Twitter

  • 私服ツイート

« 「黒子のバスケ」キャラソンが4作同時TOP20入り! | トップページ | NEWS、15作連続首位も初動減…SHINeeは自己最低初動に »

2013年9月21日 (土)

EXILEベストが首位獲得! YUIベストは2作同時TOP3入り!

会社で支給される携帯がスマホになりまして。

iPhone 5sが話題の最中に、iPhone5が手元に届きました。

 

初代Xperiaから、ずっとAndroid派でしたが、iPhoneが人気のわけがわかった気がします。

できることなんてほとんど変わらないというかAndroidのほうが多いんですが、細かな設定せずオモチャみたいに使えて、何よりこのサクサク動く感じなんだろな。

 

ドコモでもiPhoneが出ることになって、音楽・チャートファンとしてはそれがiTunes Storeの配信ランキングにどんな影響を及ぼすのか注目したいところです。

 

 

さて、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で12/17付シングルチャートを見終わりましたので、本日はアルバムチャートを見ていきます。

 

では、さっそく…

12/17付オリコンウィークリーアルバムチャート、第1位はこの作品!

 

第1位 EXILE BEST HITS -LOVE SIDE / SOUL SIDE- -EXILE

Best_j_2

EXILEのベストアルバムが初登場で1位を獲得。

EXILEのベストアルバムリリースは08年の『EXILE BALLAD BEST』以来となり、約4年ぶりとなる。

 

EXILEのアルバム首位獲得は09年の『愛すべき未来へ』から5作連続となり、通算15作目

通算のアルバム首位獲得数としては、Mr.Childrenの15作に並び、B'zの25作に次ぐ男性アーティスト歴代2位タイとなった。

 

初動売上は38.2万枚

オリジナルアルバムだった前作『EXILE JAPAN/Solo』の初動35.0万枚から上昇。

ベストということで、数字は上昇させてきたが、その伸び幅はかなり小さく収まっている。

 

08年に3作のベストアルバムを乱発しており、今作はその過去3作とかなり収録曲が重複している。

また、EXILEはオリジナルアルバムにシングルのカップリング含めすべて詰め込む傾向が強く、ある意味、オリジナルアルバムが毎回「ベストみたい」になっているので、改めて「ベスト」と銘打たれても、それほどライト層には響かなくなっていると思われる。

新曲が収録されているので、なんとかオリジナルアルバムくらいの数字は出たが、もし新曲がなかったら、固定ファンも多少スルーして厳しい状況になっていたかもしれない。

 

リリース形態は【2CD+3DVD】、【2CD+2DVD】、【2CD】で計3種リリース

ただ、3種出ているものの、CDもDVDも内容は上位互換で複数買い促進にはなっていない。

EXILEもほぼアイドル化していると言われるが、このあたりはアーティスト寄りである。

 

サウンドスキャンでは【2CD+3DVD】が17.9万枚、【2CD】が8.1万枚、【2CD+2DVD】が4.8万枚で計30.8万枚

オリコンとの乖離は小さくないものの、シングルの場合は半減近くなることもあるので、それに比べると、かなりオリコンに近い数字になっているといえる。

 

第2位 GREEN GARDEN POP -YUI

Date_20121110135137_640x520_509db_2

第3位 ORANGE GARDEN POP -YUI

Yui_orange_garden_pop

YUIの2作同時リリース、初のベストアルバムが初登場で2位、3位にランクイン。

YUIのアルバムTOP10入りは、 06年リリースの1stアルバム『FROM ME TO YOU』から8作連続となる。

また、アルバムの2作同時TOP10入りは05年のデビュー8年目にして初の記録となる。

 

なお、YUIは今作リリースの約3週間前にYUIとしての活動休止を発表。

よって、活動中としては最初で最後のベストということになった。

 

初動売上は11.7万枚11.6万枚

オリジナルアルバムだった前作『HOW CRAZY YOUR LOVE』の初動13.2万枚からともにダウン。

 

キャリア初のベストアルバムだったが、オリジナルアルバムの数字を下回ってしまい、「ベストでダウン」現象を発動。

活動休止前の集大成的内容なので需要は高かったはずだが、2枚同時リリースであること、そして新曲の収録がないことが思いっ切り響いたようで、いまいち振るわない結果となってしまった。

 

ベストがコケる定番には、

①アイドルなどファンが閉鎖的でライト層に届かない状況であること
②過去にベストを乱発していること
③複数枚に分けてのリリースであること
④新曲の収録がないこと

などが主に上げられるが、今作は③、④が当てはまっている。

過去に、同じソニーのポルノも新曲なし&2枚同時リリースでダイナミックにコケており、それを彷彿させるようなチャートアクションに。

 

リリース形態は2作ともに、【CD+写真集】と【CDのみ】で2種リリース

映像(DVD付)のリリースはなく、CDの収録内容も統一なので、複数買い促進ではない。

 

やはりこのご時世にDVDと新曲なしのベストを購入するライト層はほとんどいないということか。

今回の内容だとレンタルで完全に事足りてしまうのが実情。

写真集に惹かれるような固定ファンだけが動き、音源だけでいい固定ファン、ライト層にはほとんど刺さらなかった結果がこの初動だといっていいと思われる。

 

サウンドスキャンでは「GREEN」が【CD+写真集】8.6万枚、【CDのみ】0.9万枚で計9.5万枚。

「ORANGE」が【CD+写真集】8.5万枚、【CDのみ】0.9万枚で計9.4万枚。

 

以下、ピックアップ。

第7位 again  -浜崎あゆみ

O0450045012292187363_2


浜崎あゆみの4作目のミニアルバムが初登場で7位にランクイン。

5ヵ月連続リリースの第2弾、2作連続でのミニアルバムとなる。

 

アルバムは2作連続で週間1位から遠ざかり、前作でついにTOP3入りを逃していたが、今回はTOP5入りも逃した

かつての指定席だった1位はかなり遠ざかってしまっている。

 

初動売上は3.4万枚。前作『LOVE』の初動6.5万枚から大きくダウン。

ここまで大きなダウンになった理由としては、発売日の影響があり、今作はイレギュラーな土曜日発売。

よって、オリコンの集計は3日間のみとなった。

 

ただ、通常の水曜発売で6日間集計だったとしても、前作を割れているのは確実で、人気ダウンが止まらない状態が伺える。

せいぜい5万枚がやっとといったところか。

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CD収録内容は統一なので、複数買い促進にはなっていない。

 

前作は「テイルズ」タイアップが付いていて、パッケージでも「テイルズ盤」が存在して、3種リリースだった。

それでゲームのファンも引っ張っていて高めに出ていたようで、今回それがなくなったのが数字ダウンの大きな要因なのは間違いない。

 

サウンドスキャンではDVD付だけランクインして、1.8万枚。

オリコンとの乖離はエイベックス系特有のmu-moショップ分が未集計のためと思われる。

 

~Today's Yasai Reccomend~
Jails (from「Quit or Quiet」) by WHITE ASH
Echo Boy (from「Voice」) by androp

« 「黒子のバスケ」キャラソンが4作同時TOP20入り! | トップページ | NEWS、15作連続首位も初動減…SHINeeは自己最低初動に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「黒子のバスケ」キャラソンが4作同時TOP20入り! | トップページ | NEWS、15作連続首位も初動減…SHINeeは自己最低初動に »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ