Twitter

  • 私服ツイート

« チャン・グンソク、海外男性ソロ初の1位獲得! | トップページ | メニューのない中華料理店「萬来園」 »

2012年11月10日 (土)

11月新譜チェック~48グループ、少女時代、ももクロ…女性アイドル多き1ヵ月~

更新ペースが上げられず、すみません。

 

さて、本日は前回記事で予告の通り、11月の新譜チェックをいたします。

もう1週目は始まってしまってますが、ひと月のリリース状況をざっと洗っていきましょう。

みなさん、「おっ!」と思う新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

11/7

  • 北川謙二 - NMB48
  • THINK 'BOUT IT! - THE SECOND from EXILE
  • Answer - flumpool
  • DT捨テル/レッツゴーED - ゴールデン・イクシオン・ボンバーDT
  • Always - 西野カナ
  • Pride on Everyday - スフィア
  • キミ記念日~生まれて来てくれてアリガトウ。~ - ソナーポケット
  • シェキメキ! - Dream5
  • 青い春 - back number
  • ムーンウォーク - MONOBRIGHT
  • Kaleidoscope - ヒルクライム

11/14

  • アイノビート - Kis-My-Ft2
  • Powder Snow~永遠に終わらない冬~ - 三代目J Soul Brothers
  • マスカレード ~Masquerade~ - 2PM
  • moyamoya/guruguru - ケツメイシ
  • Sexy Love - T-ARA
  • White Angel - Fairies
  • Shout/hummingbird - 堂珍嘉邦
  • SURVIVE!! - アフィリア・サーガ・イースト
  • abnormalize - 凛として時雨
  • チェックイーアル! キョンシー feat.好好! キョンシーガール/Brave - 9nine
  • 2スピリッツ/レジェンド - Little Blue boX

11/21

  • ヒカルものたち - 渡辺麻友
  • FLOWER POWER - 少女時代
  • BRAVE IT OUT - GENERATIONS
  • サラバ、愛しき悲しみたちよ - ももいろクローバーZ
  • V.I.P - シド
  • サヨナラじゃない - FUNKY MONKEY BABYS
  • 大逆転 - SHU-I
  • ヒトツヒトツブ - サーターアンダギー
  • 名前のないこの愛のために - 徳永英明
  • WENDY~It's You~ - SPYAIR

11/28

  • MONSTERS - The MONSTERS
  • 紙飛行機 - コブクロ
  • 寒いね。 - スマイレージ
  • 恋人がサンタクロース - FLOWER
  • 知らない - 星野源
  • しあわせになるために - ナオト・インティライミ
  • 雪月花 - 湘南乃風
  • Deus ex machine - NIGHTMARE
  • ワールド・コーリング/LIVEDRIVE - IA×じん
  • 星空ギター - 山崎まさよし
  • Spirit Inspiration - Nothing's Carved In Stone

 

ざっとこんな感じ。

 

チャート上位常連のリリースは10月と同じくらいで、引き続き、TOP10の水準は1万割れとの戦いになりそう。

また、熾烈な1位争いはあまり期待できそうにないかも。

では、週ごとにチェックしていきます。

 

まず1週目は、48グループからNMB48が登場。

リリースから3日で29万枚を売上げ、週間1位も確定させている。

 

また、EXILEが14人になったときに加入した7人が切り離されて新グループ、THE SECOND from EXILEとしてシングルをリリース。

こちらは3日で9.8万枚を突破し、EXILEに引けを取らないチャートアクションを見せている。

NMB48、THE SECOND from EXILEともに最終的にどこまで伸びるのか、注目だ。

 

続いて、2週目には今月唯一のジャニーズ勢、Kis-My-Ft2がスタンバイ。

前作「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」はパッケージを増やし、商法を強化したことでデビュー曲に次ぐ28.5万枚という初動を叩き出していた。

 

今回も前作と同じパッケージ数だが、両A面ではなく同一楽曲のアレンジ違いとなっている。

果たして、前作並みの数字を出すことができるだろうか。

前作の初日売上は11.0万枚だったので、まずはそれにどれだけ近い数字を出せるかがポイントになりそうだ。

 

また、同発には韓国の6人組男性グループ、2PMの約半年ぶりのシングルが登場。

7月にメンバーのニックンが飲酒運転事故で送検され、当初8月発売の予定だったが延期されていたシングルである。

 

前作「Beautiful」は自己最高初動14.1万枚で自己最高位2位を記録し、セールスパワーを爆上げしていた。

そんな中での発売延期だったが、勢いはどうなっているのだろうか。

沈静化されているのか反動でさらに伸ばしてくるのだろうか。

 

 

次に3週目には、AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友のソロ3枚目のシングル、少女時代のアルバム先行シングルがスタンバイ。

渡辺麻友の前作「大人ジェリービーンズ」の初動は8.8万枚で、デビュー曲からやや大きめに数字を落としていた。

今回はパッケージを1種増やして、巻き返しを狙う。

 

一方、少女時代の今作は先述の通り、アルバムの先行シングルとなっている。

また、最近には珍しいアルバムの1週前の先行シングルなので、アルバム待ちの層は買い控える可能性が高い。

前作「Oh!」は初動6.6万枚で、前々作から3万枚近くもダウンする厳しい結果になっていた。

これには、まずK-POP市場が落ち着いてきていること、そして政治問題(竹島)が影響していると思われる。

不利な条件下でさらに数字を落とすと、5万枚を割る可能性も。。

 

また、この週にはいま破竹の勢いを見せているアイドルグループ、ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」もスタンバイ。

自身初のドラマタイアップということで話題の作品である。

前作「Z女戦争」は初動6.6万枚というところまで伸びていた。

今回ももクロが同じレベルの勢いを見せると、少女時代はももクロにも敗れる可能性がある。

『少女時代 vs ももクロ』には注目したいところだ。

 

 

そして、最後に4週目

この週には、SMAPの香取慎吾と元NEWSの山下智久による企画ユニット、「The MONSTERS」がスタンバイ。

山下単体での前作初動は11.9万枚だった。

企画モノということで通常より下げる可能性はあるものの、週間1位は堅いと思われる。

 

また、同発にはコブクロの活動再開後一発目のシングルがスタンバイ。前作初動は4.8万枚。

約1年半ぶりのシングル、かつ1曲だけ収録のワンコインシングルということで、ここからさらに数字を下げる可能性が高い。

現在のセールスパワーははたしてどれくらいなのだろうか。

今後のコブクロを見るバロメーターになるので、注目したいところだ。

 

~今日のふといいなぁ~
北川謙二 (from「北川謙二」) by NMB48

« チャン・グンソク、海外男性ソロ初の1位獲得! | トップページ | メニューのない中華料理店「萬来園」 »

コメント

11/28には香取さんと山下君の期間限定ユニット『The MONSTERS』が
スタンバイしてますよ。よって11/28の週の1位はこのユニットだと思われます。

名無しさん、コメント有難うございます。
 
記事が誤っている旨、ご連絡有難うございます。
あれだけプロモーション打ってる作品を飛ばすとは…恥ずかしい。
 
取り急ぎ、訂正させていただきました。
大変失礼いたしました。
 
今度はぜひ名前明記のコメント、お待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャン・グンソク、海外男性ソロ初の1位獲得! | トップページ | メニューのない中華料理店「萬来園」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ