Twitter

  • 私服ツイート

« キスマイ、自己最高初動で首位! 女性アイドルが大量ランクイン! | トップページ | さよなら2013年 »

2013年12月31日 (火)

2PM、日本初の週間首位獲得!

ついにやってきました。

2013年ラスト・デイ。

 

とりあえずはいつも通りのチャートチェックを進めます。

前回記事で2/25付シングルランキングを見終わったので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 

では、さっそく…

 

2/25付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!

 

第1位 LEGEND OF 2PM -2PM

51uhbq68b1l__sl500_aa300_


2PMの日本2作目のオリジナルアルバムが初登場で1位を獲得。

韓国アーティストによるアルバム首位獲得は、2012年9月にCNBLUEが記録して以来、約5ヵ月ぶり。

2PMとしては2011年5月の日本デビュー以来、これが初の週間首位獲得となる。

 

これまでシングル「Beautiful」と「マスカレード~Masquerade~」で記録した2位、アルバムは1stアルバム『REPUBLIC OF 2PM』の4位が最高位だった。

売上は他の韓国勢から頭ひとつ抜けた数字を出してきていたが、実は1位は獲得できていなかった。

 

初動売上は5.1万枚。前作『REPUBLIC OF 2PM』の初動5.0万枚から微増。

アルバムの初動としては自己最高初動をわずかに更新したことになる。

 

ただ、シングルの売上規模と比べれるとかなり小さい。

先行でリリースされているシングルはいずれも初動10万超えを達成していたので、アルバムになって数字は半減以下になったことに。

 

※先行シングル初動売上
マスカレード~Masquerade~:初動13.0万枚
GIVE ME LOVE:初動13.8万枚
Winter Games:初動10.9万枚

 

アイドル恒例の「シングル>アルバム」現象が派手に発動してしまっている。

シングルから単価がぐっと上がることで、ファンが大量買いをできなくなるのが要因なのは言うまでもない。

 

リリース形態は【CD+DVD】、【2CD】、【CDのみ】で計3種リリース

【CDのみ】にだけ収録の音源があるので、全音源と全映像を購入でコンプするためには3種すべて買わなくてはならない、複数買い促進商法

 

シングルもパッケージ数は同じだが、シングルはハイタッチ会などイベントに毎回力が入っている。

今回に関しては、3種統一でプレミアムイベント招待とプレゼントのシリアルナンバーを封入。

当選を目指して複数買いをしたファンもいたと思われるが、直接2PMに触れられるイベントに比べると、引きはかなり弱いと思われる。

逆に、イベントでの大量購入を封じられてのこの数字のほうがリアルなセールスパワーなのだろう。

 

サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が2.2万枚、【2CD】が1.9万枚で計4.1万枚

売上がキレイに二分されており、ほとんどのファンが2枚以上セットで購入していることがわかる。

また、実質の固定ファンは2万弱と推測できる。 

だとすると、2万弱のファンでシングルは10万超えしているのだから、1人あたりの平均購入枚数は恐ろしいことになっているのだろう。

 

第2位 LOVE again -浜崎あゆみ

31e9wzydpl_2

前週の1位から1ランクダウン。

2週連続のTOP3入り。

 

週間売上は1.6万枚

前週の初動5.3万枚からダウン。

 

累計は6.9万枚を突破したものの、まだ前回のオリジナルアルバムの初動にも及ばない厳しい状態となっている。

 

第3位 DEEP BEST -DEEP

31wuzwi8o3l__sl500_aa300_

EXILEと同じ事務所に所属する4人組コーラスグループ、DEEPの初のベストアルバムが初登場で3位にランクイン。

これで3作連続のTOP10入りで、アルバムのTOP3入りはこれが初となる。

 

初動売上は1.5万枚

オリジナルアルバムだった前作『YOUR STORY』の初動1.4万枚とほぼ同水準。

前々作も初動1.4万枚だったので、3作連続で初動はほぼ横ばいになっている。

 

安定しているという見方もあるが、ベストでもまったく伸びがないので、ライト層にはまったく訴求できておらず、ファンに見放されればすぐに数字に直結する危ない状態でもある。

 

リリース形態は【CD+2DVD】、【CD+DVD】、【CDのみ】で計3種リリース

CDの内容はすべて統一で、DVDも上位互換なので、複数買い促進にはなっていない。

 

サウンドスキャンでは、【CD+2DVD】が0.9万枚でランクイン。

オリコンとの乖離はそれほど大きくなく、エイベックス系ではあるが、mu-moショップでの売上はそれほど高くない様子。

 

以下、ピックアップ。

 

第6位 バンドBのベスト -Base Ball Bear

511fmudyxl__sl500_aa300_

4人組ロックバンド、Base Ball Bearの2作目のベストアルバムが初登場で6位にランクイン。

アルバムのTOP10入りは4作連続となる。

 

初動売上は1.1万枚

ミニアルバムだった前作『初恋』の初動1.0万枚から微増。

前々作のフルアルバムが初動1.2万枚だったので、それを下回っており、「ベストでダウン」現象を発動してしまっている。

 

フルアルバムでもミニアルバムでもベストでも数字がほとんど動いておらず、かなり閉鎖的な状況のようで、上のDEEP同様、ライト層にはほとんど刺さっていないものと思われる。

 

リリース形態は初回生産分はありながら、CD1種リリース

同発のシングルとの同時購入特典はあるが、今作を複数枚買わせるような施策はなし。

よって、複数買いは発生していないと思われ、初動の数字がそのまま固定ファンの数と捉えてよさそうだ。

 

サウンドスキャンでは1.0万枚で3位にランクイン。

特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離はほぼなし。

 

~Today's Yasai Reccomend~
バレッタ (from「バレッタ」) by 乃木坂46

« キスマイ、自己最高初動で首位! 女性アイドルが大量ランクイン! | トップページ | さよなら2013年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キスマイ、自己最高初動で首位! 女性アイドルが大量ランクイン! | トップページ | さよなら2013年 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ