Twitter

  • 私服ツイート

« JUJUが1位2位独占! 藤圭子、浜崎あゆみに次ぐ史上3人目の快挙! | トップページ | 凛として時雨、初のTOP10入り! アフィリアは100枚買い促進再び! »

2013年7月24日 (水)

キスマイ、デビュー作から5作連続首位!

本日もチャートをチェックしていきます。

前回記事で11/19付チャートを見終わったので、本日からは11/26付チャートに突入です。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

 

では、さっそく…

11/26付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 アイノビート -Kis-My-Ft2

Kismyft2300x301


Kis-My-Ft2の5枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これでデビュー作から5作連続の1位獲得となる。

 

「1stから5作連続の首位獲得」は2010年にHey!Say!JUMP!が記録して以来で、男女グループおよびソロを通じて、2年9ヵ月ぶりの快挙となる。

 

初動売上は25.9万枚。前作「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」の初動28.5万枚からダウン。

メンバー出演ドラマと映画のダブルタイアップだった前作から、今回は一気にノンタイアップなので、初動ダウンはその影響か。

なお、ダウンはしているがこれまでの5作の中では3番目に高い初動である。

 

リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種。

それに特殊販路商品である【キスマイSHOP盤】が1種あって、合計4種リリースとなっている。

 

DVDの内容が異なり、一般流通の【CDのみ】だけに収録の楽曲があるため、3種買い促進の複数買い促進商法となる。

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が7.6万枚と6.1万枚、【CDのみ】が3.5万枚で計17.2万枚。

オリコンとの乖離が大きく、【キスマイSHOP盤】もしくはキスマイSHOPにおける一般流通盤の売上が大きいことがわかる。

 

第2位 マスカレード~Masquerade~ -2PM

5130s8dkc2l__sl500_aa300_


韓国の男性6人組グループ、2PMの日本5枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

これで5作連続のTOP10入り。

また、2位は前作に続き、自己最高位タイとなる。

 

初動売上は13.0万枚。前作「Beautiful」の初動14.1万枚からダウン。

前作で初動を爆上げさせており、初動だけで自身最大のヒットシングルとなっていたが、それには及ばず。

ただ、これでも2番目に高い数字であり、初動6.5万枚だった前々作までの勢いとはまるで違う。

 

リリース形態は【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で計3種リリース

【CDのみ】にだけリミックス音源を収録しているので、音源と映像を購入でコンプするためには絶対に3枚買わなくてはならない複数買い促進商法

 

前作は【CD+DVD】は1種でフォトブック付きが1種あった。

DVDとフォトブックだとDVDのほうが引きが強いと思われるが、初動は下がっている。

 

イベント商法は前作とほぼ同じ。

3形態すべてに全8種のトレカを1種封入。

8枚のうち1種が『イベント参加券』、もう1種が『スペシャルグッズ応募権利付ロゴカード』となっており、残り6種は『ハイタッチ会参加権利付メンバーソロフォトカード』となっている。

前作は全7種で『イベント参加券』はなかったので、イベント商法は強化されている

なお、前作同様、ハイタッチはフォトカードに描いてあるメンバーとしかできない。

お気に入りのメンバーとハイタッチするためにはそのメンバーが出るまで複数買いしなくてはならない鬼仕様となっている。

 

パッケージ商法もイベント商法もやや強化されていながら、初動は下がっているので、人気上昇はいったん頭打ちと捉えてよさそうだ。

 

サウンドスキャンでは【CDのみ】が5.2万枚、【CD+DVD】2種が3.2万枚と3.1万枚で計11.5万枚

前作と同じく、【CDのみ】がいちばん売れているのはお気に入りのメンバーとハイタッチするために、安価なパッケージが大量買いされた為と思われる。

ハイタッチイベントが売上を強烈に支えていることがよくわかる結果である。

 

第3位 Powder Snow ~永遠に終わらない冬~ -三代目 J Soul Brothers

Rzcd59194


三代目J Soul Brothersの8枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで8作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上は9.5万枚。前作「0~ZERO~」の初動10.1万枚からダウン。

前作で自身初の初動10万オーバーを記録していたが、2作連続での初動10万超えはならず。

ただ、前々作の初動が6.8万枚だったので、それに比べるとまだはるかに高い水準となっている。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの内容は統一なので、複数枚買わせる仕様ではない。

 

前作は4A面仕様の豪華盤で、それに伴い、パッケージも計8種出ていた。

ただし、CDもDVDもすべて同じ内容だったので、8種も出ていながら複数買い促進商法ではなかった。 

今回は△6種になっていることになるが、それほど数字が下がっていないのは今回も前回も複数買い促進じゃないので、ファン1人あたりの購入枚数がそこまで変わらなかったか。

 

また、EXILE系アーティストはアイドル同様にイベントが売上を支える大きな要素になっているので、今回のほうがイベントの強度が高かったのかもしれない。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.0万枚、【CDのみ】が1.6万枚で計4.6万枚

オリコンのおよそ半分となっており、差分はエイベックス系特有のmu-moショップ売上分と思われる。

 

~Today's Yasai Reccomend~
ラブホテル (from『吹き零れるほどのI、哀、愛』) by クリープハイプ

« JUJUが1位2位独占! 藤圭子、浜崎あゆみに次ぐ史上3人目の快挙! | トップページ | 凛として時雨、初のTOP10入り! アフィリアは100枚買い促進再び! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JUJUが1位2位独占! 藤圭子、浜崎あゆみに次ぐ史上3人目の快挙! | トップページ | 凛として時雨、初のTOP10入り! アフィリアは100枚買い促進再び! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ