Twitter

  • 私服ツイート

« 再戦!! 山下智久 vs AKB派生ユニット! | トップページ | 8月新譜チェック ~48グループ&ジャニーズ次々登場! ~ »

2012年7月31日 (火)

いきものがかり、アルバム首位! サザン以来の記録達成!

本日はチャートチェックを進めます。

前回記事で3/12付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートをチェックしていきます。

 

ではでは、さっそく…

3/12付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 NEWTRAL -いきものがかり

51jmrlxmkl__sl500_aa300_


いきものがかりの5枚目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得。

これでアルバムの首位獲得は4作連続となる。

男女混成グループによる4作連続アルバム首位は、サザンオールスターズが2005年に『キラーストリート』の首位獲得で達成して以来、6年5ヵ月ぶりの快挙である。

 

初動売上げは19.3万枚

前作『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』の初動45.7万枚から半減以下にダウン。

前作はベストアルバムだったので、ダウンは仕方がない。

オリジナルアルバムだった前々作『ハジマリノウタ』は初動20.0万枚だったので、そこからもダウンしている。

 

ベストアルバムはこのご時世にミリオン突破の大ヒット。

新規ファンを獲得できたかと思われたが、ベスト明け一発目のシングル「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」はベスト前のシングルから初動ダウン。

先行シングル「いつだって僕らは」に関しては、久しぶりに2万台にまで落としており、実はかなり不安定な状態だった。

 

前回のオリジナルから微減という、ベスト効果がプラスにもマイナスにもなっていないようなチャートアクションにはなったが、前オリジナルがリリースされた09年に比べ、さらにアルバムが売れなくなってきているので、これくらいのダウンなら上出来といっていいだろう。

 

リリース形態は【2CD】と【CDのみ】で2種リリース

内容は上位互換なので、ふつうは1枚買えば事足りる売り方となっている。

 

ベストも出して、人気のピークは過ぎていると思われ、ここからはどれだけファンを離さずに持ち堪えていけるかがポイントとなりそうだ。

 

第2位 鋼の錬金術師 THE BEST -Various Artists

Comp_jk


人気アニメ「鋼の錬金術師」の主題歌を集めたコンピレーションアルバムが初登場で2位にランクイン。

 

初動売上げは2.0万枚

「鋼の錬金術師」は2度アニメ化されており、2004年と2010年にアニメ主題歌集がリリースされている。

その2作の初動はそれぞれ7.0万枚10.9万枚も出ていた。

よって、今回は大幅ダウンということになる。

 

今回の内容は過去2作の主題歌集と収録曲がほぼほぼ被っており、新録は映画主題歌となっていた数曲だけ。

多くのファンを持つアニメとはいえ、この内容だと購入意欲は掻き立てられなかった様子。

ファンの中でも熱狂的な層が、アニメ関連のグッズのひとつと捉えて手に取ったといった感じか。

 

リリース形態は豪華仕様の初回盤と通常盤の区別はあるが、実質1種リリース

ここまでリサイクル的な内容で、さすがに複数買い促進はキツいと判断したか。

 

なお、2.0万枚と言う数字での2位は、こんなご時世とはいえ最低クラスの数字である。

この週は以下作品でも売上低水準が続く反面、順位面では各々記録をバカスカ更新している。

サウンドスキャンでは2.1万枚で3位。

 

第3位 D-Formation -茅原実里

61zkmzeosl__sl500_aa300_


声優、茅原実里の4枚目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

シングル、アルバム通じてTOP3入りは自身初となる。

TOP10入りは前作に続き、2作連続。

 

初動売上げは1.5万枚。前作『Sing All Love』の初動2.0万枚からダウン。

周りの低レベルのおかげで順位はかなり上がったが、売上はダウンしてしまっている。

自己最高位で自己最低初動ということになるらしい。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CD+Blu-ray】、【CDのみ】で計3種リリース

DVDとBlu-rayは収録内容同じなので、CD含めて上位互換で複数買い促進にはなっていない。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.5万枚、【CD+Blu-ray】が0.9万枚で、計1.4万枚

Blu-rayがDVDの倍近く出ており、声優ファンのBlu-ray移行がかなり進んでいることがわかる。

【CD+Blu-ray】をリリースするに至っているのはちゃんとマーケティングをした結果なんだろうなと素人感覚でも感じる結果である。 

お茶の間レベルだともう少しDVD需要が高そうだが、それも次第に変わっていきそう。

 

第4位 ITALIAN GARDEN -クレイジーケンバンド

61vyphdwe8l__sl500_aa300_


クレイジーケンバンドの13枚目のオリジナルアルバムが初登場で4位にランクイン。

TOP10入りは2作振りで、4位は自己最高位タイ

 

初動売上げは1.3万枚

前作は2011年のシングル集『Single Collection / P-VINE YEARS』で初動0.3万枚だった。そこから大幅上昇。

このシングル集は、2010年に2枚同時リリースでベスト盤を出して、そこからわずか1年でのリリースだったので、かなり敬遠されていた。

 

オリジナル盤で比較すると、前作『MINT CONDITION』の初動1.5万枚からダウン。

上の茅原同様、売上は下げていながら、周りの低レベルが手伝って、順位も大きく上昇という状態に。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの内容は統一で複数買い促進ではない。

 

人気はジリ貧状態だが、ベストを乱発した後としては粘っているほうだといえる。

ただ、これ以上下がるようだと、TOP10入りが厳しくなってくる。

 

~今日のふといいなぁ~
青春色 (from『三枚おろし』) by 音速ライン
ER (from「ER」) by エイトレンジャー

« 再戦!! 山下智久 vs AKB派生ユニット! | トップページ | 8月新譜チェック ~48グループ&ジャニーズ次々登場! ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再戦!! 山下智久 vs AKB派生ユニット! | トップページ | 8月新譜チェック ~48グループ&ジャニーズ次々登場! ~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ