Twitter

  • 私服ツイート

« 星野源、ボウデ、ナオト…いまや珍しい軒並み上昇週! | トップページ | AKB48、2012年も勢い止まらず! 6作連続ミリオン!! »

2012年7月12日 (木)

ラルク、4年3ヵ月ぶりのアルバム首位!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事では2/20付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

 

ではでは、さっそく…

2/20付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 BUTTERFLY -L'Arc~en~Ciel

61baaposrl__sl500_aa300_

L'Arc~en~Cielの12枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得。

L'Arc~en~Cielのアルバム首位獲得は、11枚目のオリジナルアルバム『KISS』以来、4年3ヵ月ぶりで、通算8作目となる。

 

初動売上げは17.1万枚

前作は3作同時リリースのベストアルバム『TWENITY』で、3作のうち最も売れたのが「2000-2010」で、その他の2作はTOP10入りすら逃す大惨事。

ベストがオリジナルを下回る例はよく目にするが、ここまで買い控えられた公式ベストは前代未聞レベル。

 

「2000-2010」の初動が1.3万枚だったので、そこからオリジナルアルバムになって一気に数字回復。

ただし、前オリジナル『KISS』の初動22.1万枚には及んでいない。

 

収録シングルも『KISS』の頃は、安定して10万台前半、タイアップによっては10万台半ばまで出せていた。

ちょうど今作収録のシングルあたりから、初動10万台が遠くなり、直近のシングル『CHASE』は先行シングルということもあり、初動7.2万枚と苦戦していた。

 

シングルで見え隠れしていたセールスパワーダウンがそのままアルバムでも出たかたちとなる。

ただ、あれだけベストを連発したあとのオリジナルということで、もっとファンに見切りを付けられているのかと思ったが、これくらいのダウンなら、CD市場が4年前よりさらに縮小していることも考えると、上出来といったところだろう。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、上位互換。複数買い促進ではない。

 

サウンドスキャンではDVD付が15.7万枚、CDのみが2.2万枚で計17.9万枚。

アイドルなど特殊ルートでの売上が多いと、それがサウンドスキャンでは集計されず、オリコンより低くなる例はよくあるが、今作に関してはオリコンより高い数字が出ている。

非常に珍しいが、これはいったい。

 

第2位 The beginning -絢香

1

前週の1位から1ランクダウン。

2週連続のTOP3入り。

 

週間売上げは3.5万枚

10.8万枚からダウンしているが、昨今の急降下傾向からすると、これでも悪い推移ではない。

とはいえ、ロングヒットモード突入というレベルでもないような推移。

 

累計は14.3万枚

活動休止前の絢香のアルバム爆発具合を知っていると、これでもかなり寂しい数字に見えてしまう。

 

第3位 ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース -ヴァン・ヘイレン

132983305555113131398_vanhalen_diff


1978年デビューのアメリカのロックバンド、ヴァン・ヘイレンの14年ぶりのオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

TOP10入りは2004年の『ヴェリー・ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン-THE BEST OF BOTH WORLDS-』で記録して以来、7年半ぶりとなる。

21世紀になってからは事実上の解散状態となっていたが、ここにきて復活となった。

「ジャンプ」は言わずと知れた名曲で、名前でピンとこなくても聴けばわかると思われる。

 

初動売上げは3.2万枚

時間が立ち過ぎており前回のオリジナルとは比較しようもないが、04年のベストは国内盤がリリースされて初めてTOP10入りして、1.8万枚だったようなので、今回は好調といえる。

今作はバンドの復活作であると同時に、初代ヴォーカルのデイヴィッド・リー・ロスも復活しており、彼がヴォーカルを務めるオリジナル盤は28年ぶりとなるので、その話題性で洋楽ファンが飛びついたと思われる。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの内容は2種とも同じなので、普通複数買いは発生しない売り方。

 

ここまでのキャリアなので、初期のファンはほとんど残っていない可能性が高く、それでもこれだけの数字を出すのだから、過去の名曲に魅入られた人たちというのが色々な世代にいるということだろう。

 

~今日のふといいなぁ~
奏(かなで) (from『夏雲ノイズ』) by スキマスイッチ

« 星野源、ボウデ、ナオト…いまや珍しい軒並み上昇週! | トップページ | AKB48、2012年も勢い止まらず! 6作連続ミリオン!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星野源、ボウデ、ナオト…いまや珍しい軒並み上昇週! | トップページ | AKB48、2012年も勢い止まらず! 6作連続ミリオン!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ