Twitter

  • 私服ツイート

« 嵐が10作連続のアルバム首位! 家入レオは粘りの推移に! | トップページ | 7月新譜チェック~快進撃続くかSKE48、山Pは久々1位なるか~ »

2013年7月 2日 (火)

NMB48が約12年ぶりの快挙! EXILE派生グループも登場!

前回記事で11/12付チャートを見終わりましたので、本日からは11/19付チャートに突入していきます。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

 

では、さっそく…

11/19付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 北川謙二 -NMB48

1007088


大阪の難波を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、NMB48の6枚目のシングルが初登場で1位を獲得!

これで2作連続の首位獲得となる。

 

また、今作でNMB48はデビュー作「絶滅黒髪少女」から6作連続シングルのTOP3入りを達成。

女性アーティストによる、デビュー作から6作連続TOP3入りは、倉木麻衣が2000年に達成して以来で、約12年ぶりの快挙となった。

 

初動売上は31.7万枚。前作「ヴァージニティー」の初動31.5万枚とほぼ同等。

前作でデビュー以来初の初動ダウンとなっていたが、ここで若干盛り返し。

ただ、前々作「ナギイチ」の初動37.6万枚には及んでいない。

 

今作からはAKB48の横山由依が兼務として参加しているが、それほど大きな数字の影響はなかった様子。

また、NMBでは時折見られるデイリー途中での追加出荷による急激な上昇は今回は見られなかった。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】3種と、「キャラアニ」限定発売の【劇場盤】が1種で計4種リリース

4種すべてCDの収録内容が異なる複数買い促進商法

鬼の4種買い促進は、前作までと変わらず。

もちろんイベント商法も活発で、一般流通3種に「全国握手会参加券」封入。

劇場盤には「個別握手会参加券」を封入という、AKB勢の恒例パターンだが、前作では劇場盤に「写メ会参加券」があったので、若干商法は弱まっている。

その分は横山ファン埋めたといった感じか。

 

サウンドスキャンでは一般流通の3種が3.6万枚、2.9万枚、2.5万枚で、計9.0万枚

前作のサウンドスキャン計は7.7万枚だったので、こちらはオリコン以上にしっかり上昇している。

売上に占める劇場盤率が下がったということになる。

 

第2位 THINK 'BOUT IT! -THE SECOND from EXILE

51zperblwpl__sl500_aa300_


EXILEからの派生グループ、「THE SECOND from EXILE」のデビューシングルが初登場で2位にランクイン。

メンバーは過去に二代目J Soul Brothersとして活躍したKENCHI、KEIJI、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHIの5人。

 

初動売上は10.6万枚

デビュー作からいきなり10万の大台を超える初動を叩き出してきた。

同じくEXILE系ユニットである三代目J Soul Brothersの直近作「0~ZERO~」の初動10.1万枚も超えており、かなり好調な出足といえる。

 

今作は映画「悪の教典」主題歌。

映画は話題作として扱われていたので、そこまで大きくはなくても多少タイアップ効果があったものと思われる。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDは同一内容で、複数買い促進商法は使っていない。

 

サウンドスキャンではDVD付だけがランクインして2.3万枚

オリコンとの乖離が激しく、mu-moショップでの売上がかなり大きいことがわかる。

 

アイドル色の強いアーティストのデビュー作は「ご祝儀買い」という文化で高めに出ることが多く、次回作以降もこのペースが続くとは限らない。

仮にこのペースが続くとすると、EXILE本体とさほど変わらないセールスパワーを持つことになり、チャート1位の常連に名乗りを上げることになりそうだ。

 

第3位 UZA -AKB48

20120829_a_300

前週の1位から2ランクダウン。

2週連続のTOP3入りとなる。

 

初動売上は4.5万枚。

前週の初動112.9万枚から気に25分の1になる、恒例の大暴落。

 

前作「ギンガムチェック」は初動118.2万枚→2週目5.4万枚で、約21分の1だったので、暴落度合は悪化している。

 

累計は2週で117.4万枚で、まだ前作初動に及んでいない。

とはいえ、圧倒的で破壊的な数字であることに違いはない。

 

第4位 Answer -flumpool

81pjmtcvinl__aa1500_


flumpoolの10枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで10作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上は3.5万枚。前作「Because…I am」の初動2.8万枚から上昇。

前作でついに初動が3万枚を割っていたが、ここですぐに3万台に復帰。

ただ、前作で久々に達成したTOP3からはまた外れてしまった。

 

今作はドラマ「レジデント~5人の研修医」主題歌となっており、その効果も多少あったか。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【CD+ライヴCD】、【CDのみ】で計3種リリース

前作は【2CD】仕様がなく、2種リリースだったので、今回は明らかに商法が強化されている。

DVDとライヴCDで、2種買い促進の複数買い促進商法

 

初動上昇の理由は先述の商法のようだが、つまり商法を緩めればすぐに数字は元通りになる可能性が高いが、はたして。

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.1万枚、【CDのみ】が1.0万枚で計3.1万枚。

 

~Today's Yasai Reccomend~
高嶺の花子さん (from「高嶺の花子さん」) by back number

« 嵐が10作連続のアルバム首位! 家入レオは粘りの推移に! | トップページ | 7月新譜チェック~快進撃続くかSKE48、山Pは久々1位なるか~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐が10作連続のアルバム首位! 家入レオは粘りの推移に! | トップページ | 7月新譜チェック~快進撃続くかSKE48、山Pは久々1位なるか~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ