Twitter

  • 私服ツイート

« GLAYが13年半ぶりの快挙! ワン・ダイレクションは2作同時TOP10入り! | トップページ | 12月新譜チェック~AKB48、2013年ラストシングル! 浜崎あゆみが久々登場!~ »

2013年12月 3日 (火)

SKE48、2作連続の初動50万超え! きゃりーはSG初のTOP3入り!

とうとう、2013年も12月になりました。

泣いても笑っても、残り1か月。

今年は更新ペースがなかなか上げられず悔しい思いもしましたが、ラスト1か月、精一杯走り抜けます。

 

では、本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で2/4付オリコンランキングを見終わりましたので、本日からは2/11付ランキングに突入です。

 
まずはいつも通り、シングルランキングからチェックしていきます。
 
 
では、さっそく…
 
2/4付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲!
 
 
第1位 チョコの奴隷 -SKE48
 
81jeua3dil_aa1417__2
 
名古屋の栄を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ、SKE48の11枚目のシングルが初登場で1位を獲得。
 
SKE48のシングル首位獲得は、2011年の「バンザイVenus」から7作連続で通算7作目
 
女性グループとしては、これまで6作連続で並んでいた「おニャン子クラブ」を上回り、AKB48(16作連続)、ピンク・レディー(9作連続)に続く、オリコン歴代単独3位となった。
 
 
初動売上は53.9万枚。前作「キスだって左利き」の初動51.1万枚から上昇。
 
前作に続き、2作連続で自己最高初動を更新。
 
 
なお、女性アーティスト・アイドルによる2作連続初動50万枚突破は、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、AKB48に次いで、史上4組目
 
女性グループとしてはAKB48に続いて、2組目の快挙である。
 
 
前々作で一度下げたので、とうとう頭打ちになったのかと思いきや、またセールスパワーをじわりと伸ばしている様子。
 
今作からAKB48の北原里英が兼務で参加しており、多少効果があったか。
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が3種と劇場盤【CDのみ】が1種。
ただし、一般流通の【CD+DVD】は収録内容こそ同じだが、それぞれジャケ写が異なる初回盤と通常盤があるため、3×2で計6種。
よって、合計7種リリース。前作と同じ。
 
 
一般流通の3種パターンは、CDの内容もDVDの内容もすべて異なっている複数買い促進商法
劇場盤にはメドレー音源が追加収録されているが、新音源の収録はなしで、これは前作までと同じ。
 
 
イベント商法ももちろん活発で、初回盤3形態に「全国握手会イベント参加券」、劇場盤には「個別握手会参加券」を封入。
 
大量買いが横行しているのは、いまさら細かく言及する必要もないだろう。
 
 
サウンドスキャンでは「全国握手会参加券」が封入されている初回盤3形態が6.5万枚、6.1万枚、5.6万枚で計18.2万枚
 
オリコンとの乖離は恒例ながらかなり大きく、劇場盤とECサイトでの販売分がすべてサウンドスキャン集計外になっているためと思われる。
 
 
第2位 ANIMAL -GENERATIONS from EXILE TRIBE
 
Generationsfromexiletribeanimal
 
LDHに所属する男性7人組グループ、GENERATIONS from EXILE TRIBEの2枚目のシングルが初登場で2位にランクイン。
 
デビュー作だった前作に続き、2作連続のTOP3入り。
 
 
初動売上は7.2万枚。前作「BRAVE IT OUT」の初動7.2万枚とほぼ同じ。
 
前作から2ヵ月しか経っていないこともあり、数字はほとんど変わらず。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種。
 
mu-moショップなどのECサイトでは【ワンコイン盤】が存在、合計3種リリース
 
 
CDの収録曲違いはないが、ECでは「3枚をまとめたセット」が存在し、「スペシャルライブチケット」が付属。
 
このチケット目当てで3枚セットを買ったファンが多くいると思われる。
 
パッケージ上ではなく、イベント商法で3種買い促進の複数買い促進商法
 
また、これとはまた別に発売週には各地で毎日のようにリリースイベントを敢行。
 
会場での即売もあり、売上に貢献していると思われる。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】だけが1.4万枚でランクイン。
 
オリコンとの乖離はおよそ6万枚もあり、先述の3枚セットやmu-moショップなどでの販売分がすべて集計外になっているためだろう。
 
ちなみに、前作のサウンドスキャン売上は1.8万枚だったので、こちらはダウンしていることになる。 
 
 
 
第3位 キミに100パーセント/ふりそでーしょん -きゃりーぱみゅぱみゅ
 
41dtson13sl_sl500_aa300_
 
きゃりーぱみゅぱみゅの4枚目のシングルが初登場で3位にランクイン。
 
これで4作連続のTOP10入り。
 
なお、3位はシングルの自己最高位となる。
 
 
初動売上は2.1万枚。前作「ファッションモンスター」の初動2.2万枚から微減。
 
今回はアニメ『クレヨンしんちゃん』主題歌で、かつ自身初の両A面シングルだったが、数字は伸びず。
 
 
年末年始に紅白など大量にメディア露出をこなしていたが、いまいちパッケージのセールスパワーアップには繋がらなかった様子。
 
 
リリース形態は【CD+フォトブック】、【CDのみ】、【CDのみ(しんちゃんVer.)】で計3種リリース
 
CDの内容は3形態すべて同じ。複数買い促進にはなっていない。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+フォトブック】が1.0万枚、【CDのみ】が0.5万枚で計1.5万枚
 
【しんちゃんVer.】はランク外となっており、タイアップ効果はほとんどなかったことがわかる。
 
 
 
第4位 BLOODY STREAM -Coda
 
Bloodystreamcoda300x263
 
Codaが歌うアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』主題歌が初登場で4位にランクイン。
 
『ジョジョ』関連作のTOP10入りはこれが初となる。
 
 
初動売上は2.1万枚
 
Codaの正体は明確には発表されておらず、アニメタイアップ効果だけでここまで上がってきたことに。
 
なお、CDとしてリリース前にiTunesチャートでは1位も獲得しており、その勢いがCDにも繋がったかたち。
 
『ジョジョ』タイアップ効果はかなり高い様子。
 
 
リリース形態はCD1種リリース
 
1種なので複数買いは起きないと考えると、純粋に2万くらいの人が手に取ったことに。
 
 
ここ最近は初動で4~5万出していても、実質の購入者はその半分以下であるケースも多いので、今作の結果は結構驚異的である。
 
 
サウンドスキャンでは2.2万枚で4位にランクイン。
 
イベントも特殊販路商品もないので、オリコンとほぼ同じ数字になっている。
 
 
 
第5位 CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ! -LinQ
 
20130324_f81519
 
福岡県福岡市を拠点に活動する女性アイドルグループ、LinQ(リンク)の5枚目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP10入りで、5位は自己最高位となる。
 
 
初動売上は1.7万枚
 
前作「シアワセのエナジー/祭りの夜~君を好きになった日~」の初動1.3万枚から上昇。
 
自己最高初動を更新。
 
 
前作までと変わらず、インディーズでのリリースとなっているが、もうすぐ2万というラインまで数字を伸ばしてきている。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】で計2種リリース
 
【CDのみ】には楽曲を1曲追加しており、2種買い促進の複数買い促進商法だが、ここだけ見ると他のアイドルに比べて、生ぬるい。
 
 
ただ、イベントは発売前の予約取りからはじまって、かなりの回数をこなした様子。
 
 
サウンドスキャンでは、【CDのみ】のみがランクインして2.2万枚。
 
通常、アイドルの場合、イベントや特殊販路商品の影響で、オリコンの数字を下回ることが多いが、今作はオリコンの数字を大きく上回っている。
 
これはいったい…。オリコン集計外でサウンドスキャンのみ集計の店舗が存在するということだろうか。
 
ローカルアイドルなので、地方の店舗にそういった街頭店があるということなのだろうか。
 
 
第6位 氷の花 -ゴスペラーズ
 
517vo8lwpl_sl500_aa300__2
ゴスペラーズの43枚目のシングルが初登場で6位にランクイン。
 
これで4作連続、通算24作目のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は1.1万枚。前作「STEP!」の初動1.1万枚と同水準。
 
これでなんと4作連続の初動1.1万枚
 
相変わらず、とんでもない安定感を見せている。
 
完全なる閉鎖的な状況だが、現在残っているファンはかなり強固な様子。
 
 
リリース形態はDVDの有無で2種リリース
 
CDの内容は同じなので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が1.0万枚でランクイン。複数買いはほぼゼロ。
 
 
以下、ピックアップ。
 
第8位 ヨロピク ピクヨロ! -バクステ外神田一丁目
 
4112101811
 
つんく♂と志倉千代丸がプロデュースする、アイドル育成型エンターテイメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」発のアイドルグループ、バクステ外神田一丁目の2作目のシングルが初登場で8位にランクイン。
 
なお、「ばくすて そとかんだ いっちょめ」と読む。
 
これが初のTOP10入りで、もちろん8位は自己最高位。
 
 
初動売上は0.9万枚。前作「プロデュース」の初動0.5万枚から大きく上昇。
 
客はお店に来店するたびに、肩書きがあがり、キャストの選抜などに大きく影響を与えられるという、「プロデュースシステム」を導入。
 
(参考公式HP: http://backst.jp/system/
 
昼のキャバクラ感が凄いシステムだが、じわりとファンを増やしている様子。
 
リリース形態は一般流通が【CD+DVD】、【CDのみ】で2種、特殊販路で【バクステ店舗盤】が1種あって、計3種リリース
 
CDの内容は統一なので、音源・映像では複数買い促進にはなっていない。
 
ただ、発売週には連日イベントを開催していたようで、デイリーでは大きく上がったり下がったりを繰り返していた。
 
サウンドスキャンでは【CDのみ】が0.3万枚でランクイン。
 
イベント会場での売上が大きいようで、オリコンとはかなり乖離がある。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Missing (from「Missing」) by androp
制服のマネキン (from「制服のマネキン」) by 乃木坂46

« GLAYが13年半ぶりの快挙! ワン・ダイレクションは2作同時TOP10入り! | トップページ | 12月新譜チェック~AKB48、2013年ラストシングル! 浜崎あゆみが久々登場!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GLAYが13年半ぶりの快挙! ワン・ダイレクションは2作同時TOP10入り! | トップページ | 12月新譜チェック~AKB48、2013年ラストシングル! 浜崎あゆみが久々登場!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ