Twitter

  • 私服ツイート

« 倖田、結婚後初作品が首位! ソナポケは自己最高位&最高初動! | トップページ | AKB岩佐美咲が演歌歌手史上最年少記録を更新! »

2012年6月29日 (金)

CNBLUE、41年ぶりの快挙達成!

本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で2/6付チャートを見終わったので、本日は2/13付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートからチェックしていきます。

 

ではでは、さっそく…

2/13付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 Where you are -CNBLUE

51qj5pa2hil


韓国の男性ロックバンド、CNBLUEのメジャー2枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

2009年のインディーズでのデビュー以来、これが日本での初の首位獲得となる。

 

また、海外のバンドによるシングル首位は、1971年にカナダのロックバンド、マッシュマッカーンが達成して以来、なんと41年1ヵ月ぶりの快挙となる。

なお、韓国男性アーティストの1位獲得は、東方神起、JEJUNG & YUCHUN、チャン・グンソクに次いで史上4組目の記録。

 

初動売上げは6.0万枚。前作「In My Head」の初動7.1万枚からダウン。

順位だけ見ると人気上昇中のように映るが、数字はダウンしており、メジャー2作目にして早くも伸びが止まっている状態になる。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【ローソン限定盤】で計3種リリース

CDの収録内容は統一で、音源・映像の面では複数買い促進にはなっていない。

ただ、【ローソン限定盤】は他にはないグッズが付いているので、結局2枚買い促進の複数買い促進商法となる。

 

かつ、3種のうち2枚購入することで参加できるイベントもスタンバイしており、確実に2枚以上買うことを助長している。

なお、パッケージ商法およびイベント商法ともに前作と同じやり方。

商法面で何か不利になったことで数字が下がったわけではなさそう。

 

メジャーデビュー作という話題性で前作が高く出ていたのか、今回が不調なのか…微妙なライン。

とりあえず、韓国勢はバンドもアイドルのように売り出せるので、ある程度の売上が見込めるようで、それはかなりの強みである。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.4万枚、【CDのみ】が1.4万枚で計4.8万枚。

オリコンとの差異は【ローソン盤】売上分と思われる。

 

第2位 ナイショの話 -ClariS

41tpzhembll__sl500_aa300_


女子中学生2人組ユニット、ClariSの4枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

2位は2010年のデビュー以来、自己最高位となる。

これで4作連続のTOP10入り。

 

初動売上げは3.5万枚。前作「nexus」の初動1.9万枚から大きく上昇。

自己最高初動を更新。

今回はアニメ「化物語」タイアップとなっており、ソニーお得意のパターンで一気に数字を持ち上げてきた。

前作は小説『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の主題歌で、小説の主題歌って何だろうというものだったので、タイアップ効果が爆発的に上がっているのは間違いない。

前作の累計売上を初動だけでクリアする好調ぶりとなっている。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【アニメ盤】で計3種リリース

【アニメ盤】だけにTV sizeが収録されている、2種買い促進の複数買い促進商法

前作はアニメタイアップがついておらず、2種リリースだったので、パッケージ1種増。

 

女子中学生ということ以外はマスクがされたユニットなので、アイドル的人気というよりは声優関連の作品に近い捉えられ方をしていると思われ、タイアップによって数字がかなり上下する。

サウンドスキャンでは、【アニメ盤】が3位、【CD+DVD】が4位で売上はともに1.6万枚。計3.2万枚。

【アニメ盤】がいちばん売れているということからも、アニメタイアップがかなり効いていることがわかる。

今後もタイアップ先のアニメによってはかなり高い数字を出してくることが予想され、要注目である。

 

第3位 片想いFinally -SKE48

N0097620ic

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは3.3万枚

前週の初動49.6万枚から一気に15分の1になる大暴落は御愛嬌。

ただ、これでも前作の2週目2.6万枚より高い。

 

累計は2週で軽々50万オーバーして、52.8万枚に到達。

このままいけば、年間TOP10入りは堅いか。

 

第4位 ひとつ -長渕剛

51rh5tnalhl__sl500_aa300_


長渕剛の45枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

TOP10入りは2作振りで、通算27作目となる。

 

初動売上げは2.6万枚。前作「TRY AGAIN for JAPAN」の初動1.0万枚から大きく上昇。

前作はアルバム収録曲のアレンジだったため、いつもより不調な成績に終わっていた。

なお、前々作が初動1.2万枚で、その前が初動1.4万枚なので、今回は絶好調だといえる。

 

今作は2011年の紅白歌合戦で音源リリース前ながら歌唱された楽曲。

震災支援の意味合いがある楽曲ということもあり、CDリリース待ちの層がある程度いたようで、ライト層にも刺さったようだ。

 

リリース形態は魂のCD1種リリース

サウンドスキャンでは2.4万枚。

サウンドスキャンではClariSとSKE48の売上が複数パッケージに分散されているため、2位になっている。

 

デビューから35年というキャリアになってなお、チャート上位に顔を出す、人気の根強さは凄いの一言。

ファン層が高いため、配信等に流れにくいのはひとつの強みかもしれない。

 

~今日のふといいなぁ~
祈り~涙の軌道 (from「祈り~涙の軌道/End of the day/pieces」) by Mr.Children

« 倖田、結婚後初作品が首位! ソナポケは自己最高位&最高初動! | トップページ | AKB岩佐美咲が演歌歌手史上最年少記録を更新! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倖田、結婚後初作品が首位! ソナポケは自己最高位&最高初動! | トップページ | AKB岩佐美咲が演歌歌手史上最年少記録を更新! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ