Twitter

  • 私服ツイート

« 11月新譜チェック~SKE48&乃木坂46登場! 秋のリリースラッシュ到来!~ | トップページ | 岩佐美咲が約40年ぶりの快挙! BABYMETALは初のTOP10入り! »

2013年11月 4日 (月)

山田涼介、10代男性ソロ32年ぶりのデビュー作首位!

本日もチャートチェックを進めます。

連休で少し時間があるので、更新ペースを上げていきます。

 

前々回の記事で1/14付ランキングを見終わりましたので、本日は1/21付ランキングに突入です。

まずはいつも通り、シングルランキングから見ていきます。

 

※ここ何回かはシングルランキングもひと記事で見てきましたが、1/21付は新譜が多いので2記事に分けてチェックです。

 

では、さっそく…

1/21付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲

 

第1位 ミステリー ヴァージン -山田涼介

S300_a34acc013789584909d1ac74c3ba81


Hey!Say!JUMPのメンバー、山田涼介のソロデビューシングルが初登場で首位を獲得。

 

10代男性ソロアーティストのシングル首位獲得は、1985年に 「にくまれそうなNEWフェイス」で吉川晃司(当時19歳9ヵ月)が記録して以来、約27年8ヵ月ぶり

なお、1stシングルとしては1980年に近藤真彦が「スニーカーぶる~す」で記録して以来となり、約32年1ヵ月ぶり史上2人目の快挙となった。

また、平成生まれの男性ソロアーティストがシングルで首位を獲得するのもこれが初となる。

 

初動売上は18.9万枚

Hey!Say!JUMPの直近シングル「SUPER DELICATE」が初動24.9万枚であり、その7割以上をひとりで売上げたことになる。

また、中山優馬、知念侑李とのグループ、NYCの初動は軽く超えてしまっている。

 

Hey!Say!JUMPのフロントメンバーなのは周知のことだが、思っていた以上にセールスパワーが高い。

ただ、今回ここまで高い初動となったのは商法の影響も色濃い。

 

リリース形態は一般流通が【CD+DVD】が2種、【CDのみ】が1種で計3種。

これに特殊販路での【日テレHP限定盤」が1種存在し、合計4種リリースとなっている。

 

4形態すべてでCDの収録内容が異なっているため、4種買い促進の複数買い促進商法

Hey!Say!の直近作は一般流通で3種だったので、それよりもパッケージが多いことになる。

 

また、プレゼント施策も用意されており、一般流通3種を購入することで全員に「携帯待ち受け」を配布。

応募特典としては、5,000人に「シール」、5人に「オリジナル・ブルゾン」をプレゼントとなっている。

 

それとは別に【日テレ限定盤】を購入することで「着ボイス」(全3種)もプレゼントされた。

ファンにとっては音源と映像以外にも色々用意されているので、4枚以上買っているファンも多くいると思われる。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】の2種が6.4万枚と5.6万枚、【CDのみ】が4.9万枚で計16.9万枚。

見事なまでに売上が3種に分散されており、ほとんどのファンが3種セットで買っていることがよくわかる結果になっている。

なお、【日テレ限定盤】は最大でも2万枚程度しか売れていない様子。

 

第2位 Deeper Deeper/Nothing Helps -ONE OK ROCK

One_ok_rock_deepernothing300x296


4人組ロックバンド、ONE OK ROCKの8枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。

前作で記録した5位を上回り、シングルでは初のTOP3入りとなる。

なお、これで5作連続のTOP10入り。

 

初動売上は4.4万枚。前作「The Beginning」の初動4.4万枚と同水準。

四捨五入しないと今作が初動43,812枚で、前作が43,752枚だったので、これで4作連続初動上昇となった。

ただ、前作までは出す度にガンガン数字が伸びていたので、ここでいったん頭打ちといった感じか。

 

リリース形態は魂のCD1種リリース

アイドルではなくてもDVD有無での2種リリースが主流のこのご時世に、完全にCDだけで勝負というのはかなり稀。

小細工なしとはまさにこのことである。

 

これだと複数買いが起きようがないので、初動の数字がそのままCDを購入するレベルの固定ファンの数と捉えてよさそう。

次回以降、複数商法を使えばさらに数字が一気に跳ね上がるものと思われる。

 

サウンドスキャンでは4.3万枚で4位。

特殊販路商品やイベントは皆無のため、オリコンとほぼ同じ数字となっている。

 

第3位 REASON -ゆず

51rde09thnl__sl500_aa300_


ゆずの37枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。

これで36作連続のTOP10入りとなる。

 

初動売上は4.2万枚。前作「また明日」の初動3.3万枚から上昇。

今回はアニメ「HUNTER×HUNTER」タイアップとなっており、地上波でも劇場盤でも起用。

そのアニメタイアップ効果で、商法が普段と異なっている。

 

今作のリリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【アニメ盤(CD+DVD)】で計3種リリース

【アニメ盤(CD+DVD)】は少し特殊でCDにはゆずではなく、アニメで声優を務める潘めぐみ、伊瀬茉莉也、平野綾の3人が歌唱する楽曲が収録されている(楽曲はゆず提供)。

DVDもその3人のドキュメンタリー映像などになっているので、ゆずファンはなく、声優およびアニメファン向けの内容になっている。

 

そのため、ゆず史上初の複数買い促進商法ながら、購入層は完全に分かれていると思われ、ゆずファンの購入枚数はそれほど伸びていないと思われる。

 

サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.1万枚、【アニメ盤】が0.7万枚で計3.8万枚

前作のサウンドスキャン売上が3.2万枚だったので、【アニメ盤】を除くと前作とほとんど変わらない結果に。

あくまでゆずファン購入分はいつも通りで、そこにアニメおよび声優ファンの【アニメ盤】購入分がトンと乗った感じだと思われる。

 

第4位 BUNBUN NINE9' -Cheeky Parade

41830_5


エイベックス所属の女性アイドルグループ、Cheeky Paradeのメジャーデビューシングルが初登場で4位にランクイン。

同じくエイベックス初のアイドルグループ、SUPER☆GiRLSの妹分にあたる。

 

初動売上は2.2万枚

インディーズでリリースされた前作「Cheeky dreamer」の初動は販路限定ということもあり、わずか230枚だったので、そこから大幅上昇。

メジャーデビューシングルでいきなり初動は2万を超え、TOP5入りまで達成している。

 

リリース形態は一般流通で【CD+DVD】、【CDのみ】の2種。

特殊販路で【ローソン・HMV限定盤】、【イベント会場・mu-moショップ限定盤】が2種あり、合計4種リリース

 

【CDのみ】と【ローソン・HMV盤】には異なる音源が収録されているため、音源と映像を購入でコンプするには3形態買わなくてはならない、複数買い促進商法

 

アイドルということでやはりイベント商法が活発で、【イベント~盤】以外の3種には「握手会イベント参加券」を封入。

発売週には立て続けにリリース記念イベントが開催された様子。

 

また、【CD+DVD】、【CDのみ】、【イベント~盤】の3種はECサイト上でセット販売もされており、「BOX固め売り商法」が展開されている。

これを購入することで「2ショット撮影会」に参加可能なので、多くのファンが手を出していると思われる。

また、このセットは1つ売れるたびにオリコン上は3枚カウントされているはず。

 

一部の固定ファンに強烈に複数買いを促しての初動2万オーバーではあるが、今後TOP10の常連になるのは間違いといったところ。 

 

サウンドスキャンでは1種としてTOP20にランクインできず。

3種セットなど販路限定商品がことごとく集計外になっている為だろう。

 

~Today's Yasai Reccomend~
ジュブナイル (from『ねえママ あなたの言うとおり』) by amazarashi
Løve Rainbow (from『Beautiful World』) by 嵐

« 11月新譜チェック~SKE48&乃木坂46登場! 秋のリリースラッシュ到来!~ | トップページ | 岩佐美咲が約40年ぶりの快挙! BABYMETALは初のTOP10入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月新譜チェック~SKE48&乃木坂46登場! 秋のリリースラッシュ到来!~ | トップページ | 岩佐美咲が約40年ぶりの快挙! BABYMETALは初のTOP10入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ