Twitter

  • 私服ツイート

« AKB48がキャリア初の2週連続1位獲得! | トップページ | AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… »

2013年3月 9日 (土)

3月新譜チェック~嵐が過去最高の勢い! HKT48ついにデビュー!~

3月になりまして、確実に春が近づいて…というか急に暑いくらいになりました。

3月は毎年、新卒社員の受け入れだったり、人事異動だったり、決算期だったり、人事は炎上確実なんですが。

 

ただ、決算期という点で見れば、それは音楽市場にも影響があり、今期分に収益を押し込むためにビッグネームのリリースが固まりやすい時期でもあります。

さて、今年のリリース状況は果たして。。

 

ということで、本日は前回記事で予告の通り、3月新譜チェックをいたします。

みなさん、「おっ!」という新譜を見つけてくださいね。

 
 

太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。

いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。

 
 

それでは、Let's check!

3/6

  • Calling/Breathless - 嵐
  • Big Boys Cry/Beautiful - 安室奈美恵
  • サヨナラにさよなら - テゴマス
  • 君があの日笑っていた意味を。 - 小野恵令奈
  • 瞬く星の下で - ポルノグラフィティ
  • All Alone With You - EGOIST
  • 最後の私 - 阿部真央
  • Out of Control - Nothing's Carved In Stone
  • ABAYO - 恵比寿マスカッツ
  • 社会の窓 - クリープハイプ
  • 仮面女子 - アリス十番/スチームガールズ
  • We are ONE - 難波彰浩-AKIHIRO NAMBA-

3/13

  • 君の名は希望 - 乃木坂46
  • Yin Yang (イヤン)/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密 - 桑田佳祐
  • 怪・セラ・セラ - 山下智久
  • Fire - SHINee
  • PARTY IT UP - AAA
  • アジアン セレブレイション - Berryz工房
  • CANDY SMILE - E-girls
  • The Bravery - supercell
  • サクラミツツキ - SPYAIR
  • BiSimulation - BiS

3/20

  • スキ!スキ!スキップ! - HKT48
  • 旅立ちの春が来た - スマイレージ
  • にんじゃりばんばん - きゃりーぱみゅぱみゅ
  • バニスタ! - T-ARA
  • 手紙 - TOKIO
  • Daybreak - Alice Nine
  • Tonight - イ・ジュンギ
  • 全力バンザーイ! My Glory! - THE ポッシボー
  • フィーバー - パスピエ

3/27

  • キ・ス・ウ・マ・イ~KISS YOUR MIND~/S.O.S (Smile On Smile) - Kis-My-Ft2
  • バイバイ ハッピーデイズ! - KARA
  • ドリーマーズ・ハイ - RADWIMPS
  • You Are My Life - FTISLAND
  • 瞳のメロディ - BOYFRIEND
  • 抱・き・し・め・た・い - 超新星
  • JUMP - ベイビーレイズ
  • Mr.ECHO - NICO Touches the Walls
  • たしかなうた - ねごと
  • 双刻の艶 - Sadie
  • 記憶の光 - KOKIA

 

ざっとこんな感じ。

4週すべてにジャニーズもしくは48グループ関連の作品がスタンバイしているので、熾烈な週間1位争いは起きそうにない。

ただ、注目すべきポイントはあるので週ごとにさらっと見ていきます。

 

まずは、すでに開戦している第1週目

1位はの2013年第一弾シングル「Calling/Breathless」で確定。

ただ、このシングルが想像を遥かに超える勢いを見せており、なんと売上はデイリー3日間で63万枚を突破している。

 

「私服ツイート」内でお伝えした通り、嵐の自己最高初動シングルは2010年の「果てない空」で、その初動は57.2万枚だった。

今作はたった3日で63万枚を超えて、自己最高初動をすでに更新してしまっている。

1999年のデビュー以来、最高の勢いになっている嵐。

初動として最終的にどこまで伸びるのか、注目である。

 

 

次に、第2週目には乃木坂46、桑田佳祐、山下智久がスタンバイ。

週間1位を狙えるセールスパワーを有しているアーティスト、アイドルのリリースが固まっている。

決算期が近いということで、リリース日が重なるのも毎年恒例のことである。

 

乃木坂46の前作「制服のマネキン」が初動23.3万枚。

桑田佳祐の前作「明日へのマーチ/Let's try again~kuwata keisuke ver.~/ハダカ DE 音頭~祭りだ!! Naked~」の初動は9.2万枚。

山下智久の前作「LOVE CHASE」の初動は11.9万枚。

 

前作成績から比較して、乃木坂46の1位は堅いが、桑田と山下による2位争いは白熱する可能性がある。

なお、山下智久は前作でNEWS在籍時を含めて、これまでキャリアではじめて1位を逃した。

そして、今作は48グループとリリースが合わさり、再び2位以下になる可能性が高い。

ジャニーズアイドルの一度1位を逃すと1位に執着しなくなる傾向は今回も発生している。

 

 

続いて、第3週目にはAKB48姉妹グループ、久々のデビューとなるHKT48が登場。

関東圏でも深夜帯に冠番組を複数持っており、デビュー時点でもかなりのファンを付けている可能性がある。

なお、これまでの姉妹グループ、ライバルグループのデビュー作は、

  • SKE48「強き者よ」-初動2.3万枚
  • NMB48「絶滅黒髪少女」-初動21.8万枚
  • 乃木坂46「ぐるぐるカーテン」-初動13.6万枚

となっており、今回のHKT48はNMB48に匹敵する数字を出せるかに注目が集まる。

少なくとも、指原ファンが動くだけである程度の数字は確約されているわけだし、乃木坂46の数字は超えたいところだ。

 

 

最後に第4週目

最終週の1位筆頭は、Kis-My-Ft2の早くも今年2枚目のシングル。

前作は絶好調でデビュー作以来の初動30万枚オーバーになっていた。

今回は「キスマイSHOP限定盤」がなくなり、前作からパッケージ数が減っているため、厳しい戦いになる見込み。

 

また、この週はKARA、FTISLAND、BOYFRIEND、超新星と韓国勢のリリースが固まっている。

2010年にユニバーサルが作り上げたK-POPブームも、昨年夏を過ぎたころから陰りが見え、特にかなりの高みまでいったKARAのセールスパワーの減退は目立っていた。

この週の結果を見ることで、今年のK-POPセールスパワーの展望を図ることができそうだ。

 

~今日のふといいなぁ~
Clock Strikes (from『人生×僕=』) by ONE OK ROCK

« AKB48がキャリア初の2週連続1位獲得! | トップページ | AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AKB48がキャリア初の2週連続1位獲得! | トップページ | AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ