Twitter

  • 私服ツイート

« 指原ソロシングルが初首位! ハロウィン企画バンドはTOP3入り! | トップページ | 関ジャニ∞ベストが首位! 田村ゆかりは自身初のTOP3入り! »

2013年5月23日 (木)

東京女子流が念願のTOP10入り!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で10/29付チャートのTOP3をチェックしましたので、本日は4位以降を新譜中心にピックアップしていきます。

では、さっそく…

 

10/29付オリコンウィークリーシングルチャート、第4位はこの曲!

 

第4位 ROAD TO BUDOKAN 2012 ~Bad Flower~ -東京女子流

61pcw56hl__sl500_aa300_


5人組ガールズグループ、東京女子流の11枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これがシングル、アルバム通じて初のTOP10入りとなる。

 

これまでわざとやっているように強敵の多い週にリリースがぶつかり、幾度となくTOP10入りを逃してきていたが、ここでついに念願のTOP10入りを達成。

 

初動売上は2.2万枚。前作「追憶 -Single Version-/大切な言葉」の初動1.3万枚から大幅上昇。

初動2万台はこれが初で、初動1万超えはこれで5作連続。

なお、TOP10の1万割れが普通になっているこのご時世に、その5作のうち4作がTOP10入りを逃している。

※7th:初動1.3万枚(11位)→8th:初動1.3万枚(18位)→9th:初動1.2万枚(16位)→10th:初動1.3万枚(12位)

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で3種と、特殊販路商品【mu-mo/イベント会場限定盤】が1種で計4種リリース

DVDの内容は異なり、【CDのみ】にだけリミックス音源とCD EXTRAが収録されているため、3種買い促進の複数買い促進商法となっている。

 

これまでCDで明確に収録曲違いを導入したことはなかったので商法は強化されている。

また、イベント商法も加速しており、mu-mo限定の4種セットになっているBOXセットを購入しないと参加できないイベントが組まれている。

過去にEXILEやモー娘。が使った「BOX固め売り商法」なので、オリコンでは1つBOXが売れるたびに4枚売上カウントされていると思われる。

 

ここにきてファンが一気に増えたというよりは複数商法とイベント商法を強化したためにファン1人あたりの購入枚数が増えたと捉えるのが自然である。

武道館公演の直前シングルでTOP10入り、この結果は狙ってたとしたらこの上ないものだろう。

次回作以降、この勢いを保つことができるかが勝負か。

 

サウンドスキャンでは【CDのみ】が0.6万枚でランクイン。

オリコンとの大きな乖離があるが、BOXセットが未集計だったり、mu-moショップ分の売上が集計されていないためだと思われる。

 

第5位 ファッションモンスター -きゃりーぱみゅぱみゅ

516tnq17qml__sl500_aa300_


きゃりーぱみゅぱみゅの3枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。

これでデビュー作から3作連続のTOP10入りとなり、5位は自己最高位となる。

 

初動売上は2.2万枚。前作「CANDY CANDY」の初動1.0万枚から倍以上となる大幅上昇。

自己最高初動を更新。

 

タイトル曲は本人出演の「ジーユー」CMソングで早くからオンエアされていた。

また、前回記事でチェックした当週3位のHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA同様、ハロウィンソングとして発売前から話題に。

 

また、今作は1stフルアルバムのヒット後、一発目のシングルとなっており、アルバムで固定ファンを獲得し、ここで上昇してきた可能性もある。

 

リリース形態は【CDのみフォトブック仕様】、【CDのみ】で2種リリース

音源は2種共通でDVD付さえないため、複数買い促進ではなく、商法としてはかなり優しい。

商法は前作と同じなので、ここでの上昇は先述の通り、人気・知名度アップという面が大きいと見ていいだろう。

 

サウンドスキャンでは【CDのみフォトブック仕様】が1.1万枚、【CDのみ】が0.7万枚で計1.8万枚。

DVD付に比べてやはりフォトブックの反響は小さめのようで、【CDのみ】が結構売れている。

 

第6位 Midnight-星を数える夜- -BEAST

5160gzjgrcl__sl500_aa300_


韓国の6人組男性グループ、BEASTの日本3枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。

これで3作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上は2.1万枚。前作「BAD GIRL」の初動4.2万枚から半減となる大幅ダウン。

ここ数年リリース連発になる傾向のあるK-POP勢だが、BEASTはこれが前作から約1年4か月ぶりのシングルとなる。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が1種で計4種。

これにユニバーサルミュージックストア限定盤(メンバー6人仕様)が6種存在し、合計10種リリースとなっている。

 

CDは内容統一だが、DVD3種はすべて内容が異なるため、3種買い促進。

また、ECサイト限定の6種はジャケットがメンバー6人1人ずつになっており、ワンコインと低価格でもあるので、複数買いしているファンがかなりいると思われる。

前作は一般流通の4種だったので、一気にパッケージ数が増えているが、数字は伸びず。

 

前作からのインターバルの間に、K-POPの流行り感はかなり薄れて、ライト層の食いつきが一気に悪くなったために大きなダウンになったと思われる。

 

サウンドスキャンでは、なぜか1形態もTOP20内にランクインしておらず。

ほとんどがユニバーサルストア(ECサイト)で購入されたということか。謎である。

 

第7位 WAITING 4 U -ユナク from 超新星

Yunhak31


韓国の男性グループ、超新星のリーダー、ユナクの日本2枚目のソロシングルが初登場で7位にランクイン。

これで2作連続のTOP10入りとなり、7位は自己最高位。

 

初動売上は2.0万枚。前作「Again」の初動1.8万枚から上昇。

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

DVDの内容は異なり、かつCDの収録内容は3種すべて異なる、3種買い促進の複数買い促進商法

 

前作はDVDの有無で2種リリースで、CDの内容も統一で複数買いを助長する仕様じゃなかったので、今回は一気に商法が強化されていることになる。

そういったリリース条件を考えると、伸び幅が小さく、実質のところダウンに近く、ファン離れが進んでいる可能性がある。

 

なお、ユナクは現在兵役中で韓国勢お得意のイベントは前回も今回もない。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】2種がそれぞれ0.6万枚、0.5万枚で計1.1万枚。

イベントはないはずだが、オリコンとの乖離が大きいのが気になる。

 

~Today's Yasai Reccomend~
さらさら (from「さらさら/僕はきっと旅に出る」) by スピッツ

« 指原ソロシングルが初首位! ハロウィン企画バンドはTOP3入り! | トップページ | 関ジャニ∞ベストが首位! 田村ゆかりは自身初のTOP3入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 指原ソロシングルが初首位! ハロウィン企画バンドはTOP3入り! | トップページ | 関ジャニ∞ベストが首位! 田村ゆかりは自身初のTOP3入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ