上になる上昇で週間1位まで獲得し、人気上昇中をアピールしていた。

しかし、その後、メンバーの死亡事故騒動大麻吸引騒動でメディアから消失。

半ば活動休止を余儀なくされる事態になっていた。

 

日本語での作品としては初のベストだったが、09年の日本デビューでシングルも6枚しか出していないため、まったくライト層に響かなかった様子

また、先述の事件関係が原因なのか固定ファンが減ってしまっている可能性も。

ただ単にベストに魅力を感じないファンが多いためにスルーしたのなら、次にオリジナルになって数字回復の可能性があるが…。

 

リリース形態は【2CD+DVD+Tシャツ】、【2CD+DVD】、【1CD】の全3種リリース

ただし、内容は上位互換で複数買い促進ではない。

サウンドスキャンでは【2CD+DVD+Tシャツ】が0.7万枚、【2CD+DVD】が1.9万枚となっていることからも複数買いがあまり発生しなかったと思われる。

 

せっかく人気上昇の波がきていたのに、騒動で自爆したようなかたちに。

彼らも含め、韓国の男性グループはなかなかお茶の間レベルでの人気が獲得できない。

 

第3位 THE BADDEST~Hit Parade~ -久保田利伸

41vfufqhmdl__sl500_aa300_

前週の5位から2ランクアップで、TOP3返り咲き。

2位→3位→5位→3位と推移して、4週連続のTOP5入りとなっている。

 

週間売上げは2.9万枚。前週の5.7万枚からダウン。

ダウンしているものの、リリース4週目にして未だに3万枚近い数字をキープしており、もはや奇跡的ともいえるチャートアクションを見せている。

前作の初動が3.3万枚だったことを考えると、この4週目の数字がどれだけ高いのかわかるはずだ。

 

累積は4週で25万枚を突破した。

 

以下、ピックアップ。

 

第5位 THE BEST OF DETECTIVE CONAN4~名探偵コナンテーマ曲集4~ -Various Artists

人気アニメ「名探偵コナン」の主題歌集第4弾が初登場で5位にランクイン。

 

初動売上げは2.0万枚

前作『THE BEST OF DETECTIVE CONAN3~名探偵コナン テーマ曲集3~』の初動2.5万枚からダウン。

 

アニメはもう迷宮入りするほど放映が続き、コンピレーションアルバムも4作目となったが、出す度に数字を下げている。

前作が08年8月リリースだったので、約3年4ヵ月ぶりとなる。

 

ここ数年で「コナン」タイアップはどんどん効果を失っており、かなり昔はこのタイアップから出てくる新人もいたが、いまは皆無。

倉木麻衣やBREAKERZ、ガネクロなどが交代交代で主題歌を担当するような感じになっており、収録曲もその3アーティストだけで11曲

こうなると、このコンピで聴かなくてはならない意味があまり見つからない。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

前作はDVD付がなくて1種だったので、パッケージは増えているものの、内容は上位互換なので、複数買いはないと思われる。

 

~今日のふといいなぁ~
youthful days (from『Mr.Children 2001-2005 <micro>』) by Mr.Children
ガムシャララ (from『風歌キャラバン』) by ナオト・インティライミ

2012年5月 9日 (水)

武井咲、イベント商法駆使してヒット! マルモリは50万枚突破!

本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で12/19付チャートを見終わったので、本日からは12/26付チャートに突入です。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

 

当週は新譜少なめにつき、ふた記事に分けず、ひと記事でシングルチャート網羅していきます。

 

ではでは、さっそく…

12/26付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 We never give up! -Kis-My-Ft2

2

ジャニーズの7人組グループ、Kis-My-Ft2の2枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これで2作連続の首位獲得となる。

 

初動売上げは24.6万枚。前作「Everybody Go」の初動31.6万枚からダウン。

前作が待ちに待ったデビューシングルでいきなり初動30万を超える高いセールスパワーを見せていたが、2作目にして早くも大きくダウン。

デビュー作がマックスでそれ以降はどんどん下がっていく、ジャニーズの定番パターンに早くもはまっている。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種、【CDのみ】が1種、【ローソン・HMV盤】が1種、【キスマイショップ盤】が1種で合計5種リリース

【CDのみ】にのみ新曲1曲追加、【ローソン・HMV盤】にのみライヴ音源1曲とコメント音声追加、【キスマイショップ盤】には写真集を付属。

よって、音源と映像を購入でコンプするためには絶対に4枚買わなくてはならず、グッズまでコンプするためには絶対に5枚すべて買わなくてはならない複数買い促進商法

 

前作はメンバー別のパッケージが存在し、それだけでも7種あり、計10形態リリースだったので、これでもパッケージ数は減っている。

10種といえども、メンバー7人すべてのファンという猛者はそうそういないと思われ、7種のどれかを選択して購入しているはずなので、今回のダウンがパッケージ減の為とは言い難い。

 

結局、ジャニーズのデビュー作は「御祝儀買い」なる文化で普段手を出さない層も手を出し、それ以降はその層が購入をやめるので必然的に数字を下げることになる。

現状、嵐を除くほとんどのグループを超える初動となっているが、このまま下がっていくならすぐに2番手の位置は奪われてしまいそう。

 

第2位 BABY BORN & GO/KINJITO -UVERworld

41tn43lhqil__sl500_aa300_

UVERworldの20枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで17作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは5.3万枚。前作「CORE PRIDE」の初動6.2万枚からダウン。

前作はアルバムの先行シングルだったが、同時にソニーお得意のアニメタイアップも付き、結果的に前々作から数字を伸ばしていた。

前作は6.2万枚売り上げていながら、リリースラッシュ週にぶつかり5位に終わっていた。

ちなみに、2011年のシングルチャートで5位が6万枚を超えたのはその週だけ。それだけ運が悪かった。

 

今回は順位は大きく上がったが、アニメタイアップが外れ、ノンタイアップになったことで数字はダウン。

それでも同じくノンタイアップだった前々作の初動4.6万枚より高いため、好調といえる。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

前作はアニメ仕様盤があって3種だったので、パッケージ数は1種減となっている。

初動ダウンは必然といったところか。

 

ノンタイアップのときでも5万枚ラインを出すセールスパワーを2008年ごろから3年以上キープしている。

これ以上伸びる気配はないが、固定ファンがなかなか付かない、かつそれを保つことが難しいこのご時世に、かなり成功しているタイプといえる。

 

第3位 上からマリコ -AKB48

2003514_201111090707072001320780455

前週の1位から2ランクダウン。

2週連続のTOP3入りとなる。

 

週間売上げは4.6万枚

前週の驚異の初動119.9万枚からビッグマン急降下で、2週目で一気に26分の1になってしまった。

なんだ26分の1って…。

 

初週に狂ったような数字を出しているからまだ万単位の数字が出ているが、初動1万枚の作品なら26分の1だと、2週目380枚になっているところである…。

 

累積は2週で124.5万枚。初動からほとんど伸びずにフィックスしそうなペースである。

 

以下、新譜中心にピックアップ。

第5位 Tick Tack -U-KISS

Ticktacksingledvd

韓国の男性7人組グループ、U-KISSの日本デビューシングルが初登場で5位にランクイン。

まだ新たなグループが出てくるか…。

 

初動売上げは2.8万枚

リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【mu-moショップ&イベント会場限定盤】、【タワレコ限定盤】で全4種リリース

【CDのみ】に1曲追加収録&ハイタッチ会参加券封入、【mu-moショップ&イベント会場限定盤】には直筆サイン色紙、【タワレコ限定盤】にはタワレコ限定イベントの参加券が封入されている。

音源と映像のコンプリートなら2枚買い、その他グッズやイベント参加券にも手を出すなら、4種すべて買わなくてはならない複数買い促進商法

デビュー作から飛ばしている。いや、デビュー作だから飛ばしているのか。

 

サウンドスキャンではハイタッチ会参加券を封入した【CDのみ】だけがTOP20入りして、0.8万枚。

オリコンとの乖離およそ2万枚分は直筆サイン目当てのmu-mo分が多く、その他形態がちょこっとずつといった感じか。

これを結果を見ると、DVDよりイベント参加券のほうが威力があることがわかる。

 

次から次へとデビューする韓国グループ。

前々回の記事でも書いたが、何か差別化を図らないとファンを定着させるのは難しくなってきそう。

数年後、生き残るのは何グループだろうか。

 

第6位 恋スルキモチ -武井咲

51js20opfil__sl500_aa300_

女優 武井咲の歌手デビューシングルが初登場で6位にランクイン。

女優の歌手デビューシングルによるTOP10入りは、2010年3月に北乃きいが「サクラサク」で達成して以来、1年10ヵ月ぶりとなる。

 

初動売上げは2.2万枚

ここ最近、CMやドラマなど一気にメディア露出が増えている若手女優のデビュー作。

人気上昇中ということで、そこそこ高い数字を出してきた。

 

リリース形態は【CD+DVD】が1種、【CD+写真集】が1種、【CDのみ】が1種で計3種リリース

CDの収録内容は統一。DVDは内容が違うので、2種買い促進の複数買い促進商法

 

パッケージ上の商法は大したことないが、イベント商法が恐ろしい内容になっている。

3形態すべてに「クリスマスに武井咲に逢える!」イベント抽選券を封入。これはトークライヴとなっている。

かつ、3形態を1セットとした商品が別に用意されており、その3枚1組セットにはハイタッチ会参加券が封入されている。

 

強烈なのは、3形態1セットのほうにはばら売りのほうのイベント抽選券が封入されていないということ。

つまり、トークライヴとハイタッチ会どちらにも参加したいファンは少なくても4枚以上、同じCDを重複して購入しなくてはならない仕様になっている。

韓国勢やアイドルでもそうそう使わないレベルのイベント商法となっている。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.6万枚、【CDのみ】が0.5万枚で、計1.1万枚

【CD+写真集】がランクインしていないこと、オリコンとの乖離が1万枚以上あることから、3枚1セットがサウンドスキャンでは集計されていないと想定される。

また、【CD+写真集】よりも【CDのみ】の数字が出ているのは、【CDのみ】が安価なのでイベント抽選券狙いのファンが購入したためと思われる。

 

2作目も同じレベルのイベント商法を使わないと数字をキープするのは難しいと思われる。

 

 

第7位 True Love -DEEP

519oekxvfjl__sl500_aa300_


男性4人組コーラスグループ、DEEPの7枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.2万枚。前作「君じゃない誰かなんて~Tejina~」の初動1.6万枚からやや大きくダウン。

前々作の初動1.3万枚とほぼ同水準。

 

リリース形態はDVDの有無で2種と、mu-moショップ&LDH mobile限定盤が1種で計3種リリース

一般流通2種にイベント参加券を封入、mu-mo限定盤には一般流通とは異なるイベント参加券を封入している。

ほぼアイドルといっていいイベント商法だが、数字ダウンはイベントのプッシュが前作のときよりも弱かったためかと思われる。

サウンドスキャンでは1種もTOP20入りできず。ECサイトでの購入が多いためと思われる。

 

第8位 雷雨決行 -ザ・クロマニヨンズ

51y1qk7ztll__sl500_aa300_


ザ・クロマニヨンズの10枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

これで5作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.1万枚。前作「ナンバーワン野郎!」の初動1.3万枚からダウン。

前作は日清カップヌードルCMに起用された効果か、若干ながら数字を回復させていたが、今回ノンタイアップになって、前々作の水準に戻った。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

複数枚買わせる仕様なし。

サウンドスキャンではDVD付のみランクインして、1.0万枚。複数買いゼロ。

 

ここ数作は1万台前半で完全安定状態。

週によってはTOP10入りが危ぶまれる数字ではあるが、そこは狙ってリリース日を設定すれば連続TOP10記録は伸ばしていけそう。

 

以下、特別ピックアップ。

第25位 マル・マル・モリ・モリ! -薫と友樹、たまにムック。

マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)

週間売上げは0.4万枚

当週の売上をもって、累積売上げが50.3万枚に到達。

 

登場ちょうど30週目で50万枚突破となった。

2011年デビューアーティスト・アイドルの50万枚突破はこの2人が初となる。

 

10歳に満たないアーティスト・アイドルによるシングルの累積50万枚突破は、1969年に皆川おさむが「黒ネコのタンゴ」で達成して以来、42年1ヵ月ぶり史上2組目の快挙となる。

初動3.5万枚からスタートしたとは到底思えない累積売上げになっており、どれだけロングヒットしたのかがよくわかる結果になった。

それにしても、初動比14倍は凄い。

 

余談だが、初動比14倍をいまのAKBが達成すると、累積1680万枚になる計算。(初動120万枚×14)

ミリオンどころかサウザンドヒット。

それだけマルモリのロングヒット度合いは凄いということである。

~今日のふといいなぁ~
プレイボール (from「プレイボール/坂道のメロディ」) by YUKI

2012年5月 5日 (土)

赤西仁、全米デビュー作が首位! KARAはロングヒットモードへ!

G.Wはずっと雨です。

東京を出発するとき豪雨。

北海道に着いてから、3日連続雨。晴れている東京羨ましい。

 

あまりに連日雨なので、iPodで昔作った雨の曲プレイリストを再生中。

 

  1. Ghost In The Rain - the HIATUS
  2. 雨は気まぐれ - サカナクション
  3. 雨のMelody - KinKi Kids
  4. やさしい雨 - 小田和正
  5. 傘クラゲ - レミオロメン
  6. Rain - YUI
  7. Calling - B'z
  8. サボテン - ポルノグラフィティ
  9. あじさい通り - スピッツ
  10. 悲しみの傘
  11. Squall - 福山雅治
  12. SWEET CANDY RAIN - YOSHII LOVINSON
  13. 雨待ち風 - スキマスイッチ
  14. 夕立ち - スガシカオ
  15. Umbrella - YUI
  16. Rainy~愛の調べ~ (Single Version) - Janne Da Arc
  17. レイニー ブルー ~25th Anniversary Track~ - 徳永英明
  18. 優しい雨とこのままで - 音速ライン
  19. 通り雨 - Mr.Children
  20. LOVE RAIN ~恋の雨~ - 久保田利伸
  21. 雨上がり - レミオロメン
  22. 雨上がりに見た幻 - the pillows
  23. Rain~雨のち晴れ - Mr.Children
  24. 雨あがりの夜空に - RCサクセション

 

雨は大嫌いだけど、雨の曲は好き。

他にも「この曲は?」ってのがあったら、教えてくだされ。

 

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で12/19付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

12/19付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 TEST DRIVE featuring JASON DERULO -JIN AKANISHI

Showpic

元KAT-TUNの赤西仁の全米シングルの日本盤が初登場で1位を獲得。

ソロでの首位獲得はシングル「Eternal」に続き、2作目。

日本人アーティストによる海外デビュー作のオリコン1位は、04年に宇多田ヒカルがUtada名義で達成して以来、7年3ヶ月ぶりとなる。

 

初動売上げは10.9万枚

先述した1位獲得シングルはドギツイ商法を使ったこともあり、21.7万枚出ていたので、約半分程度となっている。

(※ドギツイ商法については過去記事を参照)

ちなみに、「LANDS」名義でリリースしたアルバムも初動10.3万枚だったので、偶然なのかほとんど同じ数字になっている。

 

今作は全米で配信シングルリリースした楽曲に新曲を追加したミニアルバムに近い内容となっている。

ただ、リミックスを除くと楽曲は4曲ともカウントできる内容で、普通にシングル認定されてもおかしくないのだが、今作に関してはアルバムとして集計されている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

2種でCDの収録内容が異なっており、2種買い促進の複数買い促進商法となっている。

サウンドスキャンではDVD付が6.3万枚、CDのみが4.5万枚と売上が分散しており、彼のファンがどちらか1枚を選んで買うタイプではないことを考慮すると、かなり複数買いが横行していることが読み取れる。

 

ちなみに、今週の指原莉乃のシングルの件でも話題になっているが、シングルとして集計するかアルバムとして集計するかの線引きをオリコンはしっかりすべきだと思う。

今作もシングルとして集計されていれば1位は獲れていないわけだし。

 

第2位 TRIBAL SOUL -三代目J Soul Brothers

51inmkl3vkl__sl500_aa300_

三代目J Soul Brothersの2枚目のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。

前作からわずか半年という短いタームでのリリース。

前作もフルアルバムだったので1年に2枚フルアルバムをリリースしたことになる。

 

初動売上げは9.3万枚。前作『J Soul Brothers』の初動9.4万枚と同水準。

たった半年しか経っていないということもあり、まったく同じといっていい数字に。

 

リリース形態は【CD+3DVD】、【CD+DVD】、【CDのみ】で計3種リリース

前作は2種リリースだったので、パッケージは1種増えている。

ただ、3種あるものの、CDは内容統一で、DVDも上位互換となっているので、普通は一番豪華なタイプを1枚買えば事足りる仕様となっている。

1人1枚で事足りる仕様は前作も同じだったので、ファンの数がほとんど変わっておらず、かつ1人あたりの購入枚数も変わらず、前作とほぼ同水準になったと思われる。

 

個人的には前作は初のアルバムということでライト層を引っ張れての数字かと思っていたが、そうでもなさそう。

普通にはじめっからEXILEから流入してきた固定ファンがっちりだったということか。

 

サウンドスキャンでは【CD+3DVD】のみがTOP20入りし、売上は6.5万枚

前作はサウンドスキャンで5.7万枚だったので、売上は上昇している。

相変わらず大きいオリコンとの乖離はmu-moショップ分がオリコン集計外のためと思われるが、今回は一般店舗での購入分が増えたことになる。

 

第3位 スーパーガール -KARA

4111101772

前週の2位から1ランクダウン。

これで3週連続のTOP3入り。

 

週間売上げは7.9万枚

前週の2週目9.6万枚から驚異的なキープで、数字がほとんど落ちていない。

このご時世、商法をこねくり回して何とかなることがある「大ヒット」よりもはるかにハードルが高くなっているのが「ロングヒット」。

そんな市場の状況を無視するかのように、完全にロングヒットモードに突入している。

 

累積は3週で早くも45万枚を突破。勢いが他とは違う。

間違いなく、2011年年末商戦の代表作品。

2009年のEXILE、2010年のいきものがかりベストなどこの立ち位置にはまるとロングヒットして大ヒットとなる可能性が非常に高い。

 

第4位 THE FIRST -SHINee

933d0c88ef1876e4b6910be73b802b74

韓国の男性5人組グループ、SHINeeの日本1stアルバムが初登場で4位にランクイン。

 

初動売上げは7.2万枚

先行でリリースされているシングルは3作で、9.1万枚→5.4万枚→5.0万枚と出す度に数字を下げていた。

今作は直近シングル2作よりも高く出ており、アイドル恒例の「シングル>アルバム」現象になるのを回避している。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

DVDの内容は異なり、【CDのみ】にだけ1曲追加収録しているため、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

また、3形態のうち2形態購入者限定で、イベント参加抽選に参加できるという施策もあり、完全に2枚以上買わせる売り方で勝負してきた。

 

通常、アルバムになると単価が上がるので複数買いが抑制され、「シングル>アルバム」になる例が多いのだが、今回はファンに買い控えをさせなかった為に「シングル<アルバム」になったというのが正しいかもしれない。

韓国勢の売り出し方に関しては、EMIはかなりキツイ商法を使っている。

日本アーティストの場合はソニーやエイベックス、ユニバーサルのように商法を駆使するイメージはないのだが、韓国系は割り切っているのかもしれない。

 

以下、ピックアップ。

第10位 HUMANIA -NICO Touches the Walls

51y3d3gfsl__sl500_aa300_

4人組ロックバンド、NICO Touches the Wallsの4枚目のフルアルバムが初登場で10位にランクイン。

これがアルバムでは自身初のTOP10入りとなる。

前作からわずか8か月という短期間でのリリースとなっている。

 

初動売上げは1.5万枚。前作「PASSENGER」の初動0.9万枚から上昇。

このタイミングで自己最高初動をマーク。

先行でリリースされているシングルは「手をたたけ」のみ。

「手をたたけ」はau LISMOタイアップで初動1万超えしていたが、運悪く高レベル週に当たり、TOP10入りは逃していた。

とはいえ、CMで大量にオンエアされていたので、バンドの注目度は上がっていた様子。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、複数買わせる仕様ではない。

 

ブレイクなるかといったところまではいっていながら、なかなか爆発できないでいるイメージ。

今作のTOIP10ヒットをきっかけに固定ファンを得ることができたのか注目したいところだ。

 

~今日のふといいなぁ~
雨は気まぐれ (from『NIGHT FISHING』) by サカナクション

2012年5月 4日 (金)

放課後ティータイム、映画主題歌が2作同時TOP10入り!

本日はチャートチェックを進めます。

前々回の記事で12/19付シングルチャートの第3位までを見終わったので、本日は4位以降をチェックしていきます。

なお、今回は4位と5位は関連作なので同時チェックです。

 

ではでは、さっそく…

12/19付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位と第5位はこの曲!

 

第4位 Singing! -放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕

51epmddnmvl__sl500_aa300_


第5位 Unmei♪wa♪Endless! -放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕

61awirrlgjl__sl500_aa300_

映画「けいおん!」の主要キャラ5人(の声優陣)によるバンド、放課後ティータイムのシングルが4位と5位にそれぞれ初登場。

テレビアニメ期のシングルも含め、これで8作連続通算8作目のTOP10入りとなる。

 

初動売上げはそれぞれ4.71万枚4.66万枚

地上波アニメ第2期の劇中歌だった前作「ごはんはおかず/U&I」の初動5.3万枚だったので、どちらもそこからダウン。

 

4位の「Singing!」が映画ED、5位の「Unmei♪wa♪Endless!」が映画OPとなっているが、やはり地上波アニメの頃に比べて映画だとタイアップ効果が低く、また地上波アニメが終わって1年以上経って話題性も若干下がったようで数字を下げた。

なお、地上波アニメの頃はOPとEDシングルは初動8万台後半まで数字を伸ばし、チャートファンを驚愕させていた。

映画だと毎週流れる地上波に比べ、やはり楽曲の浸透度に差が出てしまう様子。

 

リリース形態はともにジャケット違いで2種リリース

前作はCD1種リリースだったので、パッケージ数は増えているものの、収録内容に違いはない。実質1種リリースである。

サウンドスキャンでも1種しかランクインしていないので、複数買いはほとんど発生していない様子。

 

アニメ放映中の人気絶頂期に比べると低めの数字になったものの、キャラソンの数字としては相変わらずべらぼうに高い。

一応、劇場版でひと区切りのようだが、今後劇場版第2弾だったり、次の展開があったならばその動向には注目したいところ。

ただ、ここから数字を回復させるのは少し難しそう。

 

第6位 Present -flumpool

513wyziexnl__sl500_aa300_


flumpoolの8枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

これで8作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.3万枚。前作「証」の初動3.4万枚とほぼ同水準。

前作は合唱コンクール課題曲タイアップで、今回は実質ノンタイアップ状態。

前作のタイアップは過去にヒット曲を生みだしたものだったので、若干効果があったのかと思っていたが、この様子を見る限り、ただ固定ファンが動いただけだったらしい。

ここ数年は基本的に3万台前半が安定ラインで、タイアップ効果が出ると3万台後半まで伸びるといった感じになっている。

 

リリース形態は【CD+グッズ】、【CDのみ】で2種リリース

前作まではグッズではなく、一般的なDVDだったが、売上に大きな影響はなし。

普段DVD付に手を出さないレベルのファンはグッズにも手を出さないということか。

 

なお、サザンといい、福山といい、アミューズ系アーティストはCDにグッズを付けるケースが増えてきている。

DVDに比べて原価、利益率ってどうなんだろう。

 

もし、DVDより利益率が高いのなら、各社グッズをつけたほうがいいような気がする。

グッズはレンタルもコピーもできないし。

 

第7位 Love Days -大国男児

Lovedaysa300x300

韓国の男性グループ、大国男児の4枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入り。

なお、7位は自己最高位となる。

 

初動売上げは1.8万枚。前作「Love Parade」の初動1.8万枚から変わらず。

2連続で数字を伸ばしていたが、ここで頭打ちとなった。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CD+トレカ】が1種で計3種リリース

CDの内容は同じなので、2種買い促進の複数買い促進商法となる。

 

韓国勢だけにイベント商法も活発で、3種すべてにイベント参加券を封入。

全国5か所で「Loveあたため会」なるイベントを敢行している。

 

パッケージの商法、イベント商法ともに前作と大きく違いがないので、人気上昇の波はいったん止んだと見ていいだろう。

 

以下、新譜をピックアップ。

 

第9位 マッハ -RAINBOW

51iapy0zxl__sl500_aa300_

KARAの妹分となる韓国の女性7人組グループ、RAINBOWの日本2枚目のシングルが初登場で9位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.6万枚。前作「A(エー)」の初動2.4万枚からダウン。

前作が日本デビュー作でいきなりのTOP3入りとなっていたが、2作目にして早くも順位・売上ともに大きくダウン。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CD+フォトブック】、【CDのみ】の計3種リリース

【CDのみ】に韓国語Ver収録というところまで、KARAとまったく同じ商法となっている。

2種買い促進の複数買い促進商法

 

前回ではイベント参加券が封入されていたが、今回はライブの応募券はあるものの、イベントに直結するアイテムの封入はない様子。

そこが売上ダウンに大きな影響を及ぼしたのは間違いないだろう。

 

韓国の女性グループもあまりに数が増えすぎて、ファンが分散してしまっているのか、少女時代やKARAのように突き抜けるグループが出てこない。

 

第10位 ネバギバYeah! -SHU-I

61dsl4sgsul__sl500_aa300_


韓国の男性5人組グループ、SHU-Iの3枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

3作目にしてグループ初のオリコンTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.1万枚。前作「Summer Sweet/キズナ」の初動1.4万枚からダウン。

前作で一気に数字を伸ばしていたが、今回は早くもダウン。

ただ、前作で若干レベルが高めの週にぶつかっていたため逃したTOP10入りは達成。

 

リリース形態は一般流通がDVDの有無で2種リリースとmu-moショップ限定盤(兼ライブ&イベント会場限定盤)が1種で計3種リリース

CDの収録内容はインストの有無だけで、統一。

韓国系にしては商法は緩め。

 

上のRAINBOWと同じく、韓国男性グループも数が増え、ファンが分散してしまっている感が否めない。

何か差別化を図っていかないと一般からすると全部同じグループに見えてしまうと思われる。

 

 

~今日のふといいなぁ~
Klee (from『kikUUiki』) by サカナクション
トラノコ (from「エンドロールEP」) by 秦基博

2012年5月 3日 (木)

5月新譜チェック!~もはやAKB祭り…全週にAKB関連スタンバイ!~

北海道に帰省中。

意外にあったかい。もう5月だもんね。

 

さて、本日は5月の新譜チェックをいたします。

みなさん、「おっ!」と思う新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

5/2

  • おいでシャンプー -乃木坂46
  • それでも好きだよ -指原莉乃
  • 残り香 -シド
  • ドットビキニ -スマイレージ
  • プレイボール/坂道のメロディ -YUKI
  • 月光 -斉藤和義
  • ハテナ/夢みたいだ -チャットモンチー
  • 太陽の約束  -山崎まさよし
  • Wild Chid  -moumoon
  • 仮契約のシンデレラ -私立恵比寿中学 (5/5リリース)

5/9

  • Face Down -嵐
  • ナギイチ -NMB48
  • Opera -SUPER JUNIOR
  • S -シド
  • いつも、いつまでも -TUBE
  • 人形の家/夢は夜ひらく -徳永英明
  • めぐみ/悲しいときも嬉しいときも -持田香織

5/16

  • アイシテラブル! -SKE48
  • Sherlock -SHINee
  • Still Love You -AAA
  • MY TIME TO SHINE -DREAMS COME TRUE
  • マミレル -木村カエラ
  • 世界はまだ君を知らない -阿部真央
  • 夏の大三角形 -NICO Touches the Walls
  • 徒然モノクローム/流線形 -フジファブリック
  • ずっとずっとトモダチ -芦田愛菜
  • 覚醒シュプレヒコール -AYABIE
  • We Can Fly -Happiness
  • Shine -家入レオ

5/23

  • 真夏のSounds good! -AKB48
  • Bible -GLAY
  • ハイナ!  -NYC (5/25リリース)
  • 私たち -西野カナ
  • Lovey-Dovey -T-ARA
  • with you  -ゆず
  • 目をとじてギュッしよ -ABCHO
  • 突撃ロック -ザ・クロマニヨンズ
  • 雨ときどき晴れのち虹 -風男塾
  • 追憶 -Single Version-/大切な言葉 -東京女子流
  • 流星/the sun -清春
  • シロツメクサ -豊崎愛生
  • 空も飛べるはず/ビアンカ/恋するスポーツ -さよならポニーテール
  • でんぱれーどJAPAN/強い気持ち・強い愛 -でんぱ組.inc

5/30

  • 少年よ 嘘をつけ! -渡り廊下走り隊7
  • 告白 -平井堅
  • OH!!!!迷惑!!!!  -GReeeeN
  • 僕と花 -サカナクション
  • アルタイル -秦基博 meets 坂道のアポロン
  • 眠り姫 -SEKAI NO OWARI
  • stand by me -ステレオポニー
  • 日曜日 -back number

 

ざっとこんな感じ。

タイトルの通り、5月は5週すべてにAKB勢のリリースがあるという、もはやAKB祭りといっていい1ヵ月。

 

また、AKB勢の中でもセールスパワーが高いAKB48本体、姉妹グループのSKE48、NMB48と強烈ラインナップとなっている。

逆に言うと大きな見どころはAKB勢のチャートアクションだけで、その他で週間1位争いも起こりそうにないし、ビックネームのリリースも少なめだったりする。

 

では、まず1週目。

ここではAKB48関連同士の週間1位争いが勃発。

「乃木坂46 vs 指原莉乃」は数ヶ月前からAKB48の公式ライバルである乃木坂46とAKB48からソロデビューとなる指原の対決ということでメディアが煽っていた注目のカード。

 

乃木坂46の前作「ぐるぐるカーテン」は初動13.6万枚

指原は今作がデビュー作だったため、上げる数字はないが、参考までにAKB48からこれまでソロデビューしたメンバーの数字を上げてみる。

 

総選挙1位である前田敦子のソロデビュー作「Flower」が初動17.7万枚

板野友美のソロデビュー作「Dear J」が初動16.3万枚

しかし、板野友美はこのあと2作リリースし、出す度に初動が9.0万枚7.3万枚と下がってしまっている。

総選挙5位の渡辺麻友も今年ソロデビューしており、そのデビュー作「シンクロときめき」は初動12.3万枚だった。

 

指原が乃木坂に勝つためには、総選挙1位の前田、当時総選挙4位だった板野のデビュー作並みの数字が求められる

総選挙5位の渡辺クラスの数字を出せても乃木坂には勝てないので、総選挙9位の指原にとって、それは限りなくハードルの高い条件である。

 

なお、この「乃木坂 vs 指原」はすでに火ぶたが切って落とされており、初日の結果は「私服ツイート」で速報した通り、やはり乃木坂の圧倒的勝利となっている。

メディアが大いに煽ったせいか、指原に軍配が上がると予想していた人もいたようで、この結果に驚いたような反応も見られている。

指原はエイベックスでのリリースということで、何か仕掛けがある可能性はあるが、ここまでの大差では手の施しようがないだろう。

とりあえず、ウィークリーの結果は楽しみなところである。

 

 

続いて、2週目にはNMB48、3週目にはSKE48がスタンバイ。

AKB本体に次ぐセールスパワーを誇る姉妹ユニットのツートップが2週連続で登場。

 

NMB48の前作「純情U-19」は自己最高の初動32.9万枚をマーク。

SKE48の前作「片想いFinally」も自己最高の初動49.6万枚で、破壊的な数字を叩き出していた。

 

ともに、勢いを上げてきているユニットであり、両者とも前作を超えてくる可能性を秘めている。

特に、SKE48に関しては前作が初動50万枚目前のところまできており、今作で数字を伸ばすならついに50万台の大台に乗ることになる。

そうなると、ついにあの嵐を脅かす存在になり、年間ランキングでも嵐を追いやり上位を独占する可能性も出てくる。

 

NMB48の今作「ナギイチ」はこれまでにAKB48やSKE48が一気に躍進を遂げていた水着での夏ソング。

「ポニーテールとシュシュ」、「パレオはエメラルド」に続き、大ブレイク作となるか注目したいところだ。

 

そして…

何といっても注目は第4週目。

現在、日本≒世界で最強のCDセールスパワーを持つ、AKB48が登場。

 

前作「GIVE ME FIVE!」は驚異の初動128.7万枚

「Everyday、カチューシャ」から5作連続で初動ミリオンを達成、「桜の木になろう」から6作連続ミリオンという驚異の記録を残していた。

今作ではそれぞれの記録更新に期待がかかる。

派生ユニットの右肩上がりの成長、メディア露出の量の増加など、ここから売上がマイナスに転じる要素はまったくなく、淡々と記録を更新していくものと思われる。

 

今作は5月後半にリリースすることが恒例となっている夏ソングということもあり、勢いが上がる可能性があり、「風は吹いている」以来の初動130万枚超えなるか、注目したいところだ。

 

そして、最終週にはAKB48の派生ユニット、渡り廊下走り隊7がスタンバイ。

渡り廊下走り隊7のメンバーだった平嶋夏海が今年1月に異性関係の報道きっかけにグループから脱退。

その穴を元AKB48メンバーの浦野一美(26歳)が埋めるかたちで新体制となっている。

平嶋が脱退、浦野の加入が売上にどのような影響をもたらすのか注目したいところだ。

 

 

ざっと見ていったが、AKB関連以外の見どころは特にない。

敢えて言うなら、男性勢でトップのセールスパワーを誇る嵐の動向だが、いつも通り50万台を出してくるものと思われる。

そこから下がったり、それ以上の伸びが生まれるような兆候は見られていない。

 

AKB勢の肝は初日の動向。それで週間の結果も8割がた見えてくる。

初日売上等は「私服ツイート」でも上げていきますので、ヨロシクです。

 

~今日のふといいなぁ~
祈り ~涙の軌道 (from「祈り ~涙の軌道/End of the day/pieces」) by Mr.Children

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ