Twitter

  • 私服ツイート

« 関ジャニ、フリーイベント施策で爆上げ! | トップページ | EXILE、BOX商法で前田敦子を打ち破る! »

2012年11月25日 (日)

NEWSベストが首位! ミスチルは6週連続2作同時TOP5入り!

3連休、ゆっくりできました。

久しぶりに時間が取れて、掃除したり、切れてた照明替えたり、スーツ新調してきたり。充実。

そして、3日連続の記事アップです。時間があるってすばらしい。。

さて、前回記事では6/25付シングルチャートをチェックしたので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

では、さっそく…

6/25付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 NEWS BEST -NEWS

Newsbest2


NEWSの初のベストアルバムが初登場で1位を獲得。

NEWSのアルバム1位獲得は1st『touch』から5作連続、通算5作目。

男性アーティスト(ソロを含む)による「1stからの5作連続アルバム1位獲得」は、KinKi
Kids、CHEMISTRY、KAT-TUNに次いで、史上4組目の快挙である。

 

初動売上げは10.9万枚

オリジナルアルバムだった前作『LIVE』の初動15.6万枚からダウン。

ジャニーズアイドル恒例ではあるが、「シングル>アルバム」現象、「ベストでダウン」現象を併発してしまっている。

なお、この初動10.9万枚はこれまでリリースされたNEWSのシングル、アルバム通じての自己最低初動

ベストで自己最低初動という厳しい結果に。

 

NEWSは2011年の10月にリードメンバーだった山下智久と錦戸亮の2名が脱退。

それ以降、4人組で活動することになったが、今回のベストは6人体制時代のシングルをすべて収録した内容。

2名が脱退したあと8ヵ月ほどリリースがなく、いきなり過去曲集めたベストということで、ファンの需要は低め、ライト層はほぼスルーといった状態になっていたと思われる。

 

リリース形態は初回盤、通常盤ともに【2CD】で2種リリース

初回盤にはソロ曲を収録した『UNRELEASED BEST』を付属。

通常盤には、ファン投票による上位15曲を収録した『FAN SELECTION BEST』を付属している。

もうここまで来ると、別の作品状態なので、多くのファンが2枚セットで買っていると思われる。

 

サウンドスキャンでは、初回盤が6.2万枚、通常盤が3.7万枚で計9.9万枚

見事に売上が分散されており、複数買いが横行していることが分かる。

リリースにいたってはイベントどころかメディア露出もほとんどしなかったので、オリコンとの乖離はほとんどない。

 

第2位 演歌名曲コレクション16~櫻~ -氷川きよし

514ao8osgal__sl500_aa300_


氷川きよしの「名曲コレクション」(オリジナル曲+名曲カバーで構成)シリーズ、16作目が初登場で2位にランクイン。

 

初動売上げは4.0万枚。前作『演歌名曲コレクション15~情熱のマリアッチ~』の初動3.4万枚から上昇。

連続ダウンする中、前作で少し持ち直し、今回はそこからさらに数字を回復させてきた。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの収録内容は統一で、ジャケットやブックレットは2種で異なっている。

音源と映像だけなら上位互換だが、濃いファンは2枚とも買っているといった感じか。

 

直近シングル「櫻」の初動は4.7万枚だったので、上のNEWS同様、「シングル>アルバム」現象を発動。

シングルではアイドルのように2種で収録曲違いまで手を染めているので、シングルではより多くのファンが複数買いしている為と思われる。

 

ここにきて少しずつ初動を回復させている明確な理由は不明。

ただ、この人の場合、リリース後にコンサート会場でどれだけ売り捌けるかが勝負なので、初動が高くても最終的に前作と変わらない数字に落ち着く可能性がある。

 

第3位 Mr.Children 2005-2010 <macro> -Mr.Children

Macro

前週の3位をキープ。

これで6週連続のTOP3入りとなる。

 

週間売上げは2.0万枚

前週の2.7万枚からダウンしているが下げ幅は小さい。

累計は107.7万枚に到達。

 

第4位 Mr.Children 2001-2005 <micro> -Mr.Children

51hhr06llil__sl500_aa300_

前週と変わらず、4位。

これで6週連続のTOP5入りとなる。

 

これで「6週連続2作同時TOP5入り」

5週連続の時点で、CDでは史上初の記録だったので、この週で記録をさらに更新し、今後誰も達成できないレベルに押し上げたことになる。

 

週間売上げは1.7万枚

前週の2.3万枚からダウンしているが、こちらも下げ幅は最小限に抑えている。

累計は103.1万枚を突破。

以下、ピックアップ。

第5位 L'Arc~en~Ciel Tribute -Various Artists

51njzt8zbal__sl500_aa300_


L'Arc~en~Cielのトリビュートアルバムが初登場で5位にランクイン。

 

初動売上げは1.6万枚

ソニー系アーティストのトリビュート盤といえば、ソニー系(特にブレイク前)のアーティストばかり参加するイメージだが、今作の参加アーティストは主に海外アーティスト

そのため、ほとんどが英語詩になっている。

 

日本のアーティストもボーナストラック扱いで参加しているが、TOP10レベルの人気があるのはシドだけ。

HYDEを敬愛しているJanne Da Arcのyasuや、仲が良くて有名なGACKTなどはいっさい参加していない。

 

海外アーティストはZEBRAHEADやTLC、Boyz Ⅱ Men、Daniel Powterなど、日本でも知名度の高いメンツだが、ラルクファンの需要とはうまく噛み合わなかった様子。

また、ラルクはこの数年でベスト等、企画盤を連発しており、それぞれ成績は悲惨なものだった。

ファンの企画盤に対する関心はかなり低くなっているのかもしれない。

 

リリース形態はCD1種リリース

2種以上出しても、複数買いする層はいないだろうから、これで正解だろう。

 

参加アーティストからすればかなり豪華な作品で、ラルクファンじゃなくても聴いてみたいと思う作品なのかもしれないが、それがパッケージの売上には繋がっていない。

魅力的だけどレンタルや違法DLで十分で、パッケージを買うまでもないといった位置づけになったのかもしれない。

~今日のふといいなぁ~
ユングやフロイトの場合 (from『1830m』) by スペシャルガールズC (AKB48)
LEMONADE (from「LEMONADE」) by THE BAWDIES

« 関ジャニ、フリーイベント施策で爆上げ! | トップページ | EXILE、BOX商法で前田敦子を打ち破る! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関ジャニ、フリーイベント施策で爆上げ! | トップページ | EXILE、BOX商法で前田敦子を打ち破る! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ