Twitter

  • 私服ツイート

« 100枚買い促進&プラモデル!? 大荒れシングルチャート! | トップページ | B'z、50枚目のシングルでピンク・レディーに並ぶ! »

2012年8月23日 (木)

キスマイ初のアルバム首位! BIGBANGはTOP3入り!

相変わらず、暑い日が続きますね。

地元、北海道はもうすでに夜はシャツ一枚では歩けない気温らしいです。

親のメールには「涼しい」ではなく「寒い」という文字が。うらやま。

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で4/9付シングルチャートを見終わったので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

ではでは、さっそく…

4/9付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 Kis-My-1st -Kis-My-Ft2

Kmfja01b


Kis-My-Ft2の初のアルバムが初登場で1位を獲得。

週間1位獲得は前週のシングルでの1位に続き、2週連続となる。

 

初動売上げは25.4万枚

男性アーティスト・アイドルによる1stアルバムの初週売上20万枚突破は、06年にKAT-TUNが記録して以来、約6年ぶりの記録である。

まぁ、ジャニーズ専用の記録といった感じ。

 

先行でリリースされているシングルは3枚でそれぞれ初動は31.6万枚、24.6万枚、19.3万枚と出すたびに大きく数字を落としていた。

シングルより高価なため複数買いが減り、「シングル>アルバム」となるケースが多いジャニーズだが、今回に関してはデビュー作以外の初動は超えている。

シングル同様、アルバムに関しても1作目の「ご祝儀買い」が若干出ている可能性はあるが、ジャニーズで「アルバム>シングル」になるケースはかなり少ない。

こういったジャニーズの傾向と先行シングルの成績を踏まえると、かなり好調だと捉えていいだろう。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【2CD】、【CDのみ】の3種。

加えて、「キスマイショップ盤」という特殊販路盤【CD+グッズ(ホッチキス)】が1種存在。計4種リリース

【CDのみ】にだけ2曲追加収録している為、全音源・映像・グッズを購入でコンプするためには、絶対に4枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 

発売記念イベントはないが、先行シングルと今作に応募券が封入されており、合わせて応募することで抽選200名をスペシャルイベントに招待という施策あり。

これにどれだけの効果があるかは微妙だが、複数買いを助長させているのは間違いない。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が9.0万枚、【2CD】が8.4万枚、【CDのみ】が2.2万枚で計19.6万枚

オリコンとの差は「キスマイショップ盤」とその他パッケージのmu-moショップ販売分と思われ、5万枚近く出ている様子。

 

第2位 PANORAMA PORNO -ポルノグラフィティ

51pawasx6rl__sl500_aa300_


ポルノグラフィティの9枚目のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。

これでアルバムは13作目のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは5.7万枚。前作『∠TRIGGER』の初動8.3万枚からダウン。

2人体制になって最初のオリジナルアルバムだった2005年の5th『THUMPx』から、これで4作連続初動ダウン

完全に下げ止まらなくなっており、一気に5万台にまで数字を落としてしまった。

 

前作から約2年というリリース間隔が開いており、それもマイナスに働いている可能性が高い。

シングルも前回のオリジナルの頃はアベレージ5~6万だったところ、今回は3~4万まで下がっていたので、アルバムでのダウンも必然と言わざるを得ない状況だった。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDは同一内容で複数買い促進ではない。前作から商法は変わりなし。

 

シングルはタイアップがついても数字は浮上させられず、かなり閉鎖的になっていた。

それに加え、今作の成績から固定ファンは着実に減っているのがわかる。

何とかいま残っている固定ファンを離さないようにしないと、次回はTOP3入りも危うくなってきそう。

 

第3位 ALIVE  -BIGBANG

516adpwvdcl__sl500_aa300_


韓国の男性5人組グループ、BIGBANGの日本4枚目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。

初動売上げは5.3万枚

前作はベスト盤『THE BEST OF BIGBANG』で初動は3.0万枚だったので、上昇。

 

前作はベストにもかかわらず、そもそも日本でリリースしたシングルとアルバムが合わせて8作しかない状況&レーベル移籍に伴うタイミングということで、固定ファンにも敬遠されたのか、絶不調な成績に終わっていた。

今回はエイベックス系のレーベルに移籍して初のオリジナルアルバムだったが、数字は回復した。

 

前々作のオリジナル盤の初動6.5万枚には及んでいないが、今回は先行シングルなしという非常に数字を出すのが難しい条件下だったので、これだけ出れば十分か。

 

リリース形態は一般流通が【CD+2DVD(メイキング・MV)+フォトブック】、【CD+DVD(メイキング)】、【CD+DVD(MV)】、【CDのみ】で計4種。

これにローソン・HMV限定盤として【CD+2DVD(メイキング・MV)+フォトブック+グッズ】が存在し、合計5種リリース

ただ、5種も出ているが、内容は上位互換でローソン・HMV限定盤1枚ですべてコンテンツは揃うため、複数買い促進になっていない。

ローソン・HMV限定盤は¥9,800もするので、手が出ないファンはその他の4種に手を出すといった感じか。

 

オリジナルで数字を伸ばしたということで、新曲は待たれている状況にある様子。

BIGBANGが日本デビューしたときに比べ、韓国グループは比べられないほど増殖しているが、その中で生き残っていくことはできるだろうか。

9月にはレーベル移籍後、初のシングルもリリースが決まっており、その動向も注目したいところだ。

 

第4位 MDNA -マドンナ

230x250_4f7968c9e1d8


マドンナの12枚目のオリジナルアルバムが初登場で4位にランクイン。

ユニバーサルミュージック移籍後、初のアルバムとなる。

 

初動売上げは3.1万枚。前作『ハード・キャンディー』の初動5.5万枚から大きくダウン。

前作は収録曲がキムタク主演の月9主題歌に起用されたり、メディアに多く露出したりで、数字はかなり高めに出ていた。

05年の前々作が初動3.8万枚だったので、どちらかというと通常ラインに戻ってきたといった感じ。

 

また、前々作の初動には及んでいないが、05年からこの7年間でアルバム市場の縮小はハンパないので、それを踏まえると、不調な数字ではない。

 

リリース形態は魂のCD1種リリース

まぁ、洋楽ファンに複数買いするタイプのファンはあまりいないと思われるので、これで正解だろう。

 

「マドンナ」というあまりに有名なアーティスト名の前ではこの初動は多少寂しくも見えるが、配信もそっちがメインかと思うほど活発にやっているので、仕方ないところだろう。

 

ちなみに、この週は9位にもマドンナの作品がランクイン。

こちらはワーナーミュージック時代のオリジナルアルバム全11枚をセットにした、輸入盤の限定ボックスとなっている(初動1.3万枚)。

 

洋楽女性ソロアーティストによるアルバムの2作同時初登場TOP10入りは、オリコンチャートの歴史上、初の記録になるらしい。

 

~今日のふといいなぁ~
陽はまたのぼりくりかえす (from『LOUD & PEACE』) by Dragon Ash

« 100枚買い促進&プラモデル!? 大荒れシングルチャート! | トップページ | B'z、50枚目のシングルでピンク・レディーに並ぶ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100枚買い促進&プラモデル!? 大荒れシングルチャート! | トップページ | B'z、50枚目のシングルでピンク・レディーに並ぶ! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ