Twitter

  • 私服ツイート

« キスマイ初のアルバム首位! BIGBANGはTOP3入り! | トップページ | 遊助、ラッキー1位! BENIはカバーでTOP3入り! »

2012年8月25日 (土)

B'z、50枚目のシングルでピンク・レディーに並ぶ!



前回記事で4/9付チャートを見終わったので、本日からは4/16付チャートに突入。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

 

ではでは、さっそく…

4/16付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 GO FOR IT, BABY-キオクの山脈- -B'z

610dzatcfl__sl500_aa300_


B'zの50枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これでB'zのシングル首位は1990年の「太陽のKomachi Angel」から46作連続、通算46作目となる。

 

なお、今作を含めた46作のシングルで記録した首位獲得週数は通算63週に到達。

これはピンク・レディーの「アーティスト別シングル首位獲得週数記録63週」に並んで、歴代1位記録となる。

 

初動売上げは14.3万枚。前作「Don't Wanna Lie」の16.9万枚からダウン。

前作から約10ヵ月ぶりのシングルで、前々作以来の「ペプシネックス」CMソング。

 

前作はAKB48の2週目とリリースが被り、連続1位記録が途絶える可能性が発生したタイミングで、「緊急イベント」を実施し、数字を持ち上げていた。

B'zがアイドル並みのイベント商法ということで話題になった。

そういった施策がなかった前々作は同じタイアップで初動13.0万枚だったので、それよりやや好調。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、複数買い促進ではない。

 

今回はCMで本人が着用していたデザインのTシャツが抽選で2000名に当たる応募抽選カードを封入。

前作のガツガツ施策とは比べられないが、一応パッケージ購入を促す施策はあり。

また、前々作は震災から約1ヵ月でのリリースだったので、その影響で低めに出ていた可能性もある。 

とりあえずは10万台半ばのセールスパワーはキープしている様子。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が13.2万枚、【CDのみ】が0.8万枚で、計14.0万枚。

特殊販路パッケージもリリースイベントもなしのため、オリコンとの乖離はほとんどない。

 

第2位 Oppa,Oppa -SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK

Super

韓国の男性グループ、SUPER JUNIORのメンバーであるDONGHAEとEUNHYUKによるユニットのシングルが初登場で2位にランクイン。

 

初動売上げは6.8万枚

SUPER JUNIORとしての前作「Mr.Simple」は初動8.9万枚だったので、それには及んでいないものの、メンバー2人だけでこの数字なので、かなり好調である。

SUPER JUNIOR自体のセールスパワーが前々作の初動5.9万枚から前作で8.9万枚まで伸びており、右肩上がりの成長中なので、その勢いを実証するような結果となった。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】の2種と、ファンクラブ&mu-mo限定販売で【CD+DVD】が1種存在し、計3種リリース

【CDのみ】にタイトル曲の韓国語Verを収録しており、かつDVDの内容は2種で異なるため、3種買い促進の複数買い促進商法となっている。

 

購入者限定イベント応募券を封入し、イベント商法ももちろんあり。

応募券1枚で一回抽選に参加できる仕様。

複数パッケージの応募券をコンプリートさせるタイプではないので、韓国系にしてみればそこまでキツイ商法ではないが、複数買いは横行していると思われる。

 

サウンドスキャンでは、一般流通の2種が2.1万枚と1.2万枚でランクインし、計3.3万枚

オリコンとは倍以上の差があり、その差はファンクラブ&mu-mo限定販売盤の売上だろう。

エイベックス特有現象が発動している。

 

第3位 生きてる生きてく -福山雅治

51dbwkgnfol__sl500_aa300_

前週の1位から2ランクダウン。

週間売上げは2.3万枚

 

これで前週の初動と合算すると、14.3万枚を突破。

しかし、まだ前作の初動にすら届かない厳しい状況となっている。

 

第4位 ひとり長良川 -水森かおり

Yamano_4112071830


女性演歌歌手、水森かおりの20枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで9作連続、通算9作目のTOP10入り。

なお、これで9年連続のシングルTOP10入りということになる。

 

自身の持つシングル「通算TOP10獲得数」、「連続TOP10獲得数」、「連続TOP10獲得年数」の女性演歌歌手記録をそれぞれ更新

 

初動売上げは2.0万枚。前作「庄内平野 風の中」の初動2.9万枚から大きくダウン。

毎年4月に1枚だけシングルをリリースするのが恒例となっている彼女だが、今年もぶれずに4月にリリース。

※2011年は震災の影響で6月リリースになったが、当初は4月発売予定だった。

なので、約1年ぶりのシングルだが、このリリース間隔はいつものこと。

前々作も2.8万枚で物凄い安定感を見せていたのだが、ここで大きく数字を下げたのは少し心配な展開である。

 

リリース形態は魂のCD1種リリース

前々作で一度、2種リリースに手を出していたが、また元に戻った。

 

女性演歌歌手としての記録は一気に更新したが、次回以降に少し不安を残す結果である。

とはいえ、女性演歌歌手トップの座は変わらない。

 

第5位 Beat Generation/No More Distance -Fairies

Fairiesbeatgenerationnomoredistance


7人組ガールズグループ、Fairiesの3枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

TOP10入りは前作に続き、2作連続となる。

5位は自己最高位

 

初動売上げは1.8万枚

前作「HERO/Sweet Jewel」の1.2万枚から大きく上昇し、自己最高初動

これでデビューから2作連続の上昇となった。

 

今作の初動は前々作の初動0.9万枚の2倍にまで膨れ上がっており、右肩上がりの成長は続いている様子。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】の2種。

加えて、グッズ付のイベント会場・mu-moショップ限定盤が1種あり、計3種リリース

CDの収録内容は同じなので、音源・映像の面では複数買い促進にはなっていないが、グッズも含めると2種買い促進の複数買い促進商法といえる。

前作は2種だったので、パッケージが1種増えている。

 

また、前作同様に「スペシャルイベント応募券&プレゼント応募シリアルナンバー」を封入しており、イベント商法もきっちり組みこんでいる。

ただ、AKB勢やスパガに比べると、そこまでガツガツしていない印象。アーティスト路線なのだろうか。

 

知名度や人気が上がっているのは間違いないが、それほどの勢いではなく、今回の売上上昇もパッケージ増の影響が大きいと思われる。

サウンドスキャンでは、一般流通の2種が0.8万枚と0.4万枚でランクインし、計1.2万枚。

オリコンとの乖離、0.6万枚はmu-moショップ限定盤の売上とみていいだろう。

 

第6位 distance -MAN WITH A MISSION

Manwithamissiondistance


覆面5人組ロックバンド、MAN WITH A MISSIONの2枚目、メジャーとしては初のシングルが初登場で6位にランクイン。

これが初のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.1万枚

前作「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」は初動0.1万枚だったので、一気に10倍以上となる大幅上昇。

 

1stフルアルバムがCDショップ大賞に入選し、注目を浴びる中、「頭はオオカミ、身体は人間」という異色なスタイルが話題となり、一気にメディア露出を増やしていた。

レーベルのプロモーションが「ロキノン系」ファンに見事刺さったようで、大成功といっていい結果を出してきた。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDは内容統一で複数買い促進ではない。

 

一気に勢いが加速していると思われ、今後リリースされる作品からも目が離せない存在である。

 

第8位 CANDY CANDY -きゃりーぱみゅぱみゅ

Candy20candythumb300x30060295


きゃりーぱみゅぱみゅの2枚目のシングルが初登場で8位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.0万枚。前作「つけまつける」の初動1.3万枚からダウン。

前作では強烈なインパクトを纏う楽曲でいきなりのTOP10入りを果たし、配信市場でもヒットとなっていたが、2作目で早くもダウン。

数字を丸めないと、9,913枚で1万枚を割ってしまっている。 

前作の勢いで一気に加速すると思いきやすでに人気拡大に歯止めがかかってしまっているのか。

 

リリース形態はフォトブックの有無で2種リリース

普通は1枚買えば事足りる仕様となっている。

 

この人にファンがそれほど付いていなくても、ヤスタカファンを引っ張れるから安泰かと思っていたのだが…。

固定ファンを獲得するハードルは年々高くなっている様子。

 

~今日のふといいなぁ~
Get Off of My Way (from『MASH UP THE WORLD』) by MAN WITH A MISSION

« キスマイ初のアルバム首位! BIGBANGはTOP3入り! | トップページ | 遊助、ラッキー1位! BENIはカバーでTOP3入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キスマイ初のアルバム首位! BIGBANGはTOP3入り! | トップページ | 遊助、ラッキー1位! BENIはカバーでTOP3入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ