Twitter

  • 私服ツイート

« 絢香、復帰作が首位! YUKIの10周年ベストは2位に! | トップページ | 素敵なステーキ in ザギン »

2012年7月 4日 (水)

7月新譜チェック~山下vsキムvs2PM+2AMに注目!~

7月になりました。

というか、もう2012年半分終わったんか。。

 

さて、音楽業界も2012年後半戦がスタート。

本日は7月の新譜チェックをいたします。

みなさん、「おっ!」と思う新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

 

7/4

  • LOVE CHASE - 山下智久
  • HEAT - キム・ヒョンジュン
  • One day - 2PM + 2AM 'Oneday'
  • プリプリ SUMMERキッス - SUPER☆GiRLS
  • One・Two・Three/The 摩天楼ショー - モーニング娘。
  • ULTRA STEEL - Takamiy
  • MISS TAKE~僕はミス・テイク~ - BUCK-TICK
  • きらきらひかれ - チャットモンチー
  • 夢の外へ - 星野源
  • いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪ - 七森中☆ごらく部
  • 100%ちゅ~学生 - 七森中☆ごらく部
  • 街の名前 - BONNIE PINK
  • ドリームメーカー - TRIPLANE

7/11

  • ANDROID - 東方神起
  • LOVE LOVE Summer - ケツメイシ
  • It's Alright~君といるだけで~ - ゴスペラーズ
  • Because...I am - flumpool
  • 太陽スキャンダラス - SCANDAL
  • 告白 - アンジェラ・アキ
  • ここから始まるんだ! - 吉川友

7/18

  • チャンカパーナ - NEWS
  • ロマンス・プライバシー - フレンチ・キス
  • 風が吹いている - いきものがかり
  • YOU AND I  - IU
  • moonfesta~ムーンフェスタ~ - Kalafina
  • シーサイドラバーズ/真夜中のレインボー - PES from RIP SLYME
  • キラキラチューン/Sabotage - でんぱ組.inc
  • マジメになったら涙が出るぜ/青い天国 - OKAMOTO'S
  • 初恋ノオト - 花澤香菜
  • わたがし - back number

7/25

  • ER - エイトレンジャー(関ジャニ∞)
  • BOW & ARROWS - EXILE
  • 大人ジェリービーンズ - 渡辺麻友
  • 777~We can sing a song!~ - AAA
  • GO FOR IT!! - 西野カナ
  • Dear My Friend - U-KISS
  • モアザンワーズ - 坂本真綾
  • 夏の約束 - 堀江由衣
  • ユメセカイ - 戸松遥
  • それでは、また明日 - ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • cha cha SING - Berryz工房
  • STARS - Superfly & トータス松本
  • Tweet Dream/Sparkle - Fairies

 

ざっとこんな感じ。

 

今月はなんといっても第1週目に注目。

1位を指定席とする山下智久の「LOVE CHASE」、デビュー曲でいきなり初動10万超えを記録したキム・ヒョンジュンの「HEAT」。

そして、韓国男性グループの中で頭ひとつ抜きんでてきた2PMと、兄弟グループ2AMによる合体ユニット'Oneday'の「One day」。

「山下智久vsキム・ヒョンジュンvs2PM+2AM」という国境を越えてのアイドル対決が勃発。

 

3者の前作成績は高い順に、

2PM:初動14.1万枚
山下智久:初動12.6万枚
キム・ヒョンジュン:初動10.0万枚

ただし、3者とも前作とはリリース条件が大きく異なり、展開が見えにくくなっていた。

 

パッケージ数は山下智久とキム・ヒョンジュンが5形態で、2PM+2AMが驚異の12形態

しかし、パッケージ商法のほかに、かなり強烈なイベント商法が組まれており、すでに発表がはじまっているデイリーチャートではその結果が濃く反映された結果になっている。

 

デイリー3日目まで発表されている段階では、火曜日に緊急イベントを行ったキム・ヒョンジュンが初日に猛烈なスタートを切り、初日で山下智久に8万枚もの差をつけた。

2日目、3日目は山下智久が首位に浮上したものの、売上差はまだ6万枚以上の開きがある。

 

山下サイドは週末に3形態購入者大賞のイベントの開催を発表しており、その効果でキム・ヒョンジュンを追撃する。

果たしてこの大差を跳ねのけ、「vs フレンチ・キス」のときのように逆転勝利を飾ることはできるのだろうか。

1位が鉄則になっているジャニーズだけにどのような攻撃を仕掛けてくるのか、注目である。

 

ちなみに、当初映画効果&12形態商法で売上爆発が予想された2PM+2AMは、モーニング娘。やSUPER☆GiRLSにさえ及ばぬ不振となっている。

これはいったい…。

 

さて、続く2週目には、さらに韓国勢から東方神起がスタンバイ。

週間1位獲得は堅いと思われる。

また、この週にはエイベックス移籍第一弾シングルとなるケツメイシも登場。

 

前作「こだま」は初動2.1万枚。

全盛期に比べるとかなり寂しい数字になっていた中、1年以上のリリース間隔ということで、厳しい展開が予想されるが、レコード会社移籍は好とでるか…。

 

 

続く、3週目では今月2戦目の週間1位争い、「NEWS vs フレンチ・キス」が勃発する可能性あり。

NEWSは、1週目にソロで登場の山下、関ジャニとの兼任だった錦戸の2人が脱退し、活動がストップしていたが、今作は4人体制になってはじめてのシングル。

4人のソロ曲をバラバラに収録しており、全6形態となっている。

 

一方、フレンチ・キスは2012年第一弾シングル。

前作と同じく、劇場版含めて全4形態リリースとなっている。

 

前作成績は、NEWSが初動15.0万枚でフレンチ・キスが初動13.4万枚だった。

しかし、先述の通り、NEWSは今回完全に新体制となっており、前作同等の数字が出せるか未知数。

逆にパッケージ増の効果で伸ばしてくる可能性も無きにしも非ず。 

まずは、初日に両者がどのようなスタートを切るかに注目だ。

 

 

そして、最終週はリリースラッシュ。

関ジャニ∞の企画モノが1位筆頭だが、EXILEも同日にスタンバイ。

EXILEは前作で同じCD14枚を1セットとする、極悪固め売り商法で一気に売上を稼ぎ、初動で20万枚以上を叩き出していた。

※1セット売上ごとに14枚売上カウントと思われる

今のところ、前作のような商法は明るみに出ていないが、それが今作でも発動されると、関ジャニとの1位争いなる可能性も。

逆に、通常だとEXILEは10万枚弱くらいがやっとなので、関ジャニが余裕で1位を獲得すると思われる。

 

また、この最終週には「まゆゆ」こと渡辺麻友のソロ第二弾シングルもスタンバイ。

総選挙で見事2位となり、一気に順位を上げたまゆゆ。

その結果が売上にどのような影響を与えるのか、注目したいところである。

 

 

なお、デイリーチャートでの1位争い状況などは、当ブログではなく、ツイッター「私服ツイート」のほうで更新しているので、気が向いたらフォローしてみてください。

 

~今日のふといいなぁ~
LIPS (from「LIPS」) by KAT-TUN

« 絢香、復帰作が首位! YUKIの10周年ベストは2位に! | トップページ | 素敵なステーキ in ザギン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絢香、復帰作が首位! YUKIの10周年ベストは2位に! | トップページ | 素敵なステーキ in ザギン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ