Twitter

  • 私服ツイート

« JUJUが約2年ぶりのTOP10入り! 長身グループ、SOLIDEMOは初のTOP10入り! | トップページ | HKT48が女性アーティスト史上初の記録達成! 風男塾は初のTOP3入り! »

2014年10月21日 (火)

竹内まりやが史上最年長で2週連続首位達成!

本日もチャートチェックを進めます。

前回記事で9/29付オリコンシングルランキングを見終わりましたので、本日はアルバムランキングを見ていきます。

 
前週のアルバムTOP3は、
 
第1位 TRAD -竹内まりや
第2位 2014 S/S -Japan Collection- -WINNER
第3位 infinite synthesis 2 -fripSide  
 
でした。
 
 
2週連続で上位に残る作品はあるのでしょうか。
 
 
 
では、さっそく…
 
 
2014/9/29付オリコンウィークリーアルバムランキング、第1位はこの作品!
 
 
第1位 TRAD -竹内まりや
 
Img_release_trad
 
2週連続1位!!
 
「59歳6ヵ月」での2週連続首位は、オリコン史上最年長記録
 
 
また、女性ソロアーティストのオリジナルアルバムによる2週連続首位は、2012年7月に安室奈美恵が『Uncontrolled』で3週連続首位を記録して以来で、約2年2ヵ月ぶり
 
なお、竹内まりやは前回のオリジナルアルバム『Denim』でもの2週連続首位を記録しており、2作連続での記録達成となった。
 
 
週間売上は4.9万枚
 
前週の初動11.9万枚からダウンしているが、かなりの粘りを見せている。
 
 
累計は2週で16.7万枚を突破。
 
ただ、まだ前オリジナルアルバムの初動22.1万枚には遠く及ばない。
 
そもそも竹内まりや云々ではなく、「CD」というものに需要がなくなっているので仕方がない。
 
 
サウンドスキャンでは【CD+DVD】が3.2万枚で2位、【CDのみ】が1.1万枚で7位にランクインして計4.3万枚
 
サウンドスキャンでは、オリコンでは勝利したYUKIに敗れて、2位止まりとなっている。
 
なお、アイドルのような商法は使っていないので、オリコンとの乖離は小さい。
 
 
 
第2位 FLY -YUKI
 
News_xlarge_flytsuujyo
 
YUKIの7作目のオリジナルアルバムが初登場で2位にランクイン。
 
これでオリジナルアルバムは5作連続のTOP3入り
 
ただ、前作までは4作連続で首位を獲得していたので、オリジナルアルバムの連続首位記録はここでストップとなった。
 
 
 
初動売上は4.5万枚
 
前作はカップリングベスト『BETWEEN THE TEN』で初動は2.0万枚だった。
 
そこからは上昇。
 
 
ただ、オリジナルアルバムとしての前作『megaphonic』では初動7.6万枚出ていたので、そこからは大きくダウン。
 
オリジナルアルバムは前作から約3年ぶりで、かつ間にベストとカップリングベストを挟んだことで、ファン離れを助長してしまった様子。
 
ベストはファンに見切りをつけさせるきっかけになるということを再認識させられる結果になった。
 
 
 
リリース形態は【CD+DVD】、【CDのみ】、【LP】で3種リリース
 
音源は全種統一なので、1枚買えば事足りる仕様。
 
 
なお、先行シングルとの連動施策応募特典が組まれていたが、アイドルと同じようにはいかず、それほど数字にプラスをもたらした気配はない。
 
iTunesチャートでも配信されているし、そちらに流れたファンも多いと思われる。
 
 
サウンドスキャンでは、【CD+DVD】が3.4万枚、【CDのみ】が0.6万枚で計4.0万枚。
 
オリコンとの乖離は小さめ。
 
 
 
第3位 WAVE -CNBLUE
 
48d09_1373_08f0c47315288d853999df9a
 
韓国の4人組ロックバンド、CNBLUEの日本3作目のオリジナルアルバムが初登場で3位にランクイン。
 
これで3作連続のTOP3入り。
 
 
初動売上は3.5万枚。前作『What turns you on』の初動4.3万枚からダウン。
 
前々作が初動4.5万枚だったので、2作連続初動ダウン。
 
 
リリース形態は一般流通で【CD+DVD】が2種と【CDのみ】が1種で3種。
 
また、これにファンクラブ限定商品として【BOICE限定盤(CD+DVD)】が1種あって、合計4種リリース
 
 
CDの内容は全種統一だが、DVDはすべて内容が異なるので、3種買い促進の複数買い促進商法
 
また、イベント施策で「3形態購入応募特典」が用意されており、応募特典は「サイン会」と「リハ見学会」で2つあり。
 
よって、両方に応募したいファンは6枚買わなくてはならないルールになっており、大量買い促進。
 
 
サウンドスキャンでは一般流通の【CD+DVD】が2種が1.3万枚と0.9万枚で計2.2万枚
 
オリコンとの乖離が大きいのはファンクラブ限定盤が未集計になっているためと思われる。
 
また、売上がみごとに割れているので、多くのファンが複数買いしていることが読み取れる。
 
 
 
第4位 THE PIER -くるり
 
News_thumb_quruli_thepier_jk
 
くるりの11作目のオリジナルアルバムが初登場で4位にランクイン。
 
これでオリジナルアルバム9作連続のTOP10入りとなる。
 
 
初動売上は2.0万枚。前作『坩堝の電圧』の初動2.8万枚からダウン。
 
前々作では初動3.4万枚出ていたので、一気に2万台ギリギリのところまで落ちてしまったことになる。 
 
前作との間には、メンバーの吉田省念が脱退しており、3人体制となって初のアルバムが今作。
 
2011年には一時期「5人体制」にまでなったのだが、離職率が高すぎて、もはやファンも追いついていけてない感あり。
 
※ちなみに、くるりの体制変遷はここを見るとよくわかる。 (http://matome.naver.jp/odai/2136914900978640701)
 
 
 
リリース形態は【CD+楽譜集】、【CDのみ】で2種リリース
 
前作でも前々作でもDVD付きのリリースがあったが、今回はなし。
 
数字が伸び悩んだ大きな要因だと思われる。
 
サウンドスキャンでは【CD+楽譜集】が1.3万枚、【CDのみ】が0.7万枚で計2.0万枚。
 
アイドル的な商法は一切ないので、オリコンとの乖離はなし。
 
 
~Today's Yasai Reccomend~
明日の記憶 (from『All the BEST! 1999-2009』) by 嵐

« JUJUが約2年ぶりのTOP10入り! 長身グループ、SOLIDEMOは初のTOP10入り! | トップページ | HKT48が女性アーティスト史上初の記録達成! 風男塾は初のTOP3入り! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JUJUが約2年ぶりのTOP10入り! 長身グループ、SOLIDEMOは初のTOP10入り! | トップページ | HKT48が女性アーティスト史上初の記録達成! 風男塾は初のTOP3入り! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-
無料ブログはココログ