Twitter

  • 私服ツイート

« 関ジャニ∞、3年9ヵ月ぶりの初動30万オーバー! | トップページ | 「うたプリ」、シリーズ最高初動! Berryz工房は握手会効果爆発! »

2013年1月16日 (水)

1月新譜チェック~SJ vs モー娘! & 一挙9名卒業のSKEは…~

新年がはじまり早2週間。

CDショップを巡っても何かぱっとこない。

気づきました。1月の新譜、ノータッチでした。

 

新年早々、大失念をかましまして、今さら感が物凄いですが、本日は1月の新譜チェックをいたします。

みなさん、「おっ!」という新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

 

1/1

  • Dance My Generation -ゴールデンボンバー

1/9

  • ミステリー ヴァージン -山田涼介
  • Deeper Deeper/Nothing Helps -ONE OK ROCK
  • REASON  -ゆず
  • BUNBUN NINE9' -Cheeky Parade
  • もしも私が空に住んでいたら -岩佐美咲
  • 時空ツアーズ -竹達彩奈
  • Miracle Gliders -喜多村英梨
  • GET YOU  -BiSとDorothy Little Happy
  • イジメ、ダメ、ゼッタイ -BABYMETAL

1/16

  • Catch Me-If you wanna- -東方神起
  • キリギリス人  -ノースリーブス
  • イノチノリズム -DANCE EARTH PARTY
  • ホイッスル~君と過ごした日々~ -miwa
  • RUSTY HEARTS -BREAKERZ
  • 梅 -私立恵比寿中学
  • Silent Snow  -花澤香菜
  • 二人記念日 -John‐Hoon
  • 世界中に君は一人だけ/Valentine's Radio/チョコレート魂  -吉川友
  • COSMOの瞳  -bump.y
  • W.W.D/冬へと走り出すお! -でんぱ組.inc
  • 初恋/グッバイ・アイザック -秦基博
  • 王者の休日 -KREVA
  • Answer -山中さわお

1/23

  • Promise You -SUPER JUNIOR-K.R.Y.
  • Help me!! -モーニング娘。
  • Miss you/ほほえみの咲く場所 -AAA
  • ミュージック -サカナクション
  • アウェイク -石鹸屋
  • そんなこと裏のまた裏話でしょ -中島愛
  • たとえば君と僕 -バロック
  • ま、いいや -クレイジーケンバンド
  • starrrrrrr/涙がこぼれそう -[Champagne]
  • 想送歌 -ヒルクライム

1/30

  • チョコの奴隷 -SKE48
  • ANIMAL -GENERATIONS
  • キミに100パーセント/ふりそでーしょん -きゃりーぱみゅぱみゅ
  • 氷の花 -ゴスペラーズ
  • CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ! -LinQ
  • breakthrough/Let's Say I Do -川畑要
  • 僕たちの歌 -佐香智久
  • 湾岸ワンダーダーリン/ラズベリーラブ -Dancing Dolls

 

ざっとこんな感じです。

今年も1月はリリース少なめ。

下旬に向かってリリース数は増えていきますが、ビックネームのリリースはさほどありません。

 

それでは各週、覗いていきます。

が、すでに元日リリースと第1週目は結果まで出てしまっているので、詳細は割愛させていただきます。

 

ざっくりとした結果は…

元日リリースはもちろん年末年始でメディアに出まくったゴールデンボンバーが1位を獲得。

その初動は「握手会」というアイドルさながらの施策を準備したこともあり、10万枚を超える爆発振りに。

 

続く第1週目ではジャニーズのユニット、NYCでも活躍する山田涼介のソロデビューシングルが初動で20万枚近い数字を叩き出し、週間1位を獲得。

2位には波に乗るONE OK ROCK、3位にはアニメ映画タイアップで躍進のゆずが初登場しました。

ゴールデンボンバー、ワンオク、ゆず、より細かな内容は後日、チャートチェックで解説する予定です。

 

さて、続いてはちょうど今週、第2週目

1位筆頭は東方神起。

ただ、この週は女性アイドル勢の2013年最初のリリースラッシュ週になっている。

ノースリーブス、私立恵比寿中学、吉川友、bump.y、そして、でんぱ組.inc。

アイドル的人気を誇る声優の花澤香菜も含めると、まさにアイドルだらけである。

 

中でも注目は1年ぶりのシングルとなるAKB派生ユニットのノースリーブスと、ももクロの妹分にあたるグループ、私立恵比寿中学。

ノースリーブスは1年というAKB派生異例のリリース間隔が売り上げにどう影響するのか注目。

私立恵比寿中学は、ももクロの大ブレイクの流れを受け注目を浴びており、前作の初動2.1万枚を超えられるかに注目が集まる。

 

続いて、第3週目

この週では、もしかすると2013年初の週間1位争いが勃発する可能性あり。

韓国の人気男性グループ、SUPER JUNIORの派生ユニットとなるSUPER JUNIOR-K.R.Y.とモーニング娘。の対決である。

 

SUPER JUNIORのこのユニットでの作品はこれが初である、セールスパワーが読みにくいが、SUPER JUNIOR本体の直近作は初動11.0万枚

さすがに本体ほどの数字は出ないとしても、7~8万枚あたりまで伸ばしてくる可能性は十分ある。

 

一方、モー娘。は前々作でついにAKBイベント商法を導入。

その効果は目を見張るものがあり、一気に売り上げは倍増となっていた。

 

今回のシングルでもAKBでお馴染みの「個別握手会」はもちろんスタンバイ。

前作の初動が8.2万枚でこのラインで踏みとどまってくるなら、熾烈な1位争いが期待できそうだ。

 

そして、1月最終週となる第4週目

最後には昨年ついに嵐を抜き、シングルセールスパワー2位の座に立ったSKE48が登場。

AKB48に次ぐ2番手の位置になり、2013年も順風満帆に…と思われた矢先、1/15にメンバー9名(1名はすでに発表済み)の今春卒業が発表された。

矢神、小木曽、平松、桑原といったメンバーはSKE48の代表的なメンバーでもあり、反響はかなり大きなものになっている。

このシングルには、その卒業するメンバーによって歌唱されたいわば卒業記念楽曲も収録される予定になっており、ファンが奮起する可能性がある。 

 

前作「キスだって左利き」の初動は驚異の51.1万枚で、今作もしもこの数字を上回ってくるならば、嵐との差を広げ、AKB48に次ぐ2番手の位置を確固たるものとするだろう。

その初動がそのまま年間チャートに直結することもあり、注目してその動向を見守りたいところだ。

 

~Today's Yasai Reccomend~
MirrorDance (from「door」) by androp

« 関ジャニ∞、3年9ヵ月ぶりの初動30万オーバー! | トップページ | 「うたプリ」、シリーズ最高初動! Berryz工房は握手会効果爆発! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関ジャニ∞、3年9ヵ月ぶりの初動30万オーバー! | トップページ | 「うたプリ」、シリーズ最高初動! Berryz工房は握手会効果爆発! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ