Twitter

  • 私服ツイート

« 「うたプリ」関連作が6週連続TOP10入り! でんぱ組.incは大躍進! | トップページ | SMAPがデビューから50作連続のTOP10入り! オリコン史上初の快挙! »

2014年6月15日 (日)

じん(自然の敵P)、ニコ動系ソロアーティスト初の首位獲得!

Wカップ、日本敗れました。
 
昼からヤケ酒で、軽くお昼寝までかました日曜の夕方。
 
たまにはこんな休日もいいよと誰か言ってくれ。
 
 
それにしても、アセロラ鏡月おいしい。
 
 
 
さて、本日もチャートチェックを進めます。
 
前回記事で2013/6/10付シングルランキングを見終わりましたので、本日はアルバムランキングを見ていきます。
 
では、さっそく…
 
 
6/10付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 

第1位 メカクシティレコーズ -じん(自然の敵P)

106
 
「ニコニコ動画」発の音楽や小説等を手掛けるマルチクリエイター、じん(自然の敵P)の2作目のアルバムが初登場で首位を獲得。
 
じん(自然の敵P)にとって、これがシングル・アルバムを通じて自身初の首位獲得となる。
 
これまでアルバムは1stアルバム『メカクシティデイズ』で記録した6位、シングルは1stシングル「チルドレンレコード」で記録した3位が最高位だった。
 
 
ニコ動系アーティストの作品の首位は、2011年1月の『EXITTUNES PRESENTS Vocalonexus feat.初音ミク』が記録して以来、約2年4ヵ月ぶり
 
なお、ニコ動系アルバムの週間1位獲得は、これが史上3作目となる。
 
また、これまで首位を獲得した2作はいずれもコンピレーション盤であり、アーティスト単体(ソロ名義)のアルバムとしては、今回のじんが初の首位となった。
 
 
初動売上は7.6万枚
 
前作『メカクシティデイズ』の初動2.2万枚から3倍以上となる大幅上昇。
 
 
先行でリリースされていたシングル「チルドレンレコード」も週間3位(初動3.0万枚)を記録して、セールスパワーの高さを見せつけていたが、今作の初動はそのときとは比べられない規模になっている。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】と【CDのみ】で2種リリース
 
CDの内容は同一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
商法で持ち上げた数字でなく、7万超えというのは驚異的。
 
小説と漫画もパラレルにリリースされて人気を得ており、このCDというよりは、プロジェクトに多くのファンが付いているという感じだろう。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が7.7万枚、【CDのみ】が0.5万枚で計8.2万枚
 
オリコンの売上を超える珍しい現象になっている。
 
 
 
第2位 Nature Boy -チャン・グンソク
 
41royimjijl
 
チャン・グンソクの日本2作目のアルバムが初登場で2位にランクイン。
 
これで2作連続のTOP3入り。
 
 
初動売上は5.7万枚。前作『Just Crazy』の初動8.8万枚からダウン。
 
前作では海外男性ソロ初の1位など、記録も更新しての1位獲得になっていたが、そこからやや大きくダウン。
 
韓国人気も収束しているので、セールスパワーが落ちている様子。
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【ファンクラブ盤】で3種リリース
 
【CDのみ】にだけ収録の楽曲があるので、2種買い促進の複数買い促進商法
 
 
また、2種同時購入キャンペーンがあり、この面でも複数買いを促している。
 
パッケージ数、2種買いキャンペーン、基本的に前作と同じながら数字は下がっており、ファン離れも確実か。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が2.3万枚、【CDのみ】が1.3万枚で計3.6万枚。
 
【ファンクラブ盤】の売上が未集計になっているためか、オリコンとの乖離はやや大きめ。
 
 
 
第3位 演歌名曲コレクション18~しぐれの港~ -氷川きよし
 
277
 
氷川きよしの「名曲コレクションシリーズ」(オリジナル曲+名曲カバー)、18作目が初登場で3位にランクイン。
 
前作が6位だったので、TOP3入りは2作ぶりとなる。
 
 
なお、アルバムTOP10入りはこれで通算21作目。
 
自身の持つ演歌・歌謡歴代1位記録である「アルバムTOP10獲得作品数記録」を今回も更新した。
 
 
初動売上は2.6万枚。前作『演歌名曲コレクション17~最後と決めた女だから~』の初動2.9万枚からダウン。
 
順位的には復調したように見えるが、数字は下がっており、前々作の初動4.0万枚、その前の初動3.2万枚には遠く及ばない成績になっている。
 
 
なお、先行でリリースされたシングルの「最後と決めた女だから」は初動5.7万枚出ていたので、今回もアイドル同様に「シングル>アルバム」現象を発動してしまっている。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】で2種リリース
CDの収録内容は統一で、ジャケットやブックレットは2種で異なる。
 
音源と映像だけなら上位互換だが、一部の熱狂的ファンは2枚とも買っているといった感じか。
 
商法は前作までと同じなので、ファン離れが進んでいる、もしくはアルバムを2枚セットで買うような濃いファンが減っている可能性も。
 
この人の場合、コンサートに合わせて即売で一気に数字を伸ばすので、初動というより累計を見ないとわからないが、下げ幅が大きいのでコンサートの有無の影響とは言えない気がする。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が1.7万枚、【CDのみ】が0.7万枚で計2.4万枚
 
オリコンとの乖離はほとんどなし。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
NIPPON (from「NIPPON」) by 椎名林檎

« 「うたプリ」関連作が6週連続TOP10入り! でんぱ組.incは大躍進! | トップページ | SMAPがデビューから50作連続のTOP10入り! オリコン史上初の快挙! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「うたプリ」関連作が6週連続TOP10入り! でんぱ組.incは大躍進! | トップページ | SMAPがデビューから50作連続のTOP10入り! オリコン史上初の快挙! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ