Twitter

  • 私服ツイート

« EXILEベストが首位獲得! YUIベストは2作同時TOP3入り! | トップページ | 三浦大知、真野恵里菜、まとめ買い促進で初動上昇! »

2013年9月24日 (火)

NEWS、15作連続首位も初動減…SHINeeは自己最低初動に

本日もチャートチェックを進めます。

 

前回記事で12/17付チャートを見終わったので、本日からは12/24付チャートに突入です。

まずはいつも通り、シングルチャートから見ていきます。

 

では、さっそく…

12/24付オリコンウィークリーシングルチャート、第1位はこの曲!

 

第1位 WORLD QUEST/ポコポンペコーリャ -NEWS

O0320031712293957135_2

NEWSの15枚目のシングルが初登場で1位を獲得。

これでデビュー曲から15作連続の通算15作目の首位獲得。

 

なお、今作の首位をもってアルバムを含めた連続首位は「20作」の大台に到達。

デビューから20作連続首位獲得は02年にKinKi Kidsが、2011年にKAT-TUNが達成して以来、史上3組目の快挙となる。

デビュー時から大量のファンを抱えているジャニーズグループ専用の記録のようになっている。

 

初動売上は13.1万枚

前作「チャンカパーナ」の初動24.5万枚からマイナス10万枚以上のダウン。

NEWSとしては自己最低初動となる。

 

4人体制となって2枚目のシングルとなったが、勢いを保つことはできず早くも大幅減。

前作は4人体制一発目ということで下記の商法も含めて、プロモーションにも力が入っていたが、実質のセールスパワーに戻ったといった感じだろう。

 

リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が1種、【CDのみ】が2種で計3種。

これに加え、特殊販路商品としてグッズ付のスペシャルBOXが存在し、合計4種リリース

一般流通の【CDのみ】は2種とも収録曲が異なっているため、全音源と映像を購入でコンプするためには3枚すべて買わなくてはならない、3種買い促進の複数買い促進商法

 

前作はBOXセット含めて6種リリースだったので、パッケージ数は減。

今回のBOXはグッズが付いているだけで、前作のように何枚もまとめたタイプではない。

なので、前作ではあった「BOX固め売り商法」は今回はなしで、これが最も初動に影響したと思われる。

 

4人体制になって固定ファンが減っているのは確実で、この先も何か施策を打っていかないと初動は逓減していく可能性が高い。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が4.5万枚、【CDのみ】がそれぞれ3.4万枚と2.2万枚で計10.1万枚

オリコンとの乖離は特殊販路BOXセットの売上だと思われる。

 

第2位 永遠プレッシャー -AKB48

Akb48eienpressuretypec

前週の1位から1ランクダウン。

2週連続のTOP3入り。

 

週間売上は5.6万枚

前週の初動107.3万枚から19分の1以下になる大暴落。

 

ただ、前作「UZA」は初動112.9万枚から2週目で4.5万枚まで急降下していて、割合にして25分の1にまでなっていたので、これでも今回のほうが粘りを見せている。

通常のシングルよりも、人気メンバーが限られる「じゃんけんシングル」のほうが粘りを見せるのは予想外だった。

 

累計は2週で113.0万枚を突破。

 

第3位 1000年、ずっとそばにいて… -SHINee

51cfd1v7nel__sl500_aa300_


韓国の5人組男性グループ、SHINeeの日本6枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで日本デビューから6作連続でのTOP3入りとなる。

 

初動売上は4.0万枚。前作「Dazzling Girl」の初動9.7万枚から半減以下になるダウン。

前作ではいきなり自己最高初動をマークしていたが、そこから一転して自己最低初動に。

※1st:初動9.1万枚→2nd:初動5.4万枚→3rd:初動5.0万枚→4th:初動4.9万枚→5th:初動9.7万枚

 

リリース形態はDVDの有無で2種リリース

CDの音源も統一(片方にインスト収録)で、複数買い促進にはなっていない。

 

前作は3種リリースで、なおかつイベント商法が組まれ、3種すべてに「全国購入者特典イベント招待券」が封入されていた。

今回はパッケージが1種減り、イベント商法もなくなったことで、一気に数字が暴落したものと思われる。

 

もともと前作でテコ入れして数字を持ち上げる前は、初動は逓減していたので、その流れに戻ったようなかたちである。

この初動のアップダウンから、固定ファンは2~3万しかおらず、前作はそのファンが大量購入していたことが露呈されたといえる

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.8万枚、【CDのみ】が0.9万枚で計3.7万枚。

特殊販路商品などはないため、オリコンとの乖離はほとんどなし。

 

第4位 Still -Lead

41urwysy3l__sl500_aa300__2


男性4人組グループ、Leadの20枚目のシングルが初登場で4位にランクイン。

これで3作連続、通算11作目のTOP10入り。

09年以降は毎年夏に1枚だけシングルをリリースしてきたが、2012年は12月にもリリース。

 

初動売上は3.0万枚。前作「Wanna Be With You」の初動2.3万枚から上昇。

前々作が初動1.6万枚だったので、2作連続で初動を0.7万枚ずつアップさせていることに。

ここにきて、セールスパワーを一気に伸ばしてきている。

 

リリース形態は【CD+DVD】が1種と【CDのみ】が4種で計5種リリース

【CDのみ】のうち3種はカップリングが異なっているので、音源と映像を購入でコンプするには絶対に4枚買わなくてはならない、複数買い促進商法

前作も5種だったが、全形態でカップリングが異なっていて5種買い促進だったので、今回は若干商法が弱くなっている。

 

また、前作同様にイベント商法も活発。

予約購入することで参加できる握手会があり、発売前にイニシャルを確保。

さらに、5種すべてに「イベント参加券」を封入しており、その枚数に応じて待遇が変わるリリースイベントを開催。

ちなみに、参加券5枚(CD5枚購入)でフォト撮影会に参加可能。

加えて、イベントとは別にこの参加券を使って、プレゼント応募施策もあり。

 

イベントの大まかな内容は前作と同じだが、数字は大きく伸びているので、イベントの詳細が前作よりもファンに大量買いを促すものだったと思われる。

 

サウンドスキャンでは【CDのみ】だけTOP20入りし、2.0万枚。

撮影会に参加するため、いちばん安価な【CDのみ】を大量買いしたファンが多かったのがよくわかる結果である。

 

~Today's Yasai Reccomend~
タイムマシンなんていらない (from「タイムマシンなんていらない」) by 前田敦子

« EXILEベストが首位獲得! YUIベストは2作同時TOP3入り! | トップページ | 三浦大知、真野恵里菜、まとめ買い促進で初動上昇! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EXILEベストが首位獲得! YUIベストは2作同時TOP3入り! | トップページ | 三浦大知、真野恵里菜、まとめ買い促進で初動上昇! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ