Twitter

  • 私服ツイート

« ももクロが1位、2位独占! 女性グループ史上初の快挙! | トップページ | 4月新譜チェック~ジャニーズWESTがデビュー! 嵐は初動50万超えなるか!~ »

2014年4月13日 (日)

モー娘。が12年ぶりの2作連続首位! LinQは初のTOP3入り!

ご無沙汰しております。

4月は例年通り、火の車でございます。

 

やっと休日ということで、久々にチャートチェックを進めます。

前回記事で4/22付ランキングを見終わりましたので、本日からは4/29付ランキングに突入です。

 
まずはいつも通り、シングルランキングから見ていきます。
 
2記事に分けず、1記事で総ざらいしていきますので、少々長いですが、どうかお付き合いください。
 
 
 
では、さっそく…
 
4/22付オリコンウィークリーシングルランキング、第1位はこの曲!
 
 
第1位 ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない -モーニング娘。
 
51yzu6b9l_sl500_aa300_
 
モーニング娘。の53作目のシングルが初登場で首位を獲得。
 
これで2作連続の首位獲得となる。
 
なお、モーニング娘。が2作連続で首位を獲得するのは2001年以来、約12年ぶりとなった。
 
 
また、シングルの通算TOP10入りは今作で53作目となり、自身の持つ歴代1位記録である「シングルのTOP10獲得数記録」を更新。
 
同記録2位のSMAP(49作)との差を4作に広げた。
 
 
 
初動売上は9.4万枚。前作「Help me!!」の初動9.3万枚から微増。
 
3作前でAKB商法を導入し、一気に数字を10万台にあげ、それ以降は4作連続で10万付近をキープしている。
 
今回は10年以上グループに在籍した田中れいなの卒業シングルだったが、これによる数字上昇はあまり見られなかった。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】が3種と【CDのみ】が4種で計7種リリース
前作は8種だったので、パッケージ数は1種減。
 
 
【CD+DVD】と【CDのみ】の3種はカップリングが異なっており、全音源を購入でコンプするためには4枚買わなくてはならない、複数買い促進商法
 
 
イベント商法も変わらず活発で、ハロプロ恒例の「イベント抽選シリアルナンバーカード」封入はもちろん継続。
 
また、前作同様、通常盤を「キャラアニ.com」で購入することで「個別握手会参加券」が付与されるAKB商法をスタンバイ。
 
AKB勢と違い事前に握手するメンバーを決め打ちできないルールになっている。
 
 
さらには、「Sony Music Shop」限定で7種を1セットにしたBOXもリリースされており、これは1つ売り上げる度に、オリコンでは7枚売上カウントされていると思われる。
 
なお、このBOX購入でだけ「チェキ会」に参加可能となっているので、多くのファンが手を出しているはず。
 
 
徹底的なイベント商法で数字は高いラインをキープしているが、実質の固定ファンの数とは乖離しているのは間違いない。
 
 
サウンドスキャンでは【CDのみ】4種と【CD+DVD】2種がTOP20入りし、合計3.9万枚。
 
オリコンの半分以下になっているのは、「キャラアニ」や「Sony Music Shop」などECサイト分がごっそり抜けているためだろう。
 
 
 
第2位 reunion -ClariS
 
Reunionclaris
 
女性2人組ユニット、ClariSの7作目のシングルが初登場で2位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP10入り。
 
また、2位は自己最高位タイとなる。
 
 
初動売上は2.5万枚。前作「ルミナス」の初動3.9万枚から大きくダウン。
 
今作はアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」OPテーマ。
 
前作はアニメ映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語」主題歌で、単純にタイアップ効果の差が出た感じか。
 
改めて、「まどか☆マギカ」人気は凄かったのだとわかる。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【アニメ盤】で計3種リリース
 
【アニメ盤】にだけタイトル曲のTVサイズを収録しているので、2種買い促進の複数買い促進商法
 
 
サウンドスキャンでは【アニメ盤】が1.3万枚、【CD+DVD】が1.0万枚で計2.3万枚
 
【アニメ盤】の売上が高く、「俺妹」アニメ効果で売上を保っているのがわかる。
なお、特殊販路商品などはないので、オリコンとの乖離はほとんどなし。
 
 
 
第3位 チャイムが終われば -LinQ
 
Linq
 
福岡を拠点に活動する地方アイドルグループ、LinQのメジャー1stシングルが初登場で3位にランクイン。
 
これで3作連続のTOP10入りで、3位は自己最高位。
 
 
初動売上は2.0万枚。前作「CHIKU-TAKU/ゴーイング マイ ウェイ」の初動1.7万枚から上昇。
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種、【CD+フォトブック仕様】、【CDのみ】が2種で計5種
 
これに「キャラアニ」限定の劇場盤が1種あって、合計6種リリース
 
 
【CD+DVD】の2種でカップリングが異なり、【CD+フォトブック仕様】にだけリミックス音源を収録。
 
全音源と映像を購入でコンプするには絶対3枚買わなくてはならない、複数買い促進商法
 
 
さらに、ECサイト「WARNER MUSIC DIRECT」限定で5種をセットにしたBOXも用意されており、1つ売り上げるたびに5枚売上として計上されていると思われる。
 
1位のモー娘。でも登場した、この「BOX固め売り商法」が一気にアイドル勢に浸透してきている。
 
 
大所帯アイドル恒例のリリース記念イベントも発売週は毎日開催。
 
さらに、【劇場盤】にはイベント参加券が封入されており、これを求めて大量買いしたファンもいるはず。
 
 
イベント商法で数字が持ち上げられているのは間違いないが、今後も2万ラインをキープしていければチャート上位常連になれそうである。
 
 
サウンドスキャンでは【CDのみ(通常盤)】だけが0.8万枚でランクイン。
 
いちばん安価なタイプがイベント参加のために大量買いされたようで、残すオリコンとの乖離分はECサイトでの売上だと思われる。
 
 
 
以下、新譜中心にピックアップ。 
 
 
第5位 Fantastic future -田村ゆかり
 
Fantasticfuturelisani_tamura300x337
 
声優、田村ゆかりの23作目のシングルが初登場で5位にランクイン。
 
これで9作連続のTOP10入り。
 
 
初動売上は1.6万枚。前作「W:Wonder tale」の初動1.5万枚から微増。
 
アニメ「変態王子と笑わない猫。」OPテーマ。
 
前作はアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のEDテーマだったが、タイアップ効果はどっこいといった感じか。
 
 
リリース形態は今回も魂のCD1種リリース
 
 
サウンドスキャンでは1.5万枚
 
特殊販路商品もないし、イベントもないので、オリコンとほぼ同じ数字に。
 
なお、他のアーティストが複数パッケージに売上分散しているため、サウンドスキャンでは1位となっている。
 
 
第6位 恋する季節 -ナオト・インティライミ
 
300x300
 
ナオト・インティライミの11作目のシングルが初登場で6位にランクイン。
 
3作ぶりのTOP10入りで、6位は自己最高位更新となる。
 
 
初動売上は1.3万枚。前作「しあわせになるために」の初動0.9万枚から上昇。
 
キリンビール「氷結」CMソング。
 
ただ、売上上昇はタイアップ効果ではなさそうで。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】で計2種リリース
 
今回は発売週に大阪と川崎で「握手会」を開催しており、参加にはCDの購入が必要だった。 
 
アイドル勢のチャートアクションを見ていても、直接本人と触れ合えるイベントの効果は高いので初動上昇はこれによるものと思われる。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が1.0万枚でランクイン。
 
なお、配信(iTunesチャート)では連日1位をキープし、存在感を示していた。
 
パッケージよりも配信市場で圧倒的強さを見せる傾向は変わっていないようだ。 
 
 
 
第7位 偏愛の輪舞曲 -GRANRODEO
 
51b6ntu6rl_sl500_aa300_
 
男性声優、谷山紀章によるロックバンド、GRANRODEOの19作目のシングルが初登場で7位にランクイン。 
 
TOP10入りは2作ぶり、通算3作目となる。
 
 
初動売上は1.3万枚。前作「DARK SHAME」の初動0.9万枚から上昇。
 
前々作がアニメ「黒子のバスケ」タイアップで初動1.2万枚だったので、それよりも高く出ている。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
今作のリリース週の土日にはコンサートが開催されており、そこでの即売でCDを購入すると特典DVDがプレゼントされる施策が組まれていた様子。
 
 
今回の上昇に関しては、アニメ「カーニヴァル」OPテーマの効果よりも、コンサート会場での即売効果が大きいと思われる。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.8万枚でランクイン。
 
オリコンとの乖離がやや大きくなっており、上記のコンサートでの即売売上分が未計上になっている可能性が高い。
 
 
第8位 イカロス -GReeeeN
 
Upch80316m01dl
 
GReeeeNの20作目のシングルが初登場で8位にランクイン。
 
これで3作連続のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は0.9万枚。前作「桜color」の初動1.5万枚からダウン。
 
2作連続で初動1万半ばまで回復させていたが、再び初動1万割れに。
 
 
今作はカルピス「カルピスソーダ」CMソング。
 
前作はAOKI「スーツのAOKI」CMソングで、カップリングもヤマザキパン「ランチパック」CMソングでダブルタイアップ。
 
前々作はタイアップ効果があることで有名なJR東日本「JR SKI SKI」CMソング。
 
 
もともと強固な固定ファンは少ないタイプなので、近年あまり見ないが、タイアップの影響度合いで数字が上下している可能性はある。
 
いずれにせよ、今回は少し不調である。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
 
収録曲に違いはないので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が0.8万枚でランクイン。
 
そもそも覆面ユニットでイベント等はできないこともあり、オリコンとほぼ同じ数字になっている。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
グロテスク feat. 安室奈美恵 (from「グロテスク」) by 平井堅

« ももクロが1位、2位独占! 女性グループ史上初の快挙! | トップページ | 4月新譜チェック~ジャニーズWESTがデビュー! 嵐は初動50万超えなるか!~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ももクロが1位、2位独占! 女性グループ史上初の快挙! | トップページ | 4月新譜チェック~ジャニーズWESTがデビュー! 嵐は初動50万超えなるか!~ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ