Twitter

  • 私服ツイート

« 東京事変、ライヴアルバムが異例の首位! | トップページ | w-inds.&D☆DATEがイベント攻め! »

2012年7月21日 (土)

Hey!Say!が9作連続首位! 乃木坂は歴代3位のスタート!

梅雨明けのはずが、雨。

しょんぼりな気分ですが、本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で2/27付オリコンチャートを見終わったので、本日からは3/5付チャートを見ていきます。

まずはいつも通り、シングルチャートからチェックです。

 

ではでは、さっそく…

3/5付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 SUPER DELICATE -Hey! Say! JUMP

20120201_115651


Hey! Say! JUMPの9枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これでデビュー作から9作連続の1位獲得となる。

 

初動売上げは24.9万枚。前作「Magic Power」の初動21.8万枚から上昇。

これで3作連続の初動20万枚超え。

相変らず飛び抜けている嵐に次いで、ジャニーズ2番手の位置にいるといえる。

 

今回はメンバー主演のドラマ『理想の息子』主題歌というタイアップがあるが、固定ファンだけの世界であるジャニーズなので、あまり数字に影響はないと思われる。

今回の上昇についてはタイアップ云々ではなく、前々作で一度やっている「着信メッセージDL施策」を敢行したことに起因している様子。

 

CD帯裏のコードをキャンペーンサイトで入力する方法は変わらず、前々作では全30種で今回は全27種

※3種減っているのは前回時から森本というメンバーが1名減っている為。喫煙で無期限活動休止。

 

もちろん、全種類のメッセージをコンプするためには27枚買わなくてはならない

一般の人が「そんな人いないでしょ」と思うことをやってのけるのがジャニファンである。

 

また、このコードは同時に、1万人限定特典DVDの応募コードにもなっているので、メッセージはスルーするファンも、このコード目当てにいつもより買い増ししている可能性が高い。

他のジャニグループとは違い、キャンペーン等にかなり力を入れており、それが数字好調の要因といっていい。

 

ただ、前回このCD帯裏コード商法を使ったシングル「OVER」の初動26.5万枚には及んでおらず、人気が上昇しているわけではなさそう。

 

サウンドスキャンでは3種がそれぞれ9.7万枚、8.0万枚、6.0万枚で計23.7万枚

イベントを開催しているわけではないので、オリコンとの乖離は小さいが3種のパッケージにかなり売上が分散している。

かつ、3種の数字も近いので、1人のファンが3種を一気に買い占めているのが目に浮かぶ結果である。

 

第2位 ぐるぐるカーテン -乃木坂46

870830517b2211593ed0644771fb0d52d9d


AKB48の公式ライバルグループ、乃木坂46のデビューシングルが初登場で2位にランクイン。

デビュー作からいきなりのTOP3入りとなった。

 

初動売上げは13.6万枚

女性アーティスト・アイドルのデビューシングルとしてはNMB48の初動21.8万枚、Kaoru Amane(沢尻エリカ)の初動15.0万枚に次いで、歴代3番目に高い数字となる。

順位も売上もかなり高い位置でのキャリアスタートとなった。

 

リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が1種で計4種。

これにECサイト「キャラアニ」限定盤が1種存在し、合計5種リリースとなっている。

 

ライバルという位置付けではあるが48グループということで、イベント商法ももちろん活発。

一般流通の【CD+DVD】には「全国握手会参加券」を封入、「キャラアニ」限定盤には「個別握手会参加券」を封入という恒例のスタイル。

レコード会社はキングではなくソニーだが、キングのやり方をそのまま引き継いだようなやり方である。

 

サウンドスキャンでは一般流通【CD+DVD】の3種が3.0万枚、2.8万枚、2.2万枚でランクインし、合計8.0万枚。

【CDのみ】はランク外。握手会参加券が未封入のためと思われる。

単純に引き算で、おおよそ5万枚弱が劇場盤売上と推測できる。

オリコンとの乖離はあるもののAKBやSKE、NMBと比べるとその差は極端に小さい。

上記3グループは7割~8割が劇場盤売上というレベルに達している状況である。

 

まだ、デビューしたてということで「個別握手会」狙いの濃ーいファンが少ないためか。

今後着実にファンをつけていくと、次第に他の48グループと同じような状況になっていくと予想される。

 

第3位 GIVE ME FIVE! -AKB48

51ljnrettvl__sl500_aa300_

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは7.4万枚

前週の初動128.7万枚から超絶暴落。一気に17分の1以下に。

 

前作は初動119.9万枚から2週目で4.6万枚まで落としていたので、それに比べるとだいぶ粘っているほう。

累積は2週で136.1万枚を突破。

 

2週目で17分の1以下になってはいるが、見方を変えると、2週目にも7万枚以上売れており、数年前の完全閉鎖的状況を知っている身としては、これはこれで凄いと思ってしまう。

 

第4位 SAILING -AAA

4111121482


AAAの31枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで14作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは4.2万枚。前作「Charge & Go!/Lights」の初動4.9万枚からダウン。

今回も安定の4万台だが、ダウンは商法の変化によるものと思われる。

 

今作のリリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種、【CDのみ】が1種で計3種。

これに【mu-moショップ限定盤】が3種存在し、計6種リリースとなっている。

【CD+DVD】以外の4種はすべてCDの収録内容が異なっている相変らずキツめの複数買い促進商法

 

前作は【mu-moショップ限定盤】が7種も存在し、計10種リリースだったので、今回はパッケージが4種減っている。

固定ファン1人あたりの購入枚数が減ったと思われ、それがそのまま数字に直結した様子。

 

今回は少し不調気味だが、4万台を出せるセールスパワーはキープしている。

ただ、これ以上伸びるような気配も感じない。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】の1種が1.3万枚でランクインしたのみ。

mu-moショップでの売上が大半を占めるようで、かなりオリコンとは差がある、エイベックス特有の現象が発動している。

 

 

~今日のふといいなぁ~
初恋 (from『初恋』) by Base Ball Bear
ウソを暴け! -ALBUM ver.- (from『対音楽』) by 中村一義

« 東京事変、ライヴアルバムが異例の首位! | トップページ | w-inds.&D☆DATEがイベント攻め! »

コメント

こんにちは、ジェンマです。

前回「the pillows」の名が出ていたので、その話を少々。
恥ずかしながら、ミスチルが「ストレンジカメレオン」を
カバーするまでまったく知りませんでした。

ですが、「ストレンジカメレオン」を聴いてみて
その歌詞の内容に衝撃を受けましたね。

不器用な主人公を取り巻く世界観が刹那的で
救いようのない結末と言う印象を受けたんですが
日本人特有の「滅びの美学」を上手く歌にしている と思いましたね。

「歴史には~」 の所では 山中さわお、あんたカッコよすぎる
桜井和寿でもこんな歌詞は書けないよ

もう、「芸術の域まで達している」そんな事思ってましたね。
日本広しといえこんな歌詞を書ける人は中々いないと思います。

ジェンマさん、コメント有難うございます。
毎度のことながらご返信が遅くなり、失礼しました。
 
 
ピロウズもまたミスチルとは違いますけど、唯一無二の世界感を持っているバンドですよね。
 
 
もし、未だでしたら、ぜひ20周年記念ライヴを収録したDVD「LOSTMAN GO TO BUDOKAN」をチェックしてみてください。
 
 
20年という歳月で得てきたものを体現するかのようなパフォーマンスで、涙が出ます。。「1989」という曲での演出もニクイ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京事変、ライヴアルバムが異例の首位! | トップページ | w-inds.&D☆DATEがイベント攻め! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ