Twitter

  • 私服ツイート

« AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… | トップページ | CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! »

2013年3月17日 (日)

サカナクション、CMソングが自己最高初動!

昨日、新入社員として配属された時の最初の上司の結婚式でした。

披露宴には行きませんでしたが、夜の二次会の幹事を務めさせていただき、何とか無事終わりました。

 

二次会の幹事というのは初めてだったのですが、これはなかなか大変だ。

主役とは色々な繋がりの人がいるわけですからね。

 

ただ、コミュニケーション・連携を計るときのLINEだったり、DropBoxだったり、スマホ周りのそういったツールはホントに優秀。

それは改めて痛感。

直接打合せをしなくても叩き台レベルまでは固められるし、勝手にやり取りした内容は残っていくし。

 

とはいえ、結局本番はスマホではなく、人間が喋るわけで。

人前で喋る力は身に着けていかなければと、それも痛感した時間でした。

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で9/10付シングルチャートのTOP3を見終わったので、本日は4位以降をチェックしていきます。

 

では、さっそく…

9/10付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

 

第4位 おやすみgood night -Japanese ver.- -B1A4

B1a4_4


韓国の5人組男性グループ、B1A4の日本2枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで2作連続のTOP5入りとなる。

 

初動売上げは3.6万枚。前作「Beautiful Target-Japanese ver.-」の初動3.3万枚から上昇。

リリース形態は【CD+DVD】、【CD+グッズ】、【CDのみ】で計3種リリース

CDの収録内容が3種すべて異なる、3種買い促進の複数買い促進商法

 

グッズは前作がジグソーパズルで今作はイヤフォンホルダーで、各メンバー仕様があって全5種。

どっちの効果が高いのかはよくわからないが、5種のうちいくつか若しくはすべて集めるために複数買いしているファンはいるだろう。

 

なお、3種すべてに「ショーケース応募券」を封入しており、イベント商法も活発。

今回は3形態すべて買ったファンの中から抽選で、メンバーから直接電話がかかってくる「おやすみコール」なる施策があり。

パッケージ上だけでなく、今回はイベント施策でも3枚買いを促進している。

今回の上昇はこういったイベント商法の強化が影響していると思われる。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が1.3万枚、【CD+グッズ】が1.4万枚、【CDのみ】が0.9万枚で計3.6万枚

イベントは組んでいるが、特殊販路商品はないためオリコンとの乖離はない結果になっている。

 

第5位 夜の踊り子 -サカナクション

Hhhhl300x300_2


サカナクションの7枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これで4作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは3.1万枚。前作「僕と花」の初動1.8万枚から大幅上昇。

自己最高初動を大幅に更新。

それどころか、初動だけでこれまでの全てのシングルの累計売上を超えて、自身最大のヒットシングルになってしまっている。

 

ドラマタイアップだった前作から今回は「モード学園」CMソング。

このCMは前作「僕と花」のリリース以前の4月ごろから大量にオンエアされ、話題になっていた。

 

前作もバンド初のドラマタイアップで多少の効果はあったはずなので、それを大きく上回るこの結果はかなりの「勢い」を感じさせるチャートアクションである。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

前作は1種だったのでパッケージ数は増えているが、CDの内容は統一なので、1枚買えば事足りる仕様。

もともとライヴのパフォーマンスに定評があるバンドで、今回はライヴ映像が付いているということでかなり需要が上がった様子。

 

とはいえ、前々作「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」も2種リリースで初動1.5万枚だったので、そこからは倍増している。

この1年弱での人気・知名度の上昇が著しいことがよくわかる結果となった。

 

サウンドスキャンでは、DVD付だけランクインして、3.0万枚。

 

第6位 She's Gone -超新星

Sheisgone300x296_2


韓国の男性6人組グループ、超新星の15枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

前作に続き、リーダーのユナクが入隊による活動休止中のため、5人体制でのシングルとなっている。

これで8作連続のTOP10入り。

 

初動売上げは2.9万枚。前作「Stupid Love/COME BACK TO ME」の初動1.6万枚から大きく上昇。

前作は前々作からパッケージが2種減って、2種リリースとなり、数字が暴落していた。

今作のリリース形態は【CD+DVD】が1種と【CDのみ】が2種、【ユニバーサルストア限定盤(5,555枚限定)】が1種で計4種リリース

【CDのみ】の片方にだけ収録の新曲があり、また【ユニバーサルストア限定盤】にはイベントチケットを封入。

 

音源と映像だけなら2種買いで済むが、複数買うようなファンはイベントにも反応すると思われ、チケットも含めると3枚買い促進だといえる。

また、一般流通の3種すべて買うことでも同様のイベント参加の抽選券が付与された。

 

前作で極端に商法が弱まっていたが、ここでまた凶悪化したことで数字は大きく回復した様子。

ただ、前々作の水準までは戻っておらず、人気が上り調子ということではないようだ。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】だけが0.9万枚でランクイン。

ECサイト経由での購入が多いことがわかる。

 

第7位 Go!Go!Here We Go!ロック・リー/大人はわかってくれない -私立恵比寿中学

51bbueqwwzl__sl500_aa300__2


「ももクロ」の妹分にあたるアイドルグループ、私立恵比寿中学のメジャー2枚目のシングルが初登場で7位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

7位は前作に続き、自己最高位タイ

 

初動売上げは2.1万枚。前作「仮契約のシンデレラ」の初動2.0万枚から微増。

「ももクロ」の人気拡大に引っ張られるかたちで人気を伸ばしてきている。

 

リリース形態はすべて【CDのみ】で3種リリース

3種のカップリング曲がすべて異なっており、3種買い促進の複数買い促進商法となっている。

 

また、もちろんイベント商法も組まれており、3種共通で「エビ中券」を封入。

イベントは発売週に固められ、その効果もあってデイリー序盤は高い勢いを見せた。

 

パッケージ上もイベント施策も前作とほぼ同じなので、数字はキープ状態になった様子。

 

サウンドスキャンでは【CDのみ】の1種だけランクインして0.9万枚

前作は3種すべてがランクインしていた。

前作の成績からして、20位直下に0.6万枚くらいであとの2種がランクインしていると思われ、3枚買いはかなり横行していることが伝わってくる。

 

以下、ピックアップ。

第9位 TVアニメ『黒子のバスケ』キャラクターソング DUET SERIES VOL.2(次会う日まで) -黒子テツヤ(小野賢章),黄瀬涼太(木村良平)

人気アニメ「黒子のバスケ」のキャラクターソングが初登場で9位にランクイン。

 

初動売上げは1.7万枚

キャラソンは2012年の5月に3作、6月に2作がリリースされていた。

5月の3作はすべて20位以下で、そのひと月後の2作は片方が初動1万割れながらTOP10入りを果たしていた。 

今回は順位が最高位タイ、初動が最高初動となり、一気に勢いを増している。

 

今回は「DuetSERIES」ということで、キャラ2人(声優2人)による歌唱となっており、その分ファンも倍動いた感じか。

また、先述の通り、徐々にアニメも人気を伸ばしているようなので、「人気上昇+声優2人参加」で大きく伸ばしてきたようだ。

 

リリース形態はCD1種リリース。 

サウンドスキャンでは、1.3万枚。

 

第10位 わたしの願い事 -YUKI

20120730_yuki3_v_3


YUKIの25枚目のシングルが初登場で10位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上げは1.6万枚。前作「プレイボール/坂道のメロディ」の初動2.1万枚からダウン。

前作はアニメタイアップがついており、高めに出ていたが、アニメタイアップが外れてダウンとなった。

今回は映画「ひみつのアッコちゃん」主題歌となっている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

2010年からは1種リリースが続いたが、2012年は2種リリースが続いている。

 

アニメタイアップなしの1種リリースだった前々作が1.3万枚。

それよりは複数商法効果で高いが、映画「ひみつのアッコちゃん」タイアップの効果が出たような形跡はあまり見られない。

サウンドスキャンでは、DVD付だけランクインして、1.4万枚。

 

 

なお、この週はシングルのリリースラッシュでTOP20以上の水準がこのご時世としては高めとなり、17位まで1万超えとなった。

この週にリリースしたことにより、TOP10常連の吉井和哉、FUNKY MONKEY BABYSがTOP10落ち。

特に、吉井和哉はソロになって初のTOP10落ちで、イエモン時代を含めても1998年の「離れるな」以来、約14年ぶりのTOP10落ちということになった。

 

~Today's Yasai Reccomend~
幸せをありがとう (from『ケツノポリス3』) by ケツメイシ
wedding song (from『MUSIC』) by フジファブリック

« AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… | トップページ | CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AKB48、7作連続初動ミリオン! しかしエース卒業の影響は大きく… | トップページ | CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ