Twitter

  • 私服ツイート

« 放課後ティータイム、映画主題歌が2作同時TOP10入り! | トップページ | 武井咲、イベント商法駆使してヒット! マルモリは50万枚突破! »

2012年5月 5日 (土)

赤西仁、全米デビュー作が首位! KARAはロングヒットモードへ!

G.Wはずっと雨です。

東京を出発するとき豪雨。

北海道に着いてから、3日連続雨。晴れている東京羨ましい。

 

あまりに連日雨なので、iPodで昔作った雨の曲プレイリストを再生中。

 

  1. Ghost In The Rain - the HIATUS
  2. 雨は気まぐれ - サカナクション
  3. 雨のMelody - KinKi Kids
  4. やさしい雨 - 小田和正
  5. 傘クラゲ - レミオロメン
  6. Rain - YUI
  7. Calling - B'z
  8. サボテン - ポルノグラフィティ
  9. あじさい通り - スピッツ
  10. 悲しみの傘
  11. Squall - 福山雅治
  12. SWEET CANDY RAIN - YOSHII LOVINSON
  13. 雨待ち風 - スキマスイッチ
  14. 夕立ち - スガシカオ
  15. Umbrella - YUI
  16. Rainy~愛の調べ~ (Single Version) - Janne Da Arc
  17. レイニー ブルー ~25th Anniversary Track~ - 徳永英明
  18. 優しい雨とこのままで - 音速ライン
  19. 通り雨 - Mr.Children
  20. LOVE RAIN ~恋の雨~ - 久保田利伸
  21. 雨上がり - レミオロメン
  22. 雨上がりに見た幻 - the pillows
  23. Rain~雨のち晴れ - Mr.Children
  24. 雨あがりの夜空に - RCサクセション

 

雨は大嫌いだけど、雨の曲は好き。

他にも「この曲は?」ってのがあったら、教えてくだされ。

 

さて、チャートチェックに移ります。

前回記事で12/19付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

12/19付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 TEST DRIVE featuring JASON DERULO -JIN AKANISHI

Showpic

元KAT-TUNの赤西仁の全米シングルの日本盤が初登場で1位を獲得。

ソロでの首位獲得はシングル「Eternal」に続き、2作目。

日本人アーティストによる海外デビュー作のオリコン1位は、04年に宇多田ヒカルがUtada名義で達成して以来、7年3ヶ月ぶりとなる。

 

初動売上げは10.9万枚

先述した1位獲得シングルはドギツイ商法を使ったこともあり、21.7万枚出ていたので、約半分程度となっている。

(※ドギツイ商法については過去記事を参照)

ちなみに、「LANDS」名義でリリースしたアルバムも初動10.3万枚だったので、偶然なのかほとんど同じ数字になっている。

 

今作は全米で配信シングルリリースした楽曲に新曲を追加したミニアルバムに近い内容となっている。

ただ、リミックスを除くと楽曲は4曲ともカウントできる内容で、普通にシングル認定されてもおかしくないのだが、今作に関してはアルバムとして集計されている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

2種でCDの収録内容が異なっており、2種買い促進の複数買い促進商法となっている。

サウンドスキャンではDVD付が6.3万枚、CDのみが4.5万枚と売上が分散しており、彼のファンがどちらか1枚を選んで買うタイプではないことを考慮すると、かなり複数買いが横行していることが読み取れる。

 

ちなみに、今週の指原莉乃のシングルの件でも話題になっているが、シングルとして集計するかアルバムとして集計するかの線引きをオリコンはしっかりすべきだと思う。

今作もシングルとして集計されていれば1位は獲れていないわけだし。

 

第2位 TRIBAL SOUL -三代目J Soul Brothers

51inmkl3vkl__sl500_aa300_

三代目J Soul Brothersの2枚目のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。

前作からわずか半年という短いタームでのリリース。

前作もフルアルバムだったので1年に2枚フルアルバムをリリースしたことになる。

 

初動売上げは9.3万枚。前作『J Soul Brothers』の初動9.4万枚と同水準。

たった半年しか経っていないということもあり、まったく同じといっていい数字に。

 

リリース形態は【CD+3DVD】、【CD+DVD】、【CDのみ】で計3種リリース

前作は2種リリースだったので、パッケージは1種増えている。

ただ、3種あるものの、CDは内容統一で、DVDも上位互換となっているので、普通は一番豪華なタイプを1枚買えば事足りる仕様となっている。

1人1枚で事足りる仕様は前作も同じだったので、ファンの数がほとんど変わっておらず、かつ1人あたりの購入枚数も変わらず、前作とほぼ同水準になったと思われる。

 

個人的には前作は初のアルバムということでライト層を引っ張れての数字かと思っていたが、そうでもなさそう。

普通にはじめっからEXILEから流入してきた固定ファンがっちりだったということか。

 

サウンドスキャンでは【CD+3DVD】のみがTOP20入りし、売上は6.5万枚

前作はサウンドスキャンで5.7万枚だったので、売上は上昇している。

相変わらず大きいオリコンとの乖離はmu-moショップ分がオリコン集計外のためと思われるが、今回は一般店舗での購入分が増えたことになる。

 

第3位 スーパーガール -KARA

4111101772

前週の2位から1ランクダウン。

これで3週連続のTOP3入り。

 

週間売上げは7.9万枚

前週の2週目9.6万枚から驚異的なキープで、数字がほとんど落ちていない。

このご時世、商法をこねくり回して何とかなることがある「大ヒット」よりもはるかにハードルが高くなっているのが「ロングヒット」。

そんな市場の状況を無視するかのように、完全にロングヒットモードに突入している。

 

累積は3週で早くも45万枚を突破。勢いが他とは違う。

間違いなく、2011年年末商戦の代表作品。

2009年のEXILE、2010年のいきものがかりベストなどこの立ち位置にはまるとロングヒットして大ヒットとなる可能性が非常に高い。

 

第4位 THE FIRST -SHINee

933d0c88ef1876e4b6910be73b802b74

韓国の男性5人組グループ、SHINeeの日本1stアルバムが初登場で4位にランクイン。

 

初動売上げは7.2万枚

先行でリリースされているシングルは3作で、9.1万枚→5.4万枚→5.0万枚と出す度に数字を下げていた。

今作は直近シングル2作よりも高く出ており、アイドル恒例の「シングル>アルバム」現象になるのを回避している。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

DVDの内容は異なり、【CDのみ】にだけ1曲追加収録しているため、全音源・映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

また、3形態のうち2形態購入者限定で、イベント参加抽選に参加できるという施策もあり、完全に2枚以上買わせる売り方で勝負してきた。

 

通常、アルバムになると単価が上がるので複数買いが抑制され、「シングル>アルバム」になる例が多いのだが、今回はファンに買い控えをさせなかった為に「シングル<アルバム」になったというのが正しいかもしれない。

韓国勢の売り出し方に関しては、EMIはかなりキツイ商法を使っている。

日本アーティストの場合はソニーやエイベックス、ユニバーサルのように商法を駆使するイメージはないのだが、韓国系は割り切っているのかもしれない。

 

以下、ピックアップ。

第10位 HUMANIA -NICO Touches the Walls

51y3d3gfsl__sl500_aa300_

4人組ロックバンド、NICO Touches the Wallsの4枚目のフルアルバムが初登場で10位にランクイン。

これがアルバムでは自身初のTOP10入りとなる。

前作からわずか8か月という短期間でのリリースとなっている。

 

初動売上げは1.5万枚。前作「PASSENGER」の初動0.9万枚から上昇。

このタイミングで自己最高初動をマーク。

先行でリリースされているシングルは「手をたたけ」のみ。

「手をたたけ」はau LISMOタイアップで初動1万超えしていたが、運悪く高レベル週に当たり、TOP10入りは逃していた。

とはいえ、CMで大量にオンエアされていたので、バンドの注目度は上がっていた様子。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、複数買わせる仕様ではない。

 

ブレイクなるかといったところまではいっていながら、なかなか爆発できないでいるイメージ。

今作のTOIP10ヒットをきっかけに固定ファンを得ることができたのか注目したいところだ。

 

~今日のふといいなぁ~
雨は気まぐれ (from『NIGHT FISHING』) by サカナクション

« 放課後ティータイム、映画主題歌が2作同時TOP10入り! | トップページ | 武井咲、イベント商法駆使してヒット! マルモリは50万枚突破! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放課後ティータイム、映画主題歌が2作同時TOP10入り! | トップページ | 武井咲、イベント商法駆使してヒット! マルモリは50万枚突破! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ