Twitter

  • 私服ツイート

« CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! | トップページ | ももクロ、別名義作品ランクイン! YUIは不調でブレイク前の水準に… »

2013年3月20日 (水)

関ジャニ、9作連続首位! ℃-uteは2作連続で自己最高初動更新!

前回記事で9/10付チャートを見終わったので、本日からは9/17付チャートを見ていきます。

では、さっそく…

 

9/10付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲! 

 

第1位 あおっぱな -関ジャニ∞

5dc31b5123c808833931d97729ceb3671be


関ジャニ∞の22枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これで9作連続の1位獲得となる。

 

初動売上げは20.8万枚。前作「ER」の初動33.1万枚から△10万枚以上の大幅ダウン。

前作ではジャニーズとしては珍しくイベント施策を取り入れ、一気に数字を爆発させていた。

なお、前々作「愛でした。」も前作と共通のイベント施策が組まれて、初動26.2万枚と高めの数字になっていて、イベント関連がなかったのはそのひとつ前「ツブサニコイ」で初動は15.3万枚だった。

それに比べるとかなり好調となっている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

【CDのみ】にはカップリングを追加収録しており、2種買い促進の複数買い促進商法となっている。

前作は3種だったので、パッケージ減。

前々作までは2種だったので、元に戻ったかたち。

 

イベント施策なしで2種だった「ツブサニコイ」よりも高い数字になったのは、2種同時購入者に対してブックレットプレゼントという施策があったためと思われる。

過去事例からジャニーズファンにはこういった施策が予想以上に刺さる傾向があるのは明らかである。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が11.1万枚、【CDのみ】が9.3万枚で計20.4万枚

リリースイベントや特殊販路商品がないので、オリコンとの差はほとんどなし。

 

ただ、見事なまでに2形態に売上が分散されており、ほとんどの購入者が2種購入しているのがわかる。

 

第2位 24karats TRIBE OF GOLD -EXILE TRIBE

4988064592012_l


EXILE関連グループの総称、"EXILE TRIBE"のシングルが初登場で2位にランクイン。

今回はEXILEと三代目J Soul Brothersによるコラボレーション楽曲となっている。

※EXILE TRIBE≠EXILE+三代目J Soul Brothers

 

初動売上げは15.4万枚

EXILEとしての直近作「BOW & ARROWS」の初動は9.5万枚。

三代目J Soul Brothersの直近作「0~ZERO~」が初動10.1万枚なので、そのどちらよりも高い数字となっている。

それより、直近作がEXILEより三代目~のほうが上というのが意外だったり…。

 

コラボするアーティストによってはマイナスに転じることさえあるが、今回はコラボ効果爆発のように見える。

というか、同じグループ内でのコラボなので、どちらかというと「合体」といった感じで、両グループの固定ファンが敬遠することなくどちらも動いただけといった感じか。

なお、ドラマ「GTO」主題歌というタイアップも、平均視聴率が13%程度でそこまで高くはないが、多少の効果はあったと思われる。

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの内容は統一なので、複数買い促進ではない。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が7.0万枚、【CDのみ】が1.0万枚で計8.0万枚

オリコンの約半分になってしまっている。

固定ファンの多くが「LDH mobile」や「mu-moショップ」などECサイトで購入しているためと思われる。

EXILEにとってはもはや恒例の現象である。

 

第3位 ギンガムチェック -AKB48

20120829_a_300

前週の1位から2ランクダウン。

2週連続のTOP3入り。

 

週間売上げは5.4万枚

前週の初動118.2万枚から、一気に21分の1以下になる大暴落。

前作は総選挙投票券の影響もあり、2週目でも12.9万枚も出ていた。

 

総選挙なしの前々作「GIVE ME FIVE!」でも2週目7.4万枚出ていたので、それよりも明らかに不調

前田敦子という莫大な数のファンを持つメンバーの卒業は初動だけでなく、2週目以降にも響いているとみていいだろう。

 

2週の累計売上は123.6万枚を突破。

 

第4位 会いたい 会いたい 会いたいな -℃-ute

41wnoxvwxl__sl500_aa300_


ハロプロ系アイドルグループ、℃-uteの19枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで19作連続のTOP10入りとなり。

 

初動売上げは4.7万枚。前作「君は自転車 私は電車で帰宅」の初動4.0万枚から上昇。

前作で商法をリミッター解除して、前々作の初動1.7万枚から初動を大幅増させていたが、今回はそれをさらに上回り、2作連続で自己最高初動更新となった。

 

また、前作も初動だけで自身最大のヒットになっていたが、今回についても初動だけで前作の累計を超えてしまっている

2作連続で初動だけで自身最大のヒットになる例はかなり稀である。

リリース形態は【CD+DVD】が1種と【CDのみ】が4種で計5種リリースとなっている。

前作は【CDのみ】が6種あったので、パッケージ数は2種減っている。

 

ただ、今回は℃-ute史上ではじめてカップリングで完全なる新曲での曲違いをやっている。

※前作はタイトル曲をそれぞれのメンバーが歌った音源

 

また、今回もソニーのECサイトでは全形態をひとつにまとめたBOXセットがリリースされており、前作同様このBOXだけに「チェキ会参加券」を封入という鬼仕様。

過去のEXILEなどの例からBOX1つの売上で、オリコン上は5枚の売上カウントになっていると思われる。

「BOX固め売り商法」の威力の高さが思い切り現れる結果になった。

さらに、タワレコのECサイトで【CDのみ】を購入することで「個別握手会」参加券が付与され、AKB商法も同時進行。

それに加えて、ハロプロ勢恒例の「イベント抽選シリアルナンバー」も封入しており、イベントでガチガチに固めている

パッケージ数よりも直接本人に会えるタイプのイベントのほうが威力があるのは、韓国勢やAKB勢の例から実証済みで、今回の℃-uteもその事例のひとつになったかたちである。

 

サウンドスキャンでは、1形態もTOP20入りできず

もはやほとんどのファンがイベント目当てで、ソニーやタワレコのECサイト経由で購入していると見ていいだろう。

 

 

~Today's Yasai Reccomend~
虹色の戦争 (from「EARTH」) by 世界の終わり

« CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! | トップページ | ももクロ、別名義作品ランクイン! YUIは不調でブレイク前の水準に… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CNBLUE、日本1stアルバムが1位獲得! | トップページ | ももクロ、別名義作品ランクイン! YUIは不調でブレイク前の水準に… »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ