Twitter

  • 私服ツイート

« miwaが2作ぶりのアルバム首位! ダフト・パンクは初のTOP10入り! | トップページ | 嵐、シングル30作連続の首位獲得! 2PMは3作連続の2位! »

2014年6月 8日 (日)

6月新譜チェック~ジャニーズ、LDH系…男性陣がチャートを牽引!~

雨が止みません。
 
 
6月に入った途端、きちんと梅雨になりましたね。
 
今年のお天道様はA型のようで。
 
 
さて、6月に入ったということで、本日は6月の「新譜チェック」をいたします。
 
皆さんがひとつでも気になる新譜を見つけるきっかけになったら幸いです。
 
 
 
太字はその週の1位獲得本命曲。赤文字は管理人の個人的な注目曲です。
いつもどおり、発表される全作品は確認不可なのでメジャーなアーティスト中心となります。
 
 
それでは、Let's check!
 
6/4
  • In Fact - KAT-TUN
  • BACK TO THE FUTURE - EXILE SHOKICHI
  • 陽だまりの道 - コブクロ
  • バタフライエフェクト - 私立恵比寿中学
  • NO MORE DREAM -Japanese Ver.- - 防弾少年団
  • Fighter/Gift - 中島美嘉×加藤ミリヤ
  • 愛はいつも君の中に/普通、アイドル10年やってらんないでしょ!? - Berryz工房
  • Do You Believe? - GEM
  • わんだふるワールド - 竹達彩奈
  • トコハナ - やなぎなぎ
  • 唯一人 - 爆弾ジョニー
  • T字路 - 小泉今日子 & 中井貴一
  • 最後の夏 - キマグレン
  • 高尾山 - 北島三郎
6/11
  • ONE-for the win- - NEWS
  • Sweat/Answer - 東方神起
  • 熱帯魚の涙 - Flower
  • シェキナベイベー - 内田裕也 feat.指原莉乃
  • 夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~ - w-inds.
  • Crazy Crazy/桜の森 - 星野源
  • きらきらキラー - きゃりーぱみゅぱみゅ 
  • RHYTHM OF THE SUN - ケツメイシ
  • NIPPON - 椎名林檎
  • 走る - 長渕剛
  • 天地ガエシ - NICO Touches the Walls
6/18
  • 7日目の決意 - UVERworld
  • Hot Sun - キム・ヒョンジュン
  • Sunshine/メガV - 遊助
  • ラムネ色 青春 - 765PRO ALLSTARS
  • The World is ours! - ナオト・インティライミ
  • ラッキーガール - Silent Siren
  • Adventure / Droshky! - [Alexandros]
  • にじいろ - 絢香
  • こんなに君をすきなのにどうして? - SHU-I
  • daze/days - じん
  • 瞬間Diamond - 横山ルリカ
  • Upside Down/Free Style - 久保田利伸
  • Half Moon feat.鈴木雅之 - 川畑要
  • 徒太陽 - i☆Ris
6/25
  • R.Y.U.S.E.I. - 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • LUCKY STAR - SHINee
  • うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング 美風藍 - 美風藍(蒼井翔太)
  • サイショの恋~モテたくて~/FLAME - DISH//
  • NICE AND SLOW/COME ON - THE BAWDIES
  • Super Magical Illusion - ストレイテナー
  • 頑張ったっていいんじゃない - 大原櫻子(from MUSH&Co.)
  • ピーナッツバター/泣き虫ハッチ - 石崎ひゅーい
  • TABOO - NIGHTMARE
  • Break the shell - KAMEN RIDER GIRLS
  • 恋する夏! - X21
ざっとこんなラインナップ。
 
ご覧のとおり、今月はリリース多め。
 
 
また、今月は総選挙も終わり、AKB48勢がひと休み。
 
2週目にfeaturingとして登場する指原莉乃以外はまったく名前が出てこない。
 
 
今月はジャニーズとEXILE一族の1位ゲットチャンス。
 
夏前に男の活躍が目立つひと月になりそうだ。
 
 
では、週ごとに簡単な見どころチェックです。
 
 
まず、1週目
 
1週目の1位筆頭はジャニーズのグループ、KAT-TUNの22作目のシングル。
 
KAT-TUNは2013年9月末に田中聖が脱退し、4人体制になっており、今作は4人体制になって初のシングルとなる。
 
 
1週目はすでに迎えており、今作は初日に前作を大きく上回る売上を記録し、快調な出足を見せ、金曜付までに前作初動を超えている。
 
最終的にどこまで伸びるのか注目である。
 
 
 
続いて、2週目には同じくジャニーズのNEWSが登場。
 
KAT-TUNより一足先に4人体制化しているNEWSだが、今作は2012年12月以来、約1年半ぶりのシングル。
 
前作の初動は13.1万枚だが、長いリリース間隔に負けず、同水準またはそれ以上を出せるだろうか。
 
 
また、同発には東方神起もスタンバイ。
 
東方神起の前作初動は10.7万枚
 
今作も初動10万超えとなるなら、NEWSと並んでこのご時世はなかなか見られない、1位2位の10万超えとなるかもしれない。
 
 
そして、今月唯一のAKB勢となる指原莉乃は、内田裕也メインの作品に参加するかたちに。
 
この異色コラボに指原ファンはどこまで食らいついていけるのだろうか。
 
総選挙の投票に大量の資金をつぎ込んだファンたちのサイフ事情に注目といったところか。 
 
 
次に、3週目
 
3週目には韓国の人気グループSS501のメンバー、キム・ヒョンジュンの久々のシングルがスタンバイ。
 
2012年12月にリリースされたアルバムの初動は7.2万枚。
 
なお、シングルでは初動10万枚以上を連続で記録していた。
 
シングルは約2年ぶりということで、現在のセールスパワーが計りにくいが、順当にいけば週間1位筆頭である。
 
 
ただ、もしこの2年での韓国人気の沈静化とともに、彼のセールスパワーも大幅に落ちているのなら、同発のUVERworldに1位のチャンスが巡ってくることもありえる。
 
UVERworldは今年3月にメンバーが1人増え、新たな体制での初のシングル。
 
前作初動は5.5万枚だが、前々作は6万台に乗せていた。
 
1位をゲットすると08年の「儚くも永久のカナシ」以来となるが、大金星はありえるのか注目である。
 
 
 
そして、最終週の4週目
 
6月最後の1位筆頭は、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの13作目のシングル。
 
前作の初動は11.0万枚だった。
 
同発のSHINeeが前作初動6.8万枚なので、余程のことがない限り、1位は堅いだろう。
 
 
また、4週目には「うたプリ」こと「うたの☆プリンスさまっ♪」のキャラソンもスタンバイ。
 
今回もまたチャート上位を盛り上げてくれると思われ、そのキャラソンとは思えない初動になるのか要注目である。
 
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
Lost (from『from shoegaze to nowhere』) by 音速ライン

« miwaが2作ぶりのアルバム首位! ダフト・パンクは初のTOP10入り! | トップページ | 嵐、シングル30作連続の首位獲得! 2PMは3作連続の2位! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« miwaが2作ぶりのアルバム首位! ダフト・パンクは初のTOP10入り! | トップページ | 嵐、シングル30作連続の首位獲得! 2PMは3作連続の2位! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ