Twitter

  • 私服ツイート

« Perfume、移籍第一弾で自己最高初動! | トップページ | 堂本剛、約6年ぶりのソロアルバム首位! »

2012年9月 3日 (月)

9月新譜チェック~総選挙大躍進のSKE48登場!~

先週金曜日は約半年ぶりにオールになりまして。

ふらふらでふとケータイを見たら、9月になっていました。。

 

ぜんぜん涼しくならず、まだ夏が続いているので、9月という実感はあまりありませんが、本日は9月の新譜チェックを行います。

 

みなさん、「おっ!」と思う新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

9/5

  • あおっぱな - 関ジャニ∞
  • 24karats TRIBE OF GOLD - EXILE TRIBE
  • fight - YUI
  • 会いたい 会いたい 会いたいな - ℃-ute
  • WE aRE - abingdon boys school
  • One of You - U-KISS
  • Na Na Na - KREVA
  • シオン - Plastic Tree
  • Love Somebody 完全盤 - 織田裕二

9/12

  • 不滅のスクラム - KAT-TUN
  • firefly - BUMP OF CHICKEN
  • For you~君のためにできること~ - 2AM
  • Bless You - 家入レオ
  • ピンヒールサーファー - SCANDAL
  • ♪の国のアリス - 竹達彩奈
  • コンビニエンスハネムーン - チャットモンチー
  • 366日 - 清水翔太 feat. 仲宗根泉 (HY)
  • ジグソーパズル - ヒルクライム

9/19

  • キスだって左利き - SKE48
  • 最後と決めた女だから - 氷川きよし
  • カゲボウシ - ポルノグラフィティ
  • 明日世界が終わるなら - 中島美嘉
  • Run to the Sun/Walk with Dreams - Dragon Ash
  • I LOVE YOU - 2NE1
  • sweeToxic - SuG
  • アルケミスト - ACIDMAN
  • さよならサブカルチャー - アーバンギャルド

9/26

  • Beautiful life/GAME - 福山雅治
  • タイトル未定 - 少女時代
  • WARRIORS - 氷室京介
  • Nostalgia - GARNET CROW
  • ダーリンとマドンナ - 吉川友

 

ざっとこんな感じです。

 

ジャニーズ、AKB勢と次々に高いセールスパワーを持つアイドルの作品で溢れた先月8月。

9月もやはりアイドル勢が多いですが、リリース全体は少なめでチャートの売上水準はかなり下がりそうだ。

 

また、今月は熾烈な1位争いもなさそう。

1週目は関ジャニ∞、2週目はKAT-TUN、3週目はSKE48、4週目は福山雅治が順当に1位を獲得すると思われる。

 

前作成績だと、2週目は「KAT-TUN vs BUMP OF CHICKEN」で1位争いになってもおかしくない。

KAT-TUNの前作「TO THE LIMIT」の初動は15.6万枚

一方、BUMP OF CHICKENの前作「グッドラック」の初動は14.9万枚だった。

 

前作の数字は両者大きく差がなく、また、セールスパワーをジリ貧させているKAT-TUNとドラマタイアップ付きのBUMP OF CHICKENという背景もある。

ただ、BUMP OF CHICKENはリリース形態が前作と違い、CD1種リリースとなっている。

前々作、前作と2作連続で複数商法に手を出していたが、また元に戻ったかたちとなる。

 

1種リリースだった2011年5月の「Smile」は初動8.6万枚で10万枚の大台には届いていなかった。

もし、ドラマ効果で売上を爆発させてくるなら、KAT-TUNサイドもウカウカしていられないが…。

BUMP OF CHICKENはどこまでKAT-TUNに食らいついていくことができるだろうか。

 

 

そして、今月断トツの売上を記録することが決定しているのが、3週目にスタンバイしているSKE48である。

前作「アイシテラブル!」の初動は47.2万枚だった。

ただ、デビュー以降ずっと続いていた連続初動上昇は、前作でついにストップとなっていた。

Ske

右肩上がりの成長はいったんストップしたのかもしれないが、その数字はAKB48、嵐に次ぐ3番手で間違いない。

また、今作はSKE48のメンバーが大躍進した「第4回総選挙」後、初のシングルとなっており、メディアでSKE48が多く取り上げられた効果が出るなら、また一味違った数字を見せてくる可能性もある。

今作で再び数字を伸ばすことができるか、初動が年間チャートに直結すので、要注目である。

 

~今日のふといいなぁ~
ハレルヤ (from『ラブソング』) by amazarashi

« Perfume、移籍第一弾で自己最高初動! | トップページ | 堂本剛、約6年ぶりのソロアルバム首位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Perfume、移籍第一弾で自己最高初動! | トップページ | 堂本剛、約6年ぶりのソロアルバム首位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ